いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

2014-09-26会越境 御神楽岳

【御神楽岳~越後側から】 2014.09.26

阿賀町 室谷口---御神楽岳 往復

どっしりとしたピラミダルな山容。

以前、会津側から登ろうと、長い林道を腹を摺りながら進んだが、
駐車場で3尺ほどのヘビを見た途端、気持ちが萎え退散。
蒲生岳へ行っちまった事のある因縁の山。

で、今回は越後側から行ってみようっと(越後だってヘビは多いんだが)。

阿賀町、津川インターから。
御神楽温泉の先、昔からある蝉コースは、急峻な尾根の馬の背があるので今回はパス。
後から開かれたという室谷口から行きましょ。

御神楽岳map

室谷の集落から林道に入るが、要所に[御神楽岳→]の案内があり迷うことなく登山口へ。

で、今日は先行者なし。
P9265104.jpg

沢沿いから尾根へ。
P9265109.jpg

P9265114.jpg

秋だなあ、と感じながら。
P9265113.jpg
P9265120.jpg

勾配はゆるいが道のりは長く、変化に乏しい道。
P9265125.jpg

いい加減、飽きたよ。
展望はないし、一本調子の道。

山頂まで標準4時間のコース。


やっと展望のある尾根に出る。
おお、いいじゃないか!
P9265132.jpg
左には湯沢の頭のスラブがチラッと。

気持ちのいい尾根道、足元はぬかるんでるが。
P9265133.jpg

見えてきた御神楽の山頂。いいカッコしてる。
P9265135.jpg

P9265136.jpg

雨乞峰で分岐、左から蝉コースが合流。
P9265138.jpg

山頂近し。
P9265139.jpg

こちらが湯沢の頭の蝉コース。
P9265141.jpg

すごい、たまらん!
P9265140.jpg
稜線はナイフリッジ。
立っては歩けず、四つん這いで歩くんだそうだ。
蝉コースの名の由来か?

P9265149.jpg

御神楽岳 1386m
P9265160.jpg
頭が切れちまった。

8時55分発、11時55分着、3時間00分。
楽な道だけど、長く感じた行程でしたよ。

西側は川内山塊 矢筈岳、青里岳、奥に粟ヶ岳。
P9265172.jpg

南側は会津方面 本名御神楽岳、 狢ヶ森山。
P9265173.jpg

浅草岳。
P9265170.jpg

山頂は虫(羽アリ?)が多く、30分ほどで退散、下山。

P9265175.jpg


再び湯沢の頭の大スラブ。
P9265179.jpg

P9265180.jpg

P9265186.jpg
いい道が付いている。
いつかは歩いてみたいもんだね。

P9265184.jpg

30分ほど下ったところで、ガサガサと動く気配。
こちらはクマ対策でカウベルを膝に括り付け、胸にはラジオで新潟エフエム。
止まって様子見。
前方からは鈴の音。
ソロ男性とスライド、ホッとした瞬間。

14時30分下山、2時間00分。

登山口のクルマは自分の1台だけ。
ん?先ほどのソロの方はどこから?
登山届がノート形式なので「14:30下山完了」を記入。
ん?先ほどのソロの方の記入がない。最終は自分。

ここからは1本道、ほかに合流するコースは無い。
先ほど会った方は幻?
いや、会話も交わしたし、足もあったし、振り返ると登る姿もあったのだが。。。


御神楽温泉 みかぐら荘。
P9265204.jpg
P9265202.jpg
さいこー!




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

ブルさん;

湯沢の頭ルート、調べてみましたけれど、ナイフリッジに立てなくて腹這いで登るようですよ。行ってみたい気持ちはありますけどねぇ。

ソロの方、バス時刻も調べてみたらバスで来て登山口まで歩かれたようですね。

  • 2014/10/06(月) 22:21:27 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

湯沢の頭、ちょっと行ってみたい。
怖そうですが…

足のある幽霊もいるようです。

  • 2014/10/05(日) 13:55:43 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

全国的に早目のようなので出かけてみましたがこの辺はまだのようでした。
スラブが紅く染まれば見事なんでしょうが。。
このコース、上部尾根に出るまで緩い一本調子の勾配で、少々変化に乏しく思いました。

  • 2014/10/03(金) 21:44:53 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

このエリアは紅葉はまだのようで。
この登山口からはまだ歩いたことがありません。
参考となりました。

  • 2014/10/03(金) 10:37:33 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

yukoさん;

不思議なんです。最寄りの駅やバス停なんて歩く距離ではないし、誰かに載せてきてもらったとか?

>きっと蛇さんの化身では
妙に納得!です。

  • 2014/10/02(木) 00:10:37 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

mimozaさん;

いつもありがとうございます。
温泉写真は防水コンパクトが役立ってます。ひとりになった時にササッと。ほんとは撮影まずいんでしょうけど。

10/4沼原7時、姥ヶ平目指します。

  • 2014/10/02(木) 00:05:28 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

chikoやんさん;

足だけ露出はあったのですが、ついにここまで! これ以上はダメですよ。
結構な山奥ですが、地元新潟で人気のある山のようです。

  • 2014/10/01(水) 23:57:33 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

やまとそば

会津の山からは見かけることが多いので、いつかはと思ってました。
ヒメサユリのころは素敵でしょうね。芽吹きと残雪の組み合わせで。

  • 2014/10/01(水) 23:51:47 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

Laylaさん;

ほんとに出会って立ち話したんですよぉ。モンベルのシャツだって着てたし。
風呂上りに見たら「浴室内撮影禁止」の注意書き。露店は「内」じゃないからいいかっ。

  • 2014/10/01(水) 23:46:10 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

腫れさん;

端っこの1個、ホコリ出してきました、いたずらで。
キノコも知っていたらおもしろいだろうな、と思いつつも手つかずで。。。

  • 2014/10/01(水) 23:37:39 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

トレッキングさん;

すごいスケールでした。
稜線のルートに人が居ればその大きさがよくわかるのですが。
沢筋や岩場も歩かれてるようです、篤志家に。
会津から越後にかけては渋めの山が魅力です。

  • 2014/10/01(水) 23:34:07 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

リンゴさん;

リンゴさんの過去記事、知ってます。
まだ残雪があった時期ですね。
今度は本名御神楽から大スラブを見てみたいものです。

  • 2014/10/01(水) 23:27:02 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

でんさん;

大スラブも遠目で見てるだけですから(笑
ただ、入山者が少ない山、すくない時期は恐い部分がありますね。慎重にならざるを得ません。

  • 2014/10/01(水) 23:23:07 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

スライドしたソロの方、きっと蛇さんの化身では?(≧∇≦)
というくらい誰もいなかったのですね〜、入浴シーン、最高です(^^)

  • 2014/10/01(水) 17:22:03 |
  • URL |
  • yuko #-
  • [ 編集]

こんばんは



今日もこそこそとお邪魔します。
素晴らしい景色をいつも楽しく、わくわくと拝見させていただいています。

温泉入浴写真は・・・
「おちゃめ」・・・ですね(笑)

  • 2014/09/30(火) 19:10:52 |
  • URL |
  • mimoza #219/xoDo
  • [ 編集]

をぉぉ、yosiさんの入浴シーン。(#^.^#)
最近、山登りのあとの露天風呂が絶対外せないものになりつつある私。
木々に埋もれる感じでお湯につかれる温泉~。
魅力的だわ~。(*^^)v

  • 2014/09/30(火) 18:16:24 |
  • URL |
  • chikoやん #0iKXazQU
  • [ 編集]

御神楽

私も二度、歩きました。
一度はリンゴさんとのコラボ。
ヒメサユリが綺麗な時、でした~。

  • 2014/09/30(火) 07:25:57 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集]

こ~わ~い~!
クマより怖いですねぇ、そのソロの方の話。w
シェーが見切れたのに、入浴シーンは絶妙ですよ。ww

  • 2014/09/30(火) 00:03:21 |
  • URL |
  • Layla #/5EBRTpw
  • [ 編集]

お膝も腰も大丈夫そうで何よりです〜。その山盛りのホコリタケをぽふっっぽふっってしたくなります〜。

最初のキノコは煙が出るキノコでしたっけまとまってたくさん有りますね。
山頂まで4時間コースは歩きでが有りますね。
湯沢の頭の蝉コースはなんとも凄い言葉しか思いつきません。
御神楽岳 1386mでの頭が切れちゃったシェーが何ともたまりませんこれはこれで良いですよ!
湯ノ沢の頭大スラブは見ただけで恐怖です。

  • 2014/09/29(月) 20:10:07 |
  • URL |
  • トレッキング #cBDl6fd.
  • [ 編集]

御神楽岳

私は会津側から2度、山開きバスの送迎付き。
1度目は本名御神楽岳から御神楽岳まで足を延ばし、新潟側からの登山者と山頂で合流。
記念のバッジと手ぬぐいを交換、なんて思い出があります。
あの大スラブ、印象的でした。

  • 2014/09/29(月) 17:42:43 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

だいぶスラブにご執心のようですね。
アルプスなどと違って人の歩かない危険ヶ所は怖いですよ。
自分で怖い思いをしたわけではないですが独り占めできる反面そう感じます。

  • 2014/09/29(月) 09:29:31 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/901-e70cdbce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ