いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

八ヶ岳・赤岳、晴れ!-3

【八ヶ岳・赤岳】2013.03.29--30

3/29 美濃戸口--美濃戸--北沢--赤岳鉱泉
3/30 赤岳鉱泉--行者小屋--中岳のコル--赤岳--地蔵尾根--行者小屋--南沢--美濃戸


さすがに山頂は風が強く、長時間滞在は無理。
頂上小屋、北峰へ向かいます。
DSC05110.jpg
DSC05113.jpg

硫黄岳、横岳。真下には赤岳天望荘。
DSC05111.jpg

東西天狗、横岳。
DSC05115.jpg

DSC05116.jpg

赤岳天望荘の建物周りで風を避けて休憩。
テルモスのお湯でコーヒー、とソーセージ入りひとくちパン。
DSC05118.jpg

地蔵の頭
ここから地蔵尾根を下ります。
DSC05119.jpg

天望荘と赤岳。
DSC05122.jpg

左は中岳、右は阿弥陀。
DSC05126.jpg
登ってきた中岳沢や歩いた稜線、2時間ほど前。

DSC07071.jpg

地蔵尾根も気の抜けないルート。
岩と雪のミックス、階段、トラバース。
DSC05131.jpg

行者小屋が見えます、ほぼ真下に。
DSC05134.jpg

岩稜地帯からダケカンバ林へ。
とはいえ、相当な急勾配。
DSC05138.jpg

阿弥陀と中岳のコル。
こんなところをよく登ったもんだ、と妙に感心。
DSC05141.jpg

行者小屋に着。
DSC05142.jpg

陽だまりのなか、2回目の昼。
DSC04083.jpg

下り道は南沢で。

振り返り、横岳。
DSC04088_20130402225501.jpg

DSC04089.jpg

雪は消えても凍結と泥が交互に現れアイゼンは必須。
DSC04092.jpg
結局、北沢南沢分岐まで着けて、美濃戸の橋のたもとではずすことに。

八ヶ岳山荘、清涼飲料と麦酒風味飲料で喉を潤す。
DSC04095_20130402225500.jpg

小1時間ほどで林道歩き。美濃戸口着
DSC04096.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

trekker-kさん;

少々危ないルートを登ってしまいましたが、天候にも恵まれ、結果オーライでホッとしてます。
美濃戸口までは路面乾燥、美濃戸までも凍結ありですが四駆なら入れたようです。
雪、良いですね。春の八ヶ岳、定着しそうです。

  • 2013/04/14(日) 23:52:26 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

赤岳

遅コメで大変失礼!雪の赤岳、素晴らしいです。やっぱり連休は雪山に行きたくなりました。美濃戸口までの道は、もう雪はなかったですか?

  • 2013/04/14(日) 22:02:09 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集]

リンゴさん;

天候次第ですねぇ。今回はほんと恵まれました。
シーズン中は混雑するでしょうが、山中1泊すると楽しみ倍増になりそうです。
しかも風味飲料じゃなく、本物で。

  • 2013/04/06(土) 22:03:51 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

八ヶ岳

どこを切り取っても素晴らしい風景でしたね。
下山後の麦酒風味飲料が美味しかった事でしょう。

  • 2013/04/06(土) 11:51:57 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/748-6b3eec67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ