いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

八ヶ岳・赤岳、晴れ!-1

【八ヶ岳・赤岳】2013.03.29--30

3/29 美濃戸口--美濃戸--北沢--赤岳鉱泉
3/30 赤岳鉱泉--行者小屋--中岳のコル--赤岳--地蔵尾根--行者小屋--南沢--美濃戸

DSC05106.jpg



3月のバタバタ。
仕事的には年度末と、新卒の受け入れ準備。
私的には息子の卒業、自治会の総会と役員改選、実家の墓参り。
その間に谷川や偕楽園の観梅。


昨年3月に 北八・天狗 で春山に味をしめたnaoさんからは「赤岳行こうよ!」と言われてるし、
自分も学生の時、正月の天泊したが天候で登らずじまい。

鉱泉泊で翌日の天候や状況で、硫黄または赤岳にしようとバタバタの間を縫って決行。



美濃口までクルマを試みるがが、凍結急坂で撤退、Uターン。
美濃戸口から林道を歩きます。
DSC05036.jpg

赤岳山荘前からは赤岳。
DSC05037.jpg

左手、北沢へ向かいます。
DSC05043.jpg

この先、凍結との判断でアイゼン装着。
DSC05045.jpg
DSC05049.jpg
DSC05057.jpg
DSC05051.jpg
DSC05058.jpg

北沢沿いに歩き、赤岳鉱泉に着。
DSC04047_20130401011033.jpg
DSC04045.jpg
DSC05062.jpg

アイスキャンディーではクライミング中。
DSC04052_20130401011033.jpg

赤岳鉱泉、スト―ーブも焚かれて暖か。
早目の小屋入りではこれしかないでしょ。
まず、おでんを注文、ビールもセットで。
IMG_0994.jpg

足りるわけないんで「非常食」に手をつける。
DSC04038.jpg


DSC04039_20130401011033.jpg


夕食、18時から。
今晩の宿泊20人。
メニューは名物ステーキ。
固形燃料に鉄板で焼きながら。ここでも当然ビールが付くわけでして。
DSC04064.jpg
DSC04061.jpg
DSC04062.jpg

泊は大部屋。
DSC04060.jpg
と言っても、広間を中心に両サイドに20人のベッド状、ブルーヒーターが全開。
布団はブレスサーモ、何枚使ってもOKとのこと。
隣とはすき間が空いての布団の配置。
シャツ1枚で布団も掛けずに寝いてしまったほどの快適さ。


酔いと満腹とポカポカで20時ダウン。
強いはずのnaoさんも早々にダウン。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

リンゴさん;

赤岳鉱泉泊が目的でもありました。
山小屋とは思えない料理です。
ゆっくりできましたけど、シーズン中が激混みのようです。

  • 2013/04/02(火) 21:29:30 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

赤岳

お~っ、晴れているじゃないですか!
谷川岳に続いての八ヶ岳、充実した雪山登山であったと思われます。
それにしても赤岳鉱泉の名物ステーキ、信じられないほど分厚いですね。

  • 2013/04/02(火) 06:35:33 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

鉱泉までは雪も少なめに感じました。3月の暑さのせいでしょうか。
昨年、yamasanpoさんの赤岳行きが強い影響力を持ってます。
小屋泊まりも楽しみの一つですね。

  • 2013/04/01(月) 22:07:45 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

雪の八ヶ岳、良いですね。
天気にも恵まれたようで最高の展望が得られたことでしょう。
赤岳山荘も良いですね。自分も好きな山小屋です。
続きも楽しみです。

  • 2013/04/01(月) 20:01:22 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/746-37951a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ