いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

槍へ・・・3

【槍へ・・・3】 2013.07.11-12

07.11 上高地---横尾---槍沢---槍ヶ岳山荘
07.12 槍ヶ岳---東鎌尾根---水俣乗越---大曲---横尾---上高地


上高地~槍ヶ岳山荘>>>【槍へ・・・1】
山荘と槍ヶ岳登頂>>>【槍へ・・・2】


槍てっぺんにも登り、山荘部屋の荷物のまとめ。
このころには早朝のガスも切れ、夏の青空。
P7120223.jpg

飛騨側への西鎌尾根、南下の穂高縦走路、大天井・燕へ続く東鎌尾根、そして槍沢。
山荘前の広場は分岐の重要ポイント。
P7120227.jpg

下山は東鎌尾根で。
といっても。水俣乗越から槍沢大曲りに下りるルートですけど。

当初は天狗原経由でと思ってましたが、
昨日の槍沢登りで遠望しても残雪が多く、一部夏道は見えてるが残雪の上は歩いた痕跡が確認できず。

で、山荘で相談。
「天狗原は雪いっぱいですよ」
   「じゃあ、水俣乗越から降りるのは?」
「そっちは大丈夫、東鎌は雪ないっす」
   「ありがとうございます、では東鎌から(^^)v」


殺生ヒュッテと、稜線上にはヒュッテ大槍。いいねえ。
P7120225.jpg

振り返ればこれだ!
P7120229.jpg
P7120230.jpg

道は稜線上を通ったり、巻いたりして。
P7120231.jpg

何度となく振り返り、遠のいていく槍ヶ岳山荘。
P7120237.jpg

殺生ヒュッテへの分岐。
P7120238.jpg

またまた振り返り、槍ヶ岳。たまらん!
P7120239_20130720235456.jpg

ヒュッテ大槍。
槍沢からのジグザグ登りはきつそうだ。
P7120240.jpg

槍沢方面。沢筋には残雪が多そう。
P7120242.jpg

稜線上の花
P7120232_20130721214113.jpg P7120233_20130721214112.jpg

P7120235.jpg P7120244.jpg

P7120247.jpg P7120272.jpg

足元からはライチョウも。
P7120253.jpg

P7120254.jpg

この先の大きく切れ込んだところが水俣乗越。
P7120257.jpg

うっ!案外手ごわいかも。
P7120259.jpg

槍ヶ岳と北鎌尾根。
北鎌、やっぱすごいね。
P7120260.jpg

ここは鉄ハシゴ、しっかりしてるので安心。
一部は木製ハシゴ、これは少々恐い。
P7120261.jpg

こんなハシゴを下りてきたんだ、と振り返り。
P7120262.jpg

その先も危なっかしいところは続く、続く。
P7120263.jpg

P7120273.jpg

水俣乗越。
直進は東鎌の大天井へ、右は槍沢。
左は北鎌への取りつきルート、エキスパートのみ。
P7120274.jpg

槍沢へ下ります。
P7120264.jpg

P7120284.jpg  P7120267_20130721224412.jpg

P7120269.jpg

途中4人組とすれ違い。

ヘルメットとザイルが見えたので、きっと北鎌だね。
一般の山歩きで、この道を使うのは少ないのでは。

P7120279.jpg
P7120283.jpg

案外簡単に槍沢大曲に到着。
P7120290.jpg

下りてきたルートを振り返り。
右手の鞍部が水俣乗越かな。
P7120292.jpg

槍沢をずんずん下ります。

昨日も登りで通ったが、崩壊が1ヶ所。
斜面に高巻きが切られてます。
P7120293.jpg

P7120294.jpg

残ってる雪も、豪快な水の流れに変わり、それに沿って歩きます。
P7120297.jpg

横尾で昼。
槍ヶ岳山荘の弁当。
これが有名な山荘おこわ、竹皮包み。
お茶パック付き。缶はオプション、横尾山荘で購入。
P7120301.jpg
これがね、旨いんですよ。松の実入りで、味付けも適度で、腹持ちも良し。

昨日と同じベンチで昼寝、20分。
目覚めスッキリであと3時間弱。


DSC06025.jpg

DSC06028.jpg

3連休の前日、山へ向かう人も多いように感じながら上高地入り。
お決まり河童橋。
DSC06035.jpg

で、またお決まりの上高地ソフト。
DSC060431.jpg
ソフトクリーム、今日2個目。通過予定の徳沢園でも。
徳沢園のベンチではみんな食べてるわけですよ。そのまま通過も出来ないんで。




早い梅雨明け直後、抜けるような夏空。
3連休前、小屋も余裕。
いい時に行けました。

一昨年、常念岳から蝶ヶ岳。そこから見た槍と穂高。
いつかはあそこへ、という思い。
昨年9月、行ってみるかと奥穂から前穂ヘ。
今年は槍ヶ岳。

初めてのnaoさん、自分もこの辺りは30数年ぶりで記憶は断片的。
条件に恵まれればですが、1泊2日であちこち楽しめそうですね。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

chikoやんさん;

>カッコよすぎ!!!!
槍ヶ岳が、ですよね。

登らなくとも近くで見てるんでも、たまらんですよ。
上高地でも、涸沢まで足を延ばせばもうそこは別世界。お勧めですよ。

  • 2013/07/27(土) 23:04:16 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

青空をバックにした槍ヶ岳。
カッコよすぎ!!!!
ハイマツの濃い緑に残雪&青空。
yosiさんの写真を、目の前の景色として
何度も眺めたくなっちゃいます。

そして…
山荘おこわ。おいしそう♪

  • 2013/07/27(土) 01:25:57 |
  • URL |
  • chikoやん #0iKXazQU
  • [ 編集]

リンゴさん;

天候の良い時に登れました。
一昨年、常念~蝶から見た槍穂に、むらむらと再び登りたい思いが炸裂!
勢いのある時にと行ってきました。
上高地から各方面、行けますよ(^^)v

  • 2013/07/24(水) 00:03:58 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

上高地からの往復というベタなコース取りですが、復路に水俣乗越経由と色をつけてみました。
少しでも東鎌を歩けて良かったです。
上高地入りですと、1泊でもあちこち登れますね。少々遠いのが難点ですが。

  • 2013/07/23(火) 23:52:07 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ブルさん;

天候の条件に支えられての2日間でした。
ブルさん、焼岳から見た風景を、今度は槍穂からご覧になってみませんか。
涸沢、槍沢まで上がればもうちょいです。

  • 2013/07/23(火) 23:45:14 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

自分の車中泊での百名山を巡る山旅とはレベルが違いますね。
空の碧さも素晴らしいし、いつか又、北アルプス縦走を実現したいです。

  • 2013/07/23(火) 08:59:44 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

良い山旅でしたね。
一泊二日で楽しめ、天気に恵まれれば素晴らしいエリアですね。
槍、今年は計画なしですが、このレポみたらどうしようかなと思ってます。

  • 2013/07/23(火) 07:54:46 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

1泊2日とは驚きです。
私だったら3泊4日かと。
青空に突き出る槍。
すばらしいですね。
あこがれちゃいます。

  • 2013/07/23(火) 07:41:59 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/781-3fd3c293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ