いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

ロケットストーブ作りました

こんなの作りました。

ロケットストーブ
KIMG0055450.jpg
煙突の周りを断熱材で固めて煙突の温度を上げることによって、煙突内部に上昇気流が発生。
この気流が焚口の火を引っ張ることにより効率よく燃焼。
焚口が縦なので、長めのマキは突っ込んでおけば下から燃えて短くなっていく仕組み。

ロケットストーブ


まず材料。
KIMG0025.jpg
・ペール缶、いわゆる18Lのオイル缶 ・ステンレス煙突106mmの半直筒、エビ曲、T曲げ ・ホースバンド
・パーライト、園芸用土として売ってるやつ


道具は、
・ディスクサンダー ・インパクトドライバ ・マイナスドライバー ・金切ハサミ ・ペンチ


さて、工作に掛りましょ。

ペール缶のフタ外し。
外周爪の穴にマイナスドライバーを差し込み、クイッと。
KIMG0026.jpg
缶の内部はウェスで拭き上げ、その油で外側の汚れ落としと磨き。

まず、下の缶。
側面に106ミリの煙突が入る穴を。
関連サイトを見ていたら穴の型紙があったので拝借。
缶の曲面の合わせた楕円形の優れもの。
KIMG0028_20141219223101eec.jpg

ディスクサンダーで十文字に切ってから、金切りハサミで切り込み。
KIMG0029_20141219223102cf6.jpg

爪を内側に折込み、エビ曲げを差し込む。
ゆるくなくきつくなくペンチで調整しながら。
で、ホースバンドで締め付け固定。
KIMG0031_201412192231031d5.jpg

2本目は下部のペール缶。
底部を側面で切り取り、ここはディスクサンダーで楽々に。
切り取った底面はフタに使います。
センターに煙突が通る穴明け、ここは真円。側面と同じ要領で。
KIMG0033.jpg

筒状の上部缶(いや、すでに缶ではないけど)と下部缶を合体。
煙突の先が少々飛び出す位置で。
鉄板ビス8本をインパクトドライバで。
KIMG0035_2014121922313321d.jpg

断熱材はパーライトで。
園芸用土として市販されてるもの。14Lのを2袋と半分。
KIMG0036_2014121922313499d.jpg

上部にフタをして完成。
KIMG0037_201412192231362d6.jpg


で、さっそくテストを。

段ボールの切れ端と木端で火付け。
KIMG0038_20141219223137f51.jpg

焚口の吸い込みはいい感じ。
煙突上からのぞくとこっちに向かってくる災。
KIMG0039_2014121922315204b.jpg
薄暗くなったら煙突から飛び出る火が見えるくらいか。


五徳を用意すりゃ、お湯も湧かせるし、料理もできるか。
でも、いつ、どこで使おうか。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

トレッキングさん;

レンガで簡易的に作った方がおりまして、理屈と構造に興味を持ってました。
みなさん、いろんな形で自作されてるようです。

  • 2014/12/24(水) 23:39:31 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

凄い!ロケットストーブ

ロケットストーブ
テレビで紹介されていたのを見たこと有りましたがyosiさん実際に作成するって素晴らしいです。
かなり火力も有るんでしょう。

  • 2014/12/24(水) 22:13:06 |
  • URL |
  • トレッキング #cBDl6fd.
  • [ 編集]

でんさん;

工作好きのただの変わり者です(笑
ペール缶あと1個あるんで、次はスモーカーでしょ。

  • 2014/12/24(水) 08:22:57 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

「ストーブ」ってあっるけどスモーカーでも作るのかと思えば
やっぱストーブでした。
yosiさん器用ですよね~
工具も色々あるみたいだし
サンダーまで持っているんなんて、いったい何者?!(笑)

  • 2014/12/23(火) 10:11:47 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/918-e5c223fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ