いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

吾妻連峰・・2 ~一切経山へ

【吾妻連峰・・2】 ~一切経山へ  2012.10.25-26

浄土平-鎌沼-谷地平湿原-東大巓-明月荘(泊)-東大巓-昭元山-烏帽子山-家形山-一切経山-浄土平

うっすらと明るくなったころ目を覚まし、窓から外をチラ見。 ガスでまっ白。

ニ度寝を決め込み、6時30分に起床。


小雨の湿原から出発。
DSC02621_20121028224600.jpg

降ったり止んだりだが、装備は完全雨仕様。
DSC02623_20121028224600.jpg

昨日から比べ水は4Lから1Lに減り、食料も昼分を残して腹に詰めたので45Lのザックは余裕ができてます。
んでもって軽い。

東大巓 1927m
DSC02624.jpg
山頂は縦走路から外れているので、寄ってみれば笹原を切り開いただけ。

昭和の案内板が多数あり、迷う事はないようです。
が、笹やぶは濃く、雨より笹で濡れるほうが多し。
DSC02627.jpg


昨日登ってきた谷地平への分岐を過ぎ、最初のピークが 昭元山 1892m 
通過点のような山頂です。
DSC02629_20121028224559.jpg

それでも雨は上がり、これから先が見渡せるようになりました。
烏帽子岳、ニセ烏帽子、平たいのが家形山、奥に一切経山。
DSC02630.jpg

道はこんな岩だらけか、藪に隠れた泥だらけ。
DSC02633.jpg

烏帽子山へ登り始めると、雲が一気に切れて青空が。
DSC02636.jpg

烏帽子山 1879m
DSC02638.jpg
この山頂付近だけが岩で構成されてます。

来た道を振り返り。
昭元山、東大巓、奥は弥兵衛平。白い明月荘も確認。
DSC02645.jpg

縦走路は相変わらず笹やぶと泥寧。

ニセ烏帽子山 1836m も縦走路の通過点。
DSC02646.jpg

ほどなく北方面の姥湯に下る分岐点。
DSC02647.jpg
小屋のノートを見ると、山形側の姥湯や滑川温泉から登ってくる人も結構います。

道沿いの湿地。ミズバショウか。
DSC02651.jpg

家形山 1877m
実際のピークはこの先にあるようですが、この山、山頂が四角いんで標識はここに。
また山形側の滑川温泉や五色温泉への分岐でもあります。
DSC02653.jpg
一休みしていると逆方向からソロの方が。
しばし立ち話。今日は明月荘泊まりとか。

家形山の端に出れば、そこはもう五色沼の広がる世界。
DSC02656.jpg

沼を見ながら昼。
濡れた靴を脱いで足を開放。靴下から湯気が。
DSC02660.jpg

本日最後の登りで 一切経山 1948m  へ。
DSC02674_20121028224721.jpg

誰が撮っても同じ構図になってしまう五色沼 魔女の瞳 。
DSC02664.jpg

一切経からは左に吾妻小富士、右に酸ヶ平を見ながら気持ち良く下山。
DSC02677_20121028225827.jpg
一切経山までなら昼からでも十分なので、登ってくる人ともすれ違います。

振り返ると酸ヶ平避難小屋。
DSC02681.jpg

浄土平を目指して下山。
DSC02685.jpg

DSC02692.jpg

DSC02696.jpg

DSC02703.jpg

この辺、ホシガラスが多いようです。
DSC02705.jpg

浄土平に着。
DSC02707.jpg

ドライブ、観光バス、二輪。
ここ浄土平は多くの人でにぎわってます。


ブログ等では「藪こぎ」「泥だらけ」「次は行かない」など不評。
ある程度は覚悟してきましたが、なるほどその通り。

歩いてる最中はそう思ってましたが、振り返ってみるとなかなか良いではないか。

また、東西をつなげて歩きたいものです。 今度はゴム長で。




帰りは猪苗代方面にクルマを走らせ、沼尻温泉へ。
DSC02712.jpg

沼尻高原ロッジ、田部井淳子オーナーの宿。
目の前が沼尻スキー場。
DSC02713.jpg
とても感じのいいロッジです。泊まってみたいものです。



明月荘 715
東大巓 750
昭元山 840/845
烏帽子山 920/935
ニセ烏帽子 1005
家形山 1045/1050
五色沼 1120/1200
一切経山 1230
浄土平 1330



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

trekker-kさん;

繋げたいですね。
まあ今回はその下見ということで。
小屋もこのルートに西吾妻、谷地平とあるのでうまく使えそうです。

  • 2012/11/04(日) 08:13:05 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

吾妻

吾妻は小富士の周辺しか行ったことがありません。東吾妻と西吾妻を結んで歩いてみたいと思ってました。途中の避難小屋も快適そうですね。参考になりました。

  • 2012/11/02(金) 21:35:44 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集]

mimozaさん;

こんにちは、mimozaさん。
ご覧いただきありがとうございます。私からもご訪問していたのですよね。

吾妻山、良いタイミングで天候回復しラッキーでした。
mimozaさんも行かれたのですね、ガスで惜しかったですね。ぎりぎり降雪の前でしたら間にあうかも、です。

  • 2012/10/31(水) 15:41:47 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

こんにちは


いつも訪れる山々の景色、楽しみに拝見させていただいています。

憧れの・・・魔女の瞳、
見えたんですね・・・羨ましいですぅ。

私も再度挑戦するつもりですが
さすがにもう寒いですよねぇ?

  • 2012/10/30(火) 17:34:21 |
  • URL |
  • mimoza #219/xoDo
  • [ 編集]

ブルさん;

途中で天気はがらっと変わったんで良かったですよ。
やはり五色沼は色が出てないとね。
吾妻を東西つなげると真ん中が明月荘なんで利用率は高いようです。

  • 2012/10/29(月) 22:46:34 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ERさん;

ERさんなら明月荘が見えた時の嬉しさを分かっていただけそうです。
ここ狙いのきっかけはERさんのブログなんです。○○小屋ってこんなだよーって記事で。
笹やぶと泥にいじめられたわりには、また行く気になってます。

  • 2012/10/29(月) 22:03:58 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

那須美さん;

沼尻、行かれてましたか。
ここゲレンデと宿が直結なんですよね。
スキーでは行ったことが無いのですが、昔ながらの温泉+スキーには良いところだと思いますよ。
このロッジと温泉、気に入ってます。

  • 2012/10/29(月) 21:53:08 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

やっぱり晴れがいいですね。
魔女の瞳のブルーがひときわ美しく
見えます。
明月荘に泊まる人ってけっこういるん
ですね。

  • 2012/10/29(月) 21:40:29 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

あ~素敵ですね♪♪

大倉新道は沢だか道だか分からない悪路なので、稜線に出て明月荘が見えた時の感動はひとしおですね!

展望があまり得られない山域ですが、烏帽子山から見下ろす谷地平湿原の花色が見事ですので、次は、花の季節にぜひ東西をつないでくださいネ♪

  • 2012/10/29(月) 09:48:21 |
  • URL |
  • ER #iWfHidvU
  • [ 編集]

〆の温泉! 良いですよね~。

またまた山地図出してルート見てます・・指で辿って画像をみて 楽しいですョ!
 沼尻! 懐かしい。 家族でスキーに行ってゲレンデ前の宿に泊まりました。 リフトの真下で焼き鶏を焼いていて 臭いに引き寄せられた記憶が・・。 ナイターも楽しかったなぁ~ 一歩出るとゲレンデなんですよね~。男坂 女坂なんて 面白いゲレンデ名がありました・・もうスキー止めちゃったけど 画像みて温泉に入りに行きたくなりましたよ。

  • 2012/10/29(月) 07:37:58 |
  • URL |
  • 那須美 #J87UNsHM
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/700-5bf38d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ