いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

2015-06-26~27 秋田駒ヶ岳

【秋田駒ケ岳】 2015-06-26~27

6/26 アルパこまくさ==八合目--阿弥陀池--横岳--大焼砂--ムーミン谷--男岳--駒ケ岳避難小屋
6/27 駒ケ岳避難小屋--八合目==アルバこまくさ


今年も行っちまいました、秋田駒。
ここは昨年7月に初めて訪れて、想像以上の美しさに感激。
昨年は八幡平1日、秋田駒1日の駆け足廻りでしたが、次はあの池畔の小屋に泊まってゆっくりと回りたいと。
東北地方は梅雨入り前、まあ雨が降っても小屋に逃げ込めるし、緊急下山でもバス停までは1時間弱。
今回は都合でソロ。


那須から4時間30分で盛岡IC、そこから1時間でアルパこまくさ。
移動に半日、さすがに近くはないね。

福島は小雨、宮城・岩手は曇リ、秋田に入ると薄日さす天候。

こりゃいいかも。とアルパこまくさで田沢湖を見る後姿、いきなり。
P6262059.jpg

さあ、ここからは羽後交通のバスで。
P6262056.jpg

八合目、昼近いのでがらんとしてます。
P6262068.jpg
すでに山から下りてくる人も。
この時間から歩くのは軽装の数人と大きめザックのソロの方。泊まりかな。



旧道入口、鉱山跡地。
P6262071.jpg
新道は男女岳を巻くように続きます。

ハクサンチドリ
P6262069.jpg

エゾツツジ
P6262135.jpg

ミヤマハンショウヅル
DSC09266.jpg

イワベンケイ
DSC09262.jpg

コケモモ
DSC09260.jpg

コバイケイソウ
P6262092.jpg

ミヤマダイコンソウ
P6262089.jpg

ショウジョウバカマ
P6262088.jpg

マルバシモツケ
P6262085.jpg

ナナカマド
P6262079.jpg

オオバキスミレ
P6262074.jpg





片倉岳展望台、見晴らしが良いのですが少々曇ってきた感じ。
P6262078.jpg

阿弥陀池避難小屋、正式には駒ケ岳避難小屋。
P6262097.jpg
昼時なので小屋の周りではみなさんランチタイム。

宿泊は先客なし、2階に荷物を上げて昼食、軽くランチパックとコーヒーで。
P6262143.jpg
ランチ中にひとり到着。
アルパからのバスでご一緒だった大きめザックのソロの方でした。
軽くごあいさつ。荷物をほどき、ムーミン谷に向かうとか。
んで、明日は乳頭山を周り乳頭温泉へ下山とのお話。
同じです、自分と。

カッパと水とおやつをサブに詰めて歩いてきます。
チングルマも見たいけど、今日は先にコマクサとタカネスミレを先に押さえましょ。

横岳分岐。
DSC09256.jpg

馬の背を経て男岳方面。
DSC09257.jpg

横岳を経て大焼砂、こっからがいいんだね。
DSC09273.jpg

タカネスミレとコマクサ
DSC09269.jpg
DSC09274.jpg
DSC09281.jpg
DSC09283.jpg
DSC09287.jpg
DSC09295.jpg
DSC09301.jpg
DSC09282.jpg
タカネスミレは中盤過ぎ、コマクサは序盤。
昨年7月中旬はタカネスミレがおわっていたからなあ。
黄色とピンクが同時に見られて、満足。
けど、すごいねこの光景。

国見温泉方面への道を分け回り込むとこの斜面。
一面のコマクサ。
DSC09308.jpg

DSC09311.jpg


右下にはムーミン谷と駒池。
DSC09291.jpg

国見温泉方面への分岐。
DSC09306.jpg

来たぞ、ムーミン谷。
P6262099.jpg

P6262105.jpg

P6262103.jpg

P6262110.jpg

チングルマ、ヒナザクラ、ムシトリスミレ、オノエラン
DSC09315.jpg
DSC09323.jpg
DSC09366.jpg
DSC09327.jpg
DSC09335.jpg
DSC09336.jpg
DSC09337.jpg
DSC09340.jpg
DSC09350.jpg
DSC09359.jpg
DSC09361.jpg
DSC09364.jpg

なんて光景でしょ。
「馬場の小路」という名前がありますが、誰が言い出したか「ムーミン谷」って名がぴったり。
まあ誰も行ったこと、見たことは無いでしょが。


男岳の鞍部でなく金十郎尾根へ出て、男岳を回って戻ります。

三合目、中生保内口へ続く尾根。
ムーミン谷で一緒だった3人はこの尾根を下って行きました。
P6262111.jpg

ここからは男岳への急登が。
P6262116.jpg

ムーミン谷を違った角度から。
小岳のカルデラが良くわかります。
P6262118.jpg

シラネアオイ
DSC09352.jpg

ミヤマダイコンソウ
DSC09353.jpg

サンカヨウ
DSC09357.jpg

エゾツツジ
DSC09362.jpg

ヒナウスユキソウ
DSC09368.jpg

イワカガミ
P6262124.jpg


男岳 1623m
P6262130.jpg

阿弥陀池と避難小屋、右は横岳へと続く馬の背。
鞍部から下がる道はムーミン谷へと続くもの。これが一般的なルート。
P6262131.jpg

男岳から鞍部へ。
P6262136.jpg

ここの地形は複雑。
大きなカルデラの中にいくつもの隆起。
湿原、草原、沼、砂礫が組み合わさって。


小屋に戻り夕食準備を。
水場は小屋から木道を30mほど。
チョロ水だが溜まりもあり、柄杓もあり。
この柄杓、ステンレス製の重量感たっぷりのやつで「秋田駒」の刻印が。
P6262141.jpg

まずは燃料補給!
P62621470.jpg

ソーセージ、いか天は軽く焙って。海藻サラダはツナ入りで。
チーズとピーナッツ、ビールとハイボールと酒パックを2個と。
手間をかけずにおいしく頂けるメニューです。ってつまみ系だけだな。
P6262149.jpg

ひとりでやってるうちに同宿の3人が加わり、食べて飲んでと。
  大阪Aさん:先ほどのソロの方、翌日自分と同コースを予定。盛岡で泊まって早池峰も、とか。
  大阪Bさん:この方も大阪。Aさんと伊丹から秋田まで偶然にも一緒、ガスボンベ購入のため遅れて到着。
  盛岡さん:地元盛岡から。国見温泉からの往復。

偶然にも中年男性ソロが4人。で、目的は「お花見」。
山歩きしない人だったら「おっさん4人で花見かよ、キモッ!」で終わっちまうような。

初対面ですが、やることや考えてることは同じの属性でして、20時まで飲みながら話し込み。




夜半から風、窓を叩くような雨。
明るくなって窓から外を覗いたがまっ白状態。

P6272153.jpg

コーヒーとパンで朝食後、しばし様子見。
乳頭山を経て乳頭温泉へ下るつもりでしたが、風は強くしかも稜線、かつ初めてのコース。
止めときましょ。
八合目までの下りなら1時間かからず。バスでアルパまで下って、先はまた考えるとして。

大阪Aさんも同様に下山。

大阪Bさんは小屋で停滞、鶴の湯宿泊の予約を取ってるんでそれに合わせるとか。

盛岡さんは風の影響の少ないムーミン谷経由で国見温泉まで。




外に出るが、すごい風。
P6272156.jpg
木道歩き中、突風でふらつきチングルマ畑に仰向け転倒、そんなすごい風でした。

P6272161.jpg

8時20分、八合目着。
50分のバスでアルパこまくさ。
大阪Aさんはバス乗り換えで乳頭温泉へ。

このまま帰るのはもったいないし、乳頭温泉は鶴の湯へクルマを走らせます。

途中、バス停から歩き中の大阪Aさんを乗せて鶴の湯へ。
P6272176.jpg

P6272174.jpg
男二人、雨の中の露天風呂から内湯2箇所をハシゴ。

大阪Aさんを田沢湖駅まで送り、秋田駒花の旅は終了。

いい時期の花たちを見られたし、避難小屋ライフも充実、締めは鶴の湯と、目的ほぼ達成。
ここは病みつきになりますね、ほんと。







にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

フジノさん;

こんばんは、コメントいただきありがとうございます。

あの日は下って良かったですよ、すごい風で! 
そんな中、八合目からマイクロバス1台分が登って行きました。もなさんとは鶴の湯と田沢湖駅までご一緒でした。
乳頭山~鶴の湯は次の機会に取っておきます、楽しみに。

こんなブログですが今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2015/07/08(水) 22:22:58 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

秋田駒ケ岳の避難小屋で一緒だった大阪のフジノです。

あのあと、避難小屋で1日ひとりで過ごすと思っていましたが、悪天候のなか日帰りで30人ぐらい来られたのでびっくりしました。

翌日、乳頭山経由で黒湯温泉に降りるルートをとりましたが、乳頭山の直前で左に崖を見なながら登る箇所があり、前日移動していたら突風で遭難するところでした。

避難小屋を5時30分ぐらいに出発し、途中野湯「たっこの湯」に入り、鶴の湯にお昼過ぎに着きました。
その時間は日帰り入浴客が多く、登山の格好をしてチェックインしたのは私だけだったので目立っていました。

これからもブログを読ませていただいて、今後の登山の参考にしますので、よろしくお願いします。

もなさん;

どーもです。
こちらこそ楽しいいひと時をありがとうございました。また男4人で素敵な夜を(笑
遠方からだったのに天候との相性がずれてしまったのが惜しかったです。
でも素敵なムーミン谷を見れて歩けて良かったなと思います。
私もまた行きますよ、乳頭山周りで。

リンク私も張らせてくださいませ。

  • 2015/07/07(火) 00:02:07 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

くにさん;

週末天候が崩れる前ぎりぎりに。
昨年は3週間後の秋田駒、その差を見れて良かったです。タカネスミレは完全終わりでしたからね。コマクサと一緒は凄いもんです。
小屋はね、泊まってみたくなりますよ。乳頭山へはまた行きますよ、絶対(笑

  • 2015/07/06(月) 23:53:15 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ありがとうございました。

こんばんは~。

先日は本当にお世話になりました。
あの雨の中、鶴の湯まで歩いていたと考えると・・・
入浴後も田沢湖駅までどうもありがとうございました!!!

二日目、残念なお天気でしたがなんとか一日目はムーミン谷を楽しめて良かったです。

3日目の早池峰も登りは暴風雨で・・・

必ずリベンジしたいです。
次は大白森まで行って乳頭温泉へと!

本当にありがとうございました!!!

PS・・・リンク貼らせていただいてもよろしいでしょうか?

  • 2015/07/05(日) 23:51:41 |
  • URL |
  • もな #t50BOgd.
  • [ 編集]

あらら~どこを取っても素晴らしい光景。
いいですね~!
タカネスミレの大群生、しかも大株ぞろいでこれはタマランです。
タカネスミレが終わってからコマクサだと
思っていたのですが、
この時期なら両方なんですね。

阿弥陀池の避難小屋、きれいでいいですよね。
私もいっぺん泊まったことがあります。
乳頭山への縦走路もこれまたすばらしいので、
私ももう一度・・・いや、何度でも行きたいと思わせるコースでしたよ。

  • 2015/07/05(日) 23:40:28 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集]

トレッキングさん;

私のきっかけは、やまとそばさんからでした。名前と地形と花にひかれました。
素敵なところですが、往復に時間食いますね。東京からだと夜行バスってのもいいかも、です。

  • 2015/07/05(日) 00:34:44 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

Laylaさん;

何とか金曜は天候が持ちました。
泊後、土曜日はあの風と雨では歩けるはずもなく朝に下山でした。この時間じゃLaylaさんとのバッタリは無理だな、などと思いながら。
2回目にして全体が把握できました。山頂がいくつもあって複雑なんですもん。

  • 2015/07/05(日) 00:24:49 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

やまとそばさん;

阿弥陀池の小屋、水とトイレと素敵なロケーション。
ここはぜひとも泊まりたいな、と思っていました。
紅葉の秋田駒は素晴らしいと、盛岡の方もお勧めでした。

  • 2015/07/05(日) 00:02:58 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

秋田駒ケ岳、昨年yosiさんの記事でムーミン谷を知りました。
チングルマ、ヒナザクラ、ムシトリスミレ、オノエランが咲いてまさにお花畑で綺麗です。
秋田駒ケ岳へ行きたいと思い移動時間を調べたら群馬からだと休まず運転して7時間30分運転交代要員がいないと行けそうも有りません。
秋田駒ヶ岳こうしてレポ見ると行きたく成りますね。

  • 2015/07/03(金) 22:45:49 |
  • URL |
  • トレッキング #cBDl6fd.
  • [ 編集]

yosiさん、お一人だったのですね。
お写真を拝見するとそうは思えないのですが。。。w

金曜日、いい感じでしたね。
結局私は最悪の三日間に行ってしまったのかな。w

やっぱり馬場の小路、
駒池~国見温泉分岐方面の花が良かったみたいですね。。。

けど、大体の感じもつかめ、
まだ見れていない所も、
乳頭温泉方面も、国見温泉方面も、
あちこちまた行ってみたい所が増えてしまいました。w
また、行くどぉ~!!

  • 2015/07/03(金) 09:17:01 |
  • URL |
  • Layla #/5EBRTpw
  • [ 編集]

秋田駒

今回はお一人だったのですね。
阿弥陀池の小屋での一泊~良いですね。参考になりました。
時期を少しずらしてまた歩きたい、です。

  • 2015/07/03(金) 08:38:19 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/960-329e681b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ