いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

2015-05-15~16 三岩岳から会津駒へ-1

【三岩岳~会津駒ヶ岳】2015-05-15~16

小豆温泉--旧道口--旧道--三岩山--大戸沢山--会津駒ヶ岳--駒の小屋(泊)
駒の小屋--滝沢口--燧の湯==小豆温泉


三岩岳-会津駒ヶ岳の縦走。
ヤブとシラビソ林で開かれた道は無く、そのブッシュの隠れる積雪期限定のルート。
冬期は相当な積雪でそちらでも苦労するので、一般的には残雪期の4月5月が適期と言われてます。
駒の小屋のオープンに合わせてGWあたりが狙い目かと。

このルートを知ったのが4年ほど前。
ブログ記事等でルートや状況を理解し、三岩山までの偵察山行を2回実施し、このたび決行。
GW直後の休日を考えてましたが、諸事情で1週遅れ。
今年は雪解けが早いようで雪落ちの不安がありましたが、ヤブこぎを覚悟し三岩岳から入山。

会津駒>>三岩山か、三岩山>>会津駒か迷うところですが、
6月のまだ残雪のある時期に偵察で登った際、山頂から三岩小屋で迷い(小屋が分かりにくい)難儀したことがあり、
不安なところは登りに限る!と実感。
登りは上へ向かって行けば良いだけですからね。

で、目的達成の後に駒の小屋で乾杯!となったら最高じゃね、とも。
翌日の天気がもてば大杉通って御池なんて下心も。


小豆温泉スノーシェード脇のPから旧道口まで車道歩き。

旧道口(国体口)から。
P5151537.jpg

いきなりの急登でハァハァ言いながら。

足元にはイワウチワ。
P5151540.jpg

見えてきた三岩岳、テンション上がります。
P5151542.jpg

P5151545.jpg

眩い新緑と青い空
P5151551.jpg
P5151555.jpg

P5151556.jpg

P5151560.jpg

新道分岐点、三岩小屋まで概ね半分。
P5151565.jpg

夏道は雪の下。
行き先は見えてるし、尾根の天辺を外さねばルート外しもなし。
aP5151566.jpg

aP5151570.jpg

三岩小屋。
P5151572.jpg
シラビソ林の中のログ調なので見つけにくい。
見えた時はホッと。

小屋近くで昼。
aP5151573.jpg
ちょうど雪で横たわった木がベンチに。
食べてる最中に跳ね上がったらたまらんけどね。

見えてるけど遠い山頂。
aP5151575.jpg

振り返り、窓明山と家向山。
P5151576.jpg

三岩の名の由来、No.2とNo.3.の岩。No.1は山頂。
aP5151577.jpg

三岩岳 2065m
P5151582.jpg

左端の大戸沢山まで3つのピーク越え。
その先1つピーク越えで駒。
駒の右には中門岳への白い尾根。
P5151583.jpg
長いな、思う。
まあ目標3時間として15時30分に駒の小屋に着ければと。

山頂は雪なし。
雪の尾根までどうやって行ったら良いのか?とヤブを覗いていたらnaoさんが薄い踏み跡を発見。
さっさと行っちまったnaoさん。
P5151584.jpg

最初のピークからの2060P。
P5151586.jpg

2060Pがこの辺。
P5151590.jpg

振り返り、右が三岩岳。
aP5151591.jpg

正面2057P。
aP5151594.jpg

P5151600.jpg

2057P、ここでやや左に折れます。
P5151604.jpg

正面、大戸沢岳。
P5151606.jpg

大戸沢山はしばしシラビソ林歩き。
P5151610.jpg
木の根の隙間に足が挟まり、前行くnaoさんの跳ね除けた枝がビッt顔を直撃し、雪を踏めばほぼ踏み抜き。


縁の雪付きはこんなんですから。
P5151613.jpg

P5151615.jpg

雪解けの後にはこんな湿原も。奥に燧ケ岳。
P5151617.jpg
花の季節には誰も見に来ないんだろうな、と。

大戸岳山頂付近。
P5151618.jpg
正面に駒、もうひといき。
こちらから駒を見られるとは!

駒の小屋を左手前方に発見。
P5151620.jpg

会津駒ヶ岳 2132m
P5151622.jpg

bP5151623.jpg

4月25日に来た時は山頂標識の基部は露出してましたが、木道まで完全露出状態。

これで三岩山~会津駒ヶ岳残雪期縦走が完了!

さあ、小屋でビールだぜ!急げ。
P5151626.jpg

小豆温泉P 740
旧道口 750
新道分岐 930
三岩小屋 1110/1130
三岩岳 1220/1230
大戸沢岳 1520
会津駒ヶ岳 1545/1550

旧道口から三岩小屋まで3時間20分
三岩小屋から三岩岳まで50分
三岩岳から会津駒まで3時間15分



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

chikoやんさん;

三岩と駒を夏道でつなげたらとも思いましたが、やっぱあれは残雪期限定で残しておきたいですね。
なかなか行けない場所がある、そんなところがあってもいいかもです。
途中いくつかの湿原がありましたが、誰にも見られずまた雪の中になっちまうんですね。

三岩岳か、窓明山周遊も良いですね。花は多いと聞いてます。(って、花の季節は行ったことがないんです。。)

  • 2015/05/20(水) 23:55:36 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

晴れさん;

一度はやってみたかった三岩岳から会津駒。
一人だとやや飽きそうなので話し相手を、と。
写真もセルフや自撮りがめんどくさいもんでね。

  • 2015/05/20(水) 23:44:35 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

駒の兄様に挨拶に伺ったら「数日前、知り合いの方に
お泊りいただいたんですよ~」と。
しばしそんな話で盛り上がってきました。
話には聞いていた三ツ岩岳から会津駒への縦走路。
夏場は、一体どこを歩くんだろう。って不思議に
思っていましたが、雪のついた稜線を見て、思わず納得!です。
お花の時期の三ツ岩岳は行ってみたいです~。
お隣の山なのに、会津駒とはまた違った花々が咲き乱れるそうですね~♪

  • 2015/05/20(水) 00:55:18 |
  • URL |
  • chikoやん #0iKXazQU
  • [ 編集]

さすがはyosiさんnaoさんです〜。このルートをおふたり揃って歩かれるとは〜〜(=´∀`)人(´∀`=)いいですね〜。(も、羨ましいとか尊敬するとか飛越‼️)

  • 2015/05/19(火) 23:54:43 |
  • URL |
  • 晴れ #-
  • [ 編集]

やまとそばさん;

何度かブログで拝見し、いつかは!と思っていたこのルート。
駒の小屋オープンからヤブが出るわずかな期間の残雪期限定です。
今年は雪解け進行が早く少々の心配はあったのですが、有視界歩行ができたので小屋で祝杯を。

  • 2015/05/19(火) 23:08:55 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

くにさん;

2週間前のくにさん記事、とても参考になりました。
予想より下部では早目に雪が消失、稜線では思ったより減り少なく感じました。ヤブこぎ区間を長めに想定してたんですがね。
このルート、はまるのが良くわかりました。そっとしておいて、知ってる人だけで楽しみたい、なんてずるいですかね。

  • 2015/05/19(火) 23:02:36 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ずいぶんと渋いコースを歩かれたのですね。
大戸沢、三ツ岩は3月頃の残雪期、山スキーで何度か行っていますが、今の時期、このコースを歩く人はまずいないでしょうね。
yosiさん好みのコース~なのでしょう~♪

  • 2015/05/19(火) 20:42:24 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集]

あら~やっぱりずいぶん下が出ちゃいましたね。
三岩岳の新道旧道分岐も出てる~。
稜線上では大戸沢岳の手前辺りは
だいぶ大変だったんじゃないですか?
でも、一足で駒の小屋までとはさすがですね。
大展望の素晴らしい稜線ですよね。
夏道があればいいですのにね。
や、もっとも積雪期だからこそあの展望なんでしょうから、
積雪期限定のルートでいいのかも。

  • 2015/05/19(火) 20:16:13 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/953-4fce94dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ