いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

再び会津、志津倉山

【志津倉山】 2013.11.09

登山口---雨乞岩---二子岩コース---ブナ平---志津倉山---糸滝---登山口


先週に引き続き、また会津。
博士山の道を挟んだとなり山、志津倉山。
巨大スラブとブナ林。恐そうな伝説も豊富。

三島町宮下から南下して登山口に入るのが道がいいのだが、遠回りっぽいので、
田島から昭和村から北上、狭い山道を抜け大辺峠越えで入山。
舗装されてるが、全面落ち葉が積もり側溝の判別困難。
落ちぬよう慎重運転。


大辺峠からの展望、中央の白色は猫啼岩。
2013_1109AA.jpg

登山口、5~6台の駐車可。先行クルマ1台。
2013_1109AB.jpg

すぐに志津倉の鐘。地元の志津倉山の会が建立。
2013_1109AC.jpg
クマさんに知らせるため鳴らしとこ。

しばらくは大沢沿いの道。
2013_1109BD.jpg

飛び石を繰り返し、右や左へ。
2013_1109AD.jpg

この辺はまだブナの黄色が残ってます。足元はシダ類、落ち葉に隠れた泥濘。
2013_1109BG.jpg

ほどなく見えてきた巨大スラブ、雨乞岩
2013_1109AE.jpg
2013_1109AF.jpg
2013_1109BF.jpg
スラブ上の稜線に太陽があり写真は撮りにくい。
太陽の上がる前か、曇りの日であれば良く映るはずなんだけど。

2013_1109AG.jpg

ここで雨乞岩が間近に見られる大沢コースを選んだが、ヤブに突入、道を見失い。
イバラ系のヤブにつき、手の甲に引っ掻き傷のnaoさん。
「だ~か~ら~、そっちじゃないって言ってるでしょ。ったく」

分岐へ戻り、おとなしく二子岩コースへ向かいます。
2013_1109AH.jpg

沢から離れ、シャクナゲ坂へ。
ここから支尾根で稜線へ突き上げます。
2013_1109AI.jpg

ここもえらいとこ。
両手使いで身体を引っ張り上げたり。
2013_1109AJ.jpg
2013_1109BH.jpg
2013_1109BI.jpg

屏風岩
2013_1109AK.jpg

切り立った岸壁、上から下まで写真に収まりきれず。
また、逆光につき凄さが伝わらないのが残念。
2013_1109BJ.jpg

2013_1109AL.jpg




20131111014304077_20131111181519437.jpg

支尾根を登りつめ、稜線に。
このあたりが ブナ平
2013_1109BB.jpg
博士山と違い、上までブナブナ。
山頂まではこんな感じの尾根道を。

志津倉山 1234m
2013_1109AP.jpg

風もなく日差しは暖か、山頂二人占め。
2013_1109AM.jpg

東西はヤブ、南北は開け展望はいい。
少々雲が掛かってるため山座同定はいまいち。

御神楽岳。
2013_1109AN.jpg

飯豊連峰。
2013_1109AO.jpg


2013_1109BA_20131111014331aa3.jpg
今回はなんかへん。
右手右足が同じ方向だね。
左手も伸びてないし、手の直角ができとらん。

下山、しばらくは尾根道、ブナブナの尾根。
2013_1109AQ.jpg

2013_1109BC.jpg

2013_1109AR.jpg

2013_1109AZ.jpg

2013_1109AS.jpg

支尾根に入り、急降下。
濡れてる一枚岩にはこんなハシゴ? でかいホチキスの針を打ったような。
IMG_1936.jpg

小さな沢を渡り、沢沿いに下ると 糸滝 。
2013_1109BE.jpg
細い水流だが、的を射るネーミング。

一面の落ち葉。
その下に隠されてるのは濡れてる岩か、泥寧。
尻付き2回。
naoさんは無し、ストックの有無の差か。

1.5時間ほどで登山口P。
2013_1109AT.jpg

時間的にはお手軽ですが、沢、岩、木の根、ブナ林、展望とギュッと凝縮された山でした。
新緑、沢筋に残雪のあるころなんていいかも。


帰り道は 西山温泉 滝の湯。秘湯の会の宿。
2013_1109AU.jpg

2013_1109AV.jpg

2013_1109AW.jpg
浴室の窓から。
対岸に二つの源泉を持ち、2本のパイプで宿に供給。
そのパイプがそのまま浴室へ。まさに掛け流し。
湯の花が漂ういい湯でした。

ここに寄り道。ソースかつ丼の 丸八亭 。
2013_1109AY.jpg

ハーフでも相当なボリューム。
2013_1109AX.jpg
田島での営業はこの日までで冬期休業。
冬場は大田原に出稼ぎ。
以前の店が道路拡張で取り壊しのため、今季からは大田原温泉となりで営業とのこと。
行ってみよっ。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

くにさん;

このスラブ、比較するものがないので写真からでは実感湧きませんが、1枚もんのド迫力ですよ。
一部情報によるとボルトも打ってあるらしいので、やってる人はいるんでしょうね。

  • 2013/11/16(土) 23:21:33 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

y子さん;

会津駒や田代山のような湿原の山もあれば、こんな岩肌を見せる山々も。
豪雪が山肌を削り取って出来るのだとか。

アクセス、少々遠いのが難点ですね。

  • 2013/11/16(土) 23:08:16 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

名前だけは聞いたことがありましたが・・・、
やや~ダイナミックな山ですね~!
上部の立派なブナ林もいい感じです。
これは行ってみたくなりました!

  • 2013/11/16(土) 18:08:08 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集]

会津

会津だと入るのには時間がかかりますねぇ。
でも、山だらけだし、なかなかのお山なんですね。
スラブの雨乞岩、本当にすごい!
実物を見てみたい~
全体が岩山なのでしょうか。

  • 2013/11/16(土) 15:53:30 |
  • URL |
  • y子 #FvXWb1i2
  • [ 編集]

trekker-k さん;

会津の山々もおもしろいなのが多くありそうです。入山者は地元ナンバーが大半。
首都圏からはアクセスが難点でしょうか。地の利を生かしてポツポツ出かけてます。温泉も魅力ですしね。

  • 2013/11/15(金) 22:21:33 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

オソコメ失礼です。博士山も志津倉山も私には未知の領域です。(那須から見たと思いますが・・・)。渋くて玄人好みの山なんでしょうね。山から下りて、温泉にカツ丼、タマリマセンね~

  • 2013/11/15(金) 21:06:41 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

会津方面は秋に出かけるのが多いようです。自然と紅葉のこんな雰囲気を求めてるからでしょうか。
同コースを新緑にも歩いてみたいですね。

  • 2013/11/13(水) 22:36:41 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ネビルさん;

会津の山々は黄色が多いですね。渋さも魅力です。
週末、紅くなります、顔が。

  • 2013/11/13(水) 22:32:57 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

会津らしい山、静かで地味な山ですがこれが良いですね。
ブナ好きにはたまりません。
会津の山はしばらくご無沙汰です。

  • 2013/11/13(水) 09:05:38 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

ブナの紅葉

一面黄色で私も大好きです。新緑もなかなかいいですね。
週末楽しみです。

  • 2013/11/13(水) 04:42:36 |
  • URL |
  • ネビル #g6vs/Cb2
  • [ 編集]

リンゴさん;

雨乞岩、これは凄いですよ。
小さな山にこれほどのものが!と驚きです。
登りは急坂を一気に、下りは尾根伝いにを緩くと回遊コースです。道はしっかりしてるし、週末なら複数入ってるはずです。

  • 2013/11/12(火) 23:57:26 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

でんさん;

博士山が乾いてるのに、志津倉山は湿った感じがあります。
夏はきついでしょうね。残雪が少々あるくらいの新芽の季節、こりゃいいでしょう。

  • 2013/11/12(火) 23:50:28 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

chikoやんさん;

関東圏からは行きにくいところですが、地元には愛されてますね。
こんな地味さが好きです。
会津でも駒とはまた違った雰囲気があります。

  • 2013/11/12(火) 23:46:58 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

やまとそばさん;

遠目は穏やかな山ですが、少し入るとスラブだの絶壁だのすごいことになってます。
会津、越後はそんな山多いですね。ブナ林も見事です。

  • 2013/11/12(火) 23:38:00 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

Laylaさん;

前日の雨が残っていて、林全体がしっとりしてました。いい感じでしたよ。
けど、足元濡れるは泥に浸かるはで、まあそれなりに。。
「剣」「難」はレポほどではありません。新緑いいかもです。

  • 2013/11/12(火) 23:33:34 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

志津倉山

こちらも会津の山開きに参加している頃に噂は聞いています。
特に雨乞岩は噂に違わぬ迫力、この目で実物を見てみたいです。
コースによっては藪漕ぎも覚悟でしょうか?

  • 2013/11/12(火) 20:25:07 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

博士山、志津倉山と秋や春に歩くには良さそうですね。
私が勉強不足でどちらの山も知りませんでした(^^;)

  • 2013/11/12(火) 19:35:05 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/11/12(火) 13:57:14 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

ブナの森って、なんでこんなに素敵なんでしょ。
会津の山の奥深さを感じますね。
こんなところで静かに登りきった達成感を
感じてみたいものです♪
そして、巨大なスラブ。雨乞岩。
人を寄せ付けない迫力がありますね。

  • 2013/11/12(火) 13:54:43 |
  • URL |
  • chikoやん #0iKXazQU
  • [ 編集]

1234m

志津倉に行ったのは何時だったかと調べてみたら99年6月6日の山開きでした。
そうそう、雨乞岩のスラブ・・・凄かった。
会津の山は大雪による浸食で山々が急峻ですが、ブナが山を守ってくれているんですね~。

  • 2013/11/12(火) 11:49:45 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集]

いいですねぇーっ!!
お山も素晴らしいのでしょうが、
お写真がとてもステキです!
好きだわ~、こういう感じ。(?w)
登ってみたいけど、ここは「険しい」に
プラス「難しい」が付きそうですね。

  • 2013/11/12(火) 10:38:05 |
  • URL |
  • Layla #/5EBRTpw
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/810-4c694ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ