いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

月山  板納めと山歩き

【月山】 2012/05/29

姥沢―リフト―牛首―月山―牛首~月山スキー場―姥沢


行けそうで、行きそこなってる月山。

お遊びで購入した板の筆おろしと板納めを同時に、
また、行ければ山頂までの山歩き、と欲張り月山まで。


姥沢の駐車場、クルマは10数台。
薄曇り、スキー場あたりは見えてますが、月山山頂は雲の中。
DSC01330_20120529235623.jpg

リフト乗り場まで雪道を歩いて15分ほど。
DSC01332_20120529235623.jpg

雪上車に板を積んでもらうサービス(有料か?)もあるようです。
ちょうど雪上車が到着、手ぶらのスキーヤーが集まってました。
DSC01333.jpg

リフトはペアのこの1本。
積雪は多く板を履いたままリフトへ。
DSC01334_20120529235621.jpg

リフト山頂駅。と同時に月山登山道の入口。
DSC01400.jpg
さてと、板をザックにくくりつけ登りにかかりますが、行く先の山頂は見えないし、夏道も雪の下。

とりあえず歩き始めようとしたら、後ろから単独の登山者。
話しかけてみると、月山山頂往復の予定で、昨年秋に湯殿山から歩いたが途中で断念。
地理感は何となくあるけど雪の上は不安とのこと。

こちらも不安なので、どちらからともなく「じゃ、一緒に」とアイコンタクトで、付かず離れず歩くこととなりました。


しかしなかなか早い方で、その差はひろがる一方。
DSC01346.jpg
まあ、共に行動という協定を結んだわけではないので、気は楽ですが。

姥ヶ岳を経由せず、牛首に直接登るルートで歩きます。

雪崩が起きる地形ではなさそうですが、こんなクレバスが走ってたりします。
浅いものですが、調子こいて滑ってたら突っ込みますね。
DSC01343.jpg

夏道が見えてきたこのあたりが 牛首(でしょ)。
ここから上を見ると急斜面、スキーの跡無し。
で、ここに板をデポ。
DSC01347.jpg

振り返ると姥ヶ岳方面。 稜線は雪が消えて夏道も露出してます。
DSC01348.jpg

鳥居の雪囲い。
山頂は見えないが、ここまでくればも少しのはず。
DSC01354.jpg

いかにも参道のような石畳を山頂へ。
DSC01361_20120529235745.jpg
しかしこの靴は歩きにくい。
一応、皮製の山靴だが、山スキー用に仕上げてもらったものだから、堅い、重い、深い!
雪の上はいい感じなのだが。


ここをくぐると 月山1980m 山頂、まさに聖域。
DSC01365.jpg


先に到着していた未協定同行者は先に下山。
お互い出た言葉が 「一人じゃ登らなかったかもね、ありがと」。


この付近、風が強い。
月山小屋もクローズ。入れる建物はトイレだけ。
とりあえず小屋陰でパンをほおばり、下山。


DSC01370_20120529235850.jpg

ロープで囲われ保護された一角には花を付けてるショウジョウバカマが。
あと一カ月もすれば見事なお花畑になるでしょ。
DSC01372.jpg

ガンコウランやイワカガミ。
DSC01377.jpg

コバイケイソウ。
DSC01356.jpg

板デポまではグリセード。
ストックなので不安定だが、まあ気持ちよく、かつ時間の短縮。
DSC01380_20120529235843.jpg
単独の方が登ってきました。
これで月山山頂へは3人目。


デポ地まで下ると風もなく、雲も切れ、一部青空が。
夏道の露出した岩に陣取り、昼。
まずは月山に乾杯、ご神酒ということで。
DSC01388.jpg



月山山頂の目的は達成。
あとは第2の目的、「滑る」こと。
DSC01393.jpg
今日はこんな格好で。
シーズンオフの処分品で入手した青森スキー製作所の130㎝。オクで新品(モデルは古いんでしょうけど)居酒屋1回分。
それに昨年オクで落札したジルブレッタ300。
これはフィッシャーの山板付きだったので外して付け替え。
山板は 山靴ラック に変身。


さて、滑ります。
いい斜面です。
DSC01397.jpg
西俣沢に下ってしまうと這いあがるのがしんどそうなので、出来るだけ右の尾根沿いに。
無理そうな斜面は斜滑降とキックターンの繰り返しで。

途中、テレマーカーのふたりと遭遇、立ち話。
あのカッコいいスタイルに見とれてしまいました。

そして月山スキー場に合流。
上級者向けのコブ斜面と、こちらは中級者向けの沢コース。
もちろんこちらへ。
DSC01401_20120529235955.jpg

この山靴と130㎝の板、思いのほか良さそうです。
短めなんで直進性は悪いでしょうが、まあ軽くてサイドカーブもあって、へたくそのいう事を聞いてくれます。

リフト乗り場まで着いた後、もう1本ゲレンデを滑ってきました。


左は姥沢小屋。
ここからは担いで登ってきた道を、板に乗っかって楽ちん下山。
DSC01413.jpg

姥沢駐車場からの月山スキー場。
斜面のコブが良く見えます。
DSC01416.jpg

完晴れではないにせよ、山歩きとスキーを一緒にできて満足。
この130cmの板も使えそうです。



DSC01419.jpg
途中、残雪と新緑のブナ林が。


月山、スキーだけに行くのも、花の季節に出かけるのもまたいいものです。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

本山さん;

もともと多いところですが、今年はかなり大量のようです。
思いのほか楽しめましたよ。

  • 2012/06/04(月) 22:19:02 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

月山

月山

スキー山行

御疲れさまでした。

レポート見ました。今年は雪がおおそうですね^^

  • 2012/06/04(月) 08:31:55 |
  • URL |
  • 本山です #-
  • [ 編集]

みいさん;

地元の方の話だと、今年は多いようです。
月山ゲレンデもスケール大ですが、その上がもっと楽しい部分です。板を担いできたかいがありました。

みいさんのブログを見てると、みなさん神様に思えます。あんな滑りをしてみたいと、つくづく思いますよ。

  • 2012/05/31(木) 22:32:37 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

那須美さん;

そうですね、近くにもこんな名前がありました。
「牛首」なんて背骨を稜線に例えて首の後ろのくびれた部分、でしょうか。
朝日岳も○○槍もあちこちにあるようですね。

  • 2012/05/31(木) 22:10:25 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

リンゴさん;

麓は晴れてたんですけどねぇ。上も完晴れなら朝日連峰はじめ最高だったんでしょうけど。
リフトも使えるし、危険な個所もないし、残雪歩きも十分楽しめますよ。

  • 2012/05/31(木) 22:04:48 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ろみさん;

ええ、ブルーモリスです。
あの銘板「八甲田」からウロコ付き、シール付きまでラインアップのある実力派銘門です。
国産メーカーがバタバタ消えた中、雪国に密着し、電線巡視用、自衛隊用に使われているのがエライ!

  • 2012/05/31(木) 21:58:26 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

このGW行こうと思ってた憧れ月山・山スキーー^^
まだまだ滑れますね~^-^
鳥海山とダブルでいつか滑ってみたいです!

山靴と130㎝の板・・・これで滑れる技術が凄い!!
こちらは、とにかく滑るのが苦手=下手なんで・・・(笑)

  • 2012/05/31(木) 21:47:39 |
  • URL |
  • みい #-
  • [ 編集]

井の中の蛙で 那須から殆ど離れません  「月山  姥ヶ  牛首 」なんか聞いた事あるような・・これ山の共通語?

  • 2012/05/31(木) 20:08:49 |
  • URL |
  • 那須美 #J87UNsHM
  • [ 編集]

月山で

登って滑って・・・良い板納めとなりましたね。
白と緑のコントラストも清々しい感じです。

  • 2012/05/31(木) 06:56:55 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

青森スキー製作所!

青森スキー製作所。青森に行った時に工場の前を通りました。青森県は一般人が結構、春山スキーするので山スキー人口が意外と多いんですよね。4月やGWに岩木山の春山スキーに行くと、大勢の市民(山スキーヤ―ではない)が長靴で山を登り、春山スキーを楽しんでいました。新緑の春山のザラメを滑ると、麓の桜霞に向かって滑ってるようで、山スキーの締めくくりには最高のシチュエーションです。

  • 2012/05/31(木) 01:10:28 |
  • URL |
  • ろみ #G/R0oQrY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/661-c6647124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ