いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

2014-09-11~13白馬岳 不帰から八方尾根へ-5

【白馬岳~不帰~唐松岳】-5 2014.09.11~13

9/11 猿倉---大雪渓---白馬岳---天狗山荘
9/12 天狗---不帰---唐松岳---八方尾根---八方
9/13 あちこち寄り道 

naoさん、初めての白馬岳、かつ初白馬で不帰通過に祝杯!
KIMG0028.jpg
KIMG00271.jpg

祝杯のもひとつは、こちらの宿の再訪。
実に40数年ぶり。
白馬駅が信濃四谷駅、八方がまだ細野と呼ばれていた時代。

小学生だった頃、家族で白馬へ。
8月に毎年のように4回ほど。
八方尾根ハイキングだったり、大雪渓から鑓温泉だったり、雨で登れなくて泣きべそかいたり。

ここが定宿で、よく遊んでくれたのが中学生のお姉さん。

断片的ではあるが、ずっと心に残っていた八方尾根山麓。
白馬岳へ行くときには寄ってみたいな、と。


調べてみると、宿は存在。場所も当時の記憶のよう。
建物外観も、玄関周りを改築されてるようだが概ね当時の記憶。

あとは「人」。
世代は変わってるし、経営者だって替わってるかもしれない。

宿のFBの中によく出てくる人物が。
そちらのFBでプロフィールを。
60歳、白馬村出身、白馬村在住、**大卒。
年の差は合う。出身大も聞いていたのと合致(数年後、親父が訪れてるのでそこからの情報だと思う)

確信!

恐る恐る電話を入れてみる。
話していて違うようであれば、単なる問い合わせ電話にしようと。

こちらからは記憶にある情報をしゃべる。
お姉さん(今のおかみさん)記憶ははっきりしないが、時代背景や改装前の間どりの記憶がぴたり。
まあ大勢の宿泊客があったし、当時は中学生だったから特定で覚えてることは無いだろうが、
男の子二人兄弟の家族が何回か泊まったことはぼんやりと覚えているような。。。とのこと。

玄関で。
KIMG0036.jpg
家の前に川が流れていたり、裏は一面の田んぼだったり、スキーショップになってるのが昔はおみやげ屋だったり。
しばし、そんな話。

naoさんと、当時中学生だったお姉さん、おばあちゃんは当時のおかみさん。
面影あります、おばあちゃん。
KIMG0031.jpg

ほんとよかったよ。
ずっとずっと訪れなきゃ、と思っていたのが実現。嬉しいね。


朝のうち山を見に黒菱林道を駆け上がり。
DSC08103_20140921021551d80.jpg

7時30分のリフト運行に並ぶ人。
DSC08104.jpg
唐松岳往復ならこちらのルートの方がリフト乗り場にPがあるし、ゴンドラを使わずにリフト2本で済むし。

リフト上駅にある展望台から。
DSC08105.jpg

八方の街並み。
DSC08106.jpg

方角から見て浅間か?
DSC08107.jpg

不帰1峰、天狗の大下り。
DSC08111.jpg

白馬鑓、杓子岳、白馬岳。
DSC08113.jpg

下りのリフトは我々だけ。
DSC08115.jpg
すれ違いのリフトに
「挨拶し方が良いかな」
「しとこか」
「いや、いいんじゃね」
「でも山でのすれ違いだし」
なんてnaoさんと話してるうちに下駅。


白馬を後に寄り道しながら。


好日山荘 白馬店
KIMG0037.jpg
7月(だったか?)のオープン。
開店キャンペーンで、白馬一帯の協力山小屋でスタンプ押して用紙を持っていくと粗品。
で、ステッカーをゲット。
その用紙を投函すると抽選で山用品が当たるとか。


ちひろ美術館
KIMG0038.jpg

KIMG0039.jpg

KIMG0045.jpg
naoさんリクエスト。
そう、あのいわさきちひろの美術館。
小さいお子さん連れのファミリーが多数。


大王わさび農場
KIMG0047.jpg

KIMG0048.jpg
ここでは、わさびソフトでしょ。
も少し辛味を利かせた方が好み。
まあ、子どももいるからね。


松本城
DSC08118.jpg
もうすっかり観光客。


帰路は上信越道の東部湯の丸ICへ近道しようと下道。
美ヶ原の北側を通るR254。
これが細くて山越えで高速まで2時間。
まあ高速代の節約にはなったけど。



今回の白馬行き。
naoさん、岩場に慣れてきたころだし、行くからには八方の宿の再訪もしてみたいし、と。

雪渓、お花畑、不帰ノ嶮、八方の宿、安曇野観光と3日間充分に楽しめました。
八方のお姉さん、naoさんに感謝です。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

くにさん;

ええ、計画が全てうまく行きました。
山の上は天気次第でもありますけどね。
不帰は若いころ通過したことがありますが、まあ年も取ってるんで緊張感を持って参戦。
で、思いのほか楽です。
ヘル装着する方、増えてきてるようですね。

  • 2014/09/25(木) 22:45:51 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

トレッキングさん;

ご覧になりましたか。
宿の周辺は建物等替わりましたが、雰囲気は当時の感が残ってました。
当時のおかみさん(おばあちゃん)もお元気で何より。
充実した3日間でした。

  • 2014/09/25(木) 22:38:43 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

yukoさん;

白馬は原点でもあり、思い出のところでもあります。当時の宿もいつかは訪ねてみようと。
宿もお姉さんも健在、もうそれだけで最高の締めくくりとなりました。

テン泊で行かれたのですか。予定を変更といいますと五竜辺りまでの計画でしょうか。
八方尾根、唐松岳へのモヤモヤ、ぜひ行っちゃってください(笑

  • 2014/09/25(木) 21:39:08 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ネビルさん;

行かれたのですね。1週間違うと紅がずいぶん濃くなってますね。
三山の姿、いいなと思います。

  • 2014/09/25(木) 21:30:14 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

最後には懐かしい宿の再訪と観光まで。
何と言う充実ぶり!
それにしてもやはり不帰キレットは
みるだけで怖いわ~。
ちゃんとヘルメット装着の安全装備で
すばらしいですね。

  • 2014/09/25(木) 00:24:26 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集]

かんぱ~い!
小屋のおかみさんもアップしてましたね。
おかみさんが中学生だった頃に、ご家族とよくお泊まりいただいた当時小学生だったyosi様
40年ぶりに楽しいひとときを共有されて楽しい記憶がよみがえって来たでしょう。
料理もたくさん出て来て美味しそう。
白馬は良いところですね。

  • 2014/09/24(水) 21:22:57 |
  • URL |
  • トレッキング #cBDl6fd.
  • [ 編集]

お天気に恵まれて、素晴らしい白馬三山と不帰、おまけに最後に思い出の宿に再訪ですか?最高の山旅だったのではないですか? 素敵ですね(^^)
私もその昔、黒菱の小屋から見た真っ白な白馬三山に憧れました〜、数年後、同じように九月の連休に出かけましたよ。白馬大雪渓から登り、テン泊、翌日は唐松でテン泊でしたが、不帰の険しさに体力気力を消耗して、その先の予定を変更、八方尾根に下りました。あの時の事は忘れられません。何かって?バテバテになったこと(≧∇≦)
もう行かれないだろうなぁ。yosiさんの旅行記を読んだら、八方湖や唐松岳なら?いけるかも?とまたモヤモヤと闘志が湧いて来ました〜、でも遠いなぁ(笑)
素晴らしいレポ、ありがとうございました。

  • 2014/09/23(火) 14:14:09 |
  • URL |
  • yuko #-
  • [ 編集]

行って来ました

旅の途中で、八方尾根に寄りました。ガスが出て唐松の途中で引き返しましたが、池はまずまずの写真となりました。

  • 2014/09/23(火) 11:06:31 |
  • URL |
  • ネビル #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/898-283763d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ