いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

2014-09-11~13白馬岳 不帰から八方尾根へ-3

【白馬岳~不帰~唐松岳】-3 2014.09.11~13

9/11 猿倉---大雪渓---白馬岳---天狗山荘
9/12 天狗---不帰---唐松岳---八方尾根---八方
9/13 あちこち寄り道 


天狗山荘 5時30分

山荘そばの天場、5張り。
昨日はガスの中で気が付かなかったな。
DSC07934.jpg

山頂をスルーしてしまった白馬槍。
DSC07939.jpg

バンザイの人と、それを撮る人。
P9125052.jpg

小屋に戻って朝ごはん。
P9125055.jpg

6時30分、夕べの話で4名で不帰へ。
写真家F氏、naoさん、五竜氏(五竜屁行くので)。
DSC07948.jpg

振り返り白馬槍。
DSC07958.jpg

DSC07962.jpg

槍ヶ岳遠望。
DSC07965.jpg

剣は至近距離。
DSC07968.jpg

天狗ノ頭 2812m
DSC07972.jpg

五竜氏は先へ。

DSC07979.jpg

DSC09214.jpg

DSC07984.jpg

DSC07987.jpg

天狗の大下り  不帰キレットまで一気に下る。
DSC07991.jpg

DSC08000.jpg

足元にライチョウ、対向のソロの方の足元に。
DSC08005.jpg

不帰キレット  まずは一峰へ。
DSC08009.jpg

1峰の稜線には先行の五竜氏の姿が。 奥は2峰、これが難関、見るからに。
DSC08008.jpg

1峰通過中。
DSC08013.jpg

次は2峰へ。
DSC08016.jpg

P9125060.jpg

P9125061.jpg

鎖はしっかりしているし、マーキングも○や×や矢印多数。
足元もしっかりしているし、ルートミスもまずないだろ。
ただし高度感はあるけどね。

2峰を登り切り、北峰。
IMG_0215.jpg

後は唐松岳と八方尾根。
IMG_0217.jpg

少し離れて2峰南峰。
DSC08018.jpg

振り返り、奥から天狗ノ大下り、不帰1峰、不帰2峰北峰。
P9125068_20140918024459ecd.jpg

不帰のガス切れを狙う写真家F氏。
DSC08022.jpg

唐松バックに余裕のnaoさん。
DSC08028.jpg

危険地帯通過、喜びのポーズ。
P9125070.jpg

ここで写真家F氏と分かれ、我々は不帰3峰へ。
DSC08034.jpg

DSC08035.jpg

唐松岳への最後の登り、振り返り。
3峰、2峰南峰、北峰、天狗下り。
DSC08040.jpg

唐松岳 2696m
P9125072.jpg

DSC08045.jpg

不帰の見おさめ。
DSC08049.jpg

今回の目玉は不帰嶮。
考えていたより困難では無かったような。
1峰から2峰北峰への登りが核心部。
逆方向、唐松から来るとここが下りになるのでいやらしさはアップするが。

すれ違い困難箇所が多数あるので、シーズンピーク時は待ち場所と時間を、また先行者からの落石には注意が必要かな。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

トレッキングさん;

天狗山荘、中間地点にあるので宿泊者は少ないようです。
で、そこが狙い目。食事も定評通り、おいしくいただきました。
ふたりのポーズは、ほんとホッとしたタイミングです。

  • 2014/09/25(木) 21:42:32 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

山荘そばの天場早朝の写真が朝日に輝いて素晴らしい!です。
小屋の朝食もずいぶんと美味しそう。
天気も味方してくれて最高の登山。
まさに唐松バックに余裕のnaoさんが可愛い!(笑)
危険地帯通過のyosiさんの喜びのポーズもまさしく余裕のシェー!

  • 2014/09/24(水) 21:10:15 |
  • URL |
  • トレッキング #cBDl6fd.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/896-be5dc372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ