いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

飯豊山 川入から本山へ~2

【飯豊山】 2012/07/27-28

7月28日  切合小屋-飯豊本山往復-切合小屋-三国岳-御沢キャンプ場/川入


何人かが起きる気配。
切合小屋、3時30分。

暑く、寝苦しい夜でした。
すき間なく並んだ人間から発する熱は相当なもの。
シュラフには入らず敷布団代わりになってました。

出発や朝食のために半分ほどの人が出払ったタイミングで、本山往復の準備。
α米の「わかめご飯」と「五目寿司」に水を入れチャック。

荷物を置かせてもらうお願いをしたら
「いいよぅ、寝たとこに置いといて~、気を付けて行ってらっしゃい」と管理人さんのありがたいおことば。
水とコンロと雨具をサブザックに入れて、本山へ向かいます。


切合小屋を出てすぐに雲の中から日の出。
DSC02028.jpg

DSC02032.jpg

振り返ると切合小屋が朝霧の中に。
DSC02034.jpg

雪渓近くではまだシラネアオイ。
DSC02019.jpg

こんな風景が続きます。ので、スローペース。
DSC02038.jpg
DSC02041.jpg
DSC02043_20120807031436.jpg
DSC02044_20120807031435.jpg

草履塚
奥は大日岳、大きい。
DSC02049.jpg

本山も大きい、こんなスケールにほれぼれ。
DSC02055_20120807031435.jpg
DSC02058_20120808001854.jpg
DSC02060.jpg
DSC02062.jpg
DSC02066.jpg
DSC02068_20120807031535.jpg

岩場を越えたあたりで朝ご飯。
「わかめご飯」と「五目寿司」はザックの中で出来上がってます。
あとは熱いみそ汁で。


山頂付近にはニッコウキスゲの群落。
DSC02070.jpg
この辺からガスと風が出始め、山頂に着くころには視界なしの状態。

飯豊山 2105m
DSC02075.jpg
湿った風が吹き付けるので、カッパ着用。
山頂付近は回復の兆しもないようなので、下りに掛ります。

登りには気が付かなかった花たちも数多く、のんびり歩きます。
DSC02078_20120807031533.jpg
DSC02081.jpg
DSC02082.jpg
DSC02088.jpg
DSC02089.jpg
DSC02090.jpg

振り返れば本山小屋。
DSC02093.jpg
DSC02094.jpg

切合小屋で朝食を取ってから出た人たちが登りに掛ってます。
DSC02103.jpg
2階に宿泊の団体さんが大日岳往復とか。

DSC02108.jpg
DSC02111.jpg

戻った切合小屋で荷物をまとめます。
DSC02116.jpg

三国岳へと向かう道。
P7280068.jpg
雪渓横断中は大日杉口へと向かう道。


昨日通った道ですが、方向が変わるとまた新鮮なもの。


三国岳避難小屋、11時。
昨日と同じ時間、ここで昼。
切合小屋泊りのアドバイスをもらった管理人さんにお礼とあいさつ。
ついでに缶ビール購入。
水場が近くにないはずなのに、缶は冷えてました。
これは、ほんとうれしいもんです。


三国岳のすぐ下は岩場地帯。
P7280073.jpg
P7280076.jpg

P7280077.jpg

長い下りも終えて、林道までくればフィナーレ。
P7280081.jpg

自分は実に30年ぶり、naoさんは絶対行きたかった念願の山。

梅雨明け直後の金曜~土曜でしたので、ある程度混むのは予想してましたが、これほどまでとは。
山は大きいので入山者をのみこめるでしょうが、小屋の数と収容人数がキャパオーバーかな。


2100mの標高にしてこの残雪。
雪解時の植物と、夏の花が隣り合わせ、いい山です、ますます好きになりました。


そう、これが言いたかったのです。 飯豊はイイデェ~



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

ブルさん;

スケールは大きいですね。でも稜線まで上がってしまえば、もう展望と花の街道ですよ。
非難小屋も適所にあるので、自分に合ったコースを組みやすいですね。
ぜひ!

  • 2012/08/10(金) 23:55:37 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

なためさん;

そうだったのですか。
山都駅も新しくなったようです。古い田舎の駅前から小さなバスに乗った記憶があります。
エブリ差までの縦走は、歩きがいが在りますね。

  • 2012/08/10(金) 23:42:20 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

rikoさん;

お手軽の川入からの往復でしたが、山も花も楽しめました。
30年前はこんなに込んでなかったように思いますが。。
お近くなんだから、ぜひ!

  • 2012/08/10(金) 23:21:54 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

おはようございます。
飯豊はほんとうにスケールが
でかいという感じですね。
体力があるうちに行ったほうが
いいと言われますが、なかなか
難しいです。
花もたくさんあり、登った充実感が
たまらないでしょうね。

やっぱり言ってしまいましたね・・・
飯豊はイイデェ~

  • 2012/08/10(金) 10:28:55 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

懐かしい飯豊!

yosiさん!
なためも飯豊山は思い出深い山なんです。
女房と知り合ったのは山都の駅でした。川入から縦走して大石部落まで・・・・今から40年も昔の話です。

  • 2012/08/10(金) 07:30:24 |
  • URL |
  • なため #-
  • [ 編集]

なつかしの飯豊!

飯豊山に行ってこられたのですね~。
お天気良さそうでよかったですね。登山客、この時期はやはり多いですね。

私も高校のときに縦走して以来、登ってなくて、最近また登りたいと思っている山です。
川入からの登りがめちゃめちゃきつかったような記憶があります。当時は道具も重いし、食料も縦走路3泊分+テントでバテバテでした。でもお花畑がすばらしいかった。
そのうち挑戦したいですね~。

  • 2012/08/09(木) 08:26:54 |
  • URL |
  • riko #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/677-a1951908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ