いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

2014-09-11~13白馬岳 不帰から八方尾根へ-1

【白馬岳~不帰~唐松岳】-1 2014.09.11~13

9/11 猿倉---大雪渓---白馬岳---天狗山荘
9/12 天狗---不帰---唐松岳---八方尾根---八方
9/13 あちこち寄り道 

前日23時に那須発、長野インターから白馬入りが5時。
途中、仮眠を取ったので正味5時間ってところか。

今回のコースは猿倉から入り、下山は八方。
下山してから猿倉にクルマを取りに行くのもしんどいんで、行きにタクシー利用。
で、6時に予約済み。

八方に着く頃にはクルマの屋根をたたきつけるような雨。
とりあえず寝る。
いや、寝てる間もなくタクシーが到着。

雨も小降りなったので早目の出発。
5時30分、八方を発。
P9114871.jpg

猿倉に着くころには雨も上がり、雲の切れ間から空が。
いい感じ、いい感じ。
P9114875.jpg

小蓮華の山並みには日も差してきて。
P9114876.jpg

雨上がりの道端、生き生きとしてるね、晩夏の花たち。

P9114878.jpg

P9114880.jpg

P9114886.jpg

P9114896.jpg


林道と緩い登りで 「おっかれさん!」の 白馬尻
P9114888.jpg

白馬尻からの大雪渓。左に回り込んでいるのでそのものはまだ見えないが。
DSC07930.jpg

雪渓末端は出てきたが、取りつくにはまだ早い。
P9114900.jpg

右岸をザレ場を歩くことに。
P9114901.jpg

雪渓取りつき。6歯を装着。
P9114905.jpg

サクサク登る。
P9114907.jpg

IMG_0190.jpg

先ほどの晴れ間はどこへ行ったのか、ガスがかかり気味。
P9114914.jpg

雪渓を下り右手斜面へ。
結構、急だね。
P9114918.jpg
ここで雪渓歩きは終わり。
思いのほか短かった感じ。9月だからね。


P9114923.jpg

P9114934.jpg

P9114935.jpg

P9114942.jpg

振り返ると、続く人、人。
P9114947.jpg

源流は細くなり、稜線から広がるカール地形。
一面のお花畑。
P9114969.jpg

P9114962.jpg

P9114970.jpg

P9114971.jpg

P9114974.jpg

P9114979.jpg

P9114980.jpg

P9114984.jpg

P9114986.jpg

見えてきた村営宿舎。
P9114987.jpg

P9114989.jpg

P9114991.jpg

山頂を目指しましょ。
P9114998.jpg
が、力入らず。自分もnaoさんも。
寝不足がきたか。
見えてるのに遠い。足が重い。

疲れたよぅ~のnaoさん。
白馬岳 2932m
P9115001.jpg

自分も力を振り絞っての決めポーズで。
P9115004.jpg

山頂はガス、楽しみの展望もなし。
白馬山荘まで下って昼。
初日はここ泊りが一般的でしょうが、この先3時間が歩くんで燃料補給は無し。

続きは-2で。


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

トレッキングさん;

雪渓も7月から比べると感覚的に半分くらいでしょうか。
少々物足りなさを。。
花も9月でこれくらいですから、7~8月は凄いことと思います。

  • 2014/09/17(水) 22:38:55 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

雪渓凄い!夏も終わって秋になると言うのに、これだけ凄い雪渓とは驚きました。
ヘルメットを被りアイゼンも付けての本格的な登山を楽しんで来ましたね。
花もまだたくさん咲いていてとても良い感じです。
これだけ歩けば疲れたでしょう。

  • 2014/09/16(火) 21:38:45 |
  • URL |
  • トレッキング #cBDl6fd.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/894-7091c5d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ