いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

谷川岳~蓬峠・・2 谷川岳-蓬峠

【谷川岳~蓬峠】・・2 2012.10.11-12

土合-天神尾根-谷川岳-一ノ倉岳-茂倉岳-武能岳-蓬峠-土樽


トマノ耳を後に稜線を北上。

右手には朝日岳、笠ヶ岳、白毛門の山並み。
DSC04224.jpg

一ノ倉岳への登り。  右後ろには七ツ小屋山と三角ピークの大源太山。
DSC04225.jpg

稜線上にあるノゾキ
DSC04227.jpg
これ以上は無理。

一ノ倉岳へは一直線の登り道。
DSC04229.jpg

振り返れば谷川岳の二つのピーク。
DSC04235.jpg
東側はスパッと切れてる一ノ倉沢の岩壁、西側は笹の絨毯。

DSC04236.jpg


一ノ倉岳 1974m
DSC02458.jpg
ここで昼。

谷川岳から先、ここで初めて人に会います。
芝倉新道(中芝新道?)をのぼってきたとのこと。
マップ上では点線ルートなので状況を聞くと、

「別に問題なし、急だけど。
上りなら草でも笹をつかめるけど、下りはきついね」 とのこと。

ではでは、ここも「歩きたいリスト」に入れときましょ。



この辺から雲がかかり始め、何となく怪しい雰囲気。
ここから蓬峠までは茂倉岳、武能岳を越えてマップのタイムで2時間40分。
12時30分発として、蓬には3時30分には着ける見通し。

茂倉岳へ向けて。
この上りもこたえます。
DSC04242.jpg


DSC04243.jpg
DSC04244.jpg


茂倉岳 1977m
DSC02460.jpg

ここで分岐。
DSC02464_20121015182727.jpg
北上する稜線と西方向の土樽に下る茂倉新道。ここは昨年同じ時期に歩いてます。
谷川岳-2 谷川岳~茂倉岳~土樽 2011/10/12


DSC04250.jpg

武能岳はそのものも大きく、いくつかの小ピークを超えながら。
DSC04252.jpg
DSC04255.jpg
DSC04260.jpg

武能岳 1759m
DSC04265.jpg



武能岳からの蓬峠。
実際に見たかったこの風景。
DSC04263.jpg
4本の道が合流するのがわかります。
武能岳から、清水峠から、土合からの旧国道、土樽からの蓬新道。

土樽の谷川岳パーキングも見えます。時折、自動車音も風にのって。
DSC04267.jpg

武能岳からは雲が低く立ちこめ、雨も。
カッパ無しでは蓬ヒュッテまで持たないな、とカメラを収納し換わりにカッパを着用。


そして、霧の中からは 蓬ヒュッテ 
DSC02472.jpg

このコース唯一の有人営業小屋。
馬蹄形の真ん中よりやや谷川岳寄り。

清水峠の白崩非難小屋か、ここ蓬ヒュッテを利用することが多いようです。

DSC02475.jpg
DSC02477.jpg
要予約なので事前に連絡入れておいたら、この日は管理人が下山中とか。
で、「素泊まりならいいよ」との事で、一人泊まり+自炊となったしだいです。
非難小屋と比べれば寝具付きとはありがたい。

手前1/4が前室・自炊室とトイレ、奥3/4左が2段の寝床、右側は調理場とテーブルを囲むいす、と管理人室。
定員20~30人くらい。
毛布2枚と夏用封筒シュラフ2枚がひとりのセット。
ほかに丸めたシュラフが10個ほど。
ランプです。電気はありません。
水も管理人さんが少し下った水場からポリタンで担ぎ上げです。
飯豊の切合小屋を半分にした感じか。
ほんと、昔の山小屋って趣きです。
北アの小屋しか知らなければ、相当ショックかも。


テーブルの上には、カセットコンロと鍋。
鍋の中にはご飯のレトルトパックとインスタントラーメン。
蓋には「非常用」と書いてあります。
こんなところに「本物の山小屋」と「管理人の人柄」を感じます。


小屋前のテント指定地にツェルトが一張り。
外で食事中の若者に声を掛けてみると、旧国道を土合から来たとのこと。
ツェルト初体験を一ノ倉沢出会いでやろうとしたら、通行人が多くて落ち着けない。
時間もあるんで蓬峠まで登ってきたとのこと。
「一人じゃなくてホッしました、安心です」
いえいえ、こちらも一人よりは心強いし。



日没前、小屋から出てみます。
ガスはかぶったり、取れたり。
DSC02480.jpg
DSC02481.jpg


早めのひとり宴会。
DSC02485.jpg
おでん、ソーセージ、プレモル、ワイン。
ソーセージを焼くにはクッキングペーパーを敷くと後始末が楽です。
ソーセージは冷凍状態を缶ビールと抱き合わせ、ビールも冷えててソーセージも冷蔵状態。
スタンディングパックのワイン、これ便利です。

食事の後は、山雑誌を読みながら眠くなるまで。。。
DSC02488.jpg



オキノ耳 /1100
一ノ倉岳 1200/1230
茂倉岳 1250/1300
武能岳 1430/1445
蓬ヒュッテ 1530



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

ブルさん;

やはり谷川岳、2日間もいい条件は与えてくれませんでした。
混雑してるのはロープウェイ~谷川岳で、あとは静かなもんです。
無人の営業小屋で一人泊まりとは、滅多にないことです。

  • 2012/10/17(水) 23:04:51 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

なかなか味のある山小屋ですね。
こんなところで一人宴会もやってみたいです。
天気がちょっと残念ですが・・・
晴れていれば満点の星でしょうね。

  • 2012/10/16(火) 20:56:35 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/695-588b5424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ