いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

スパッツ改造計画

マンモス印のロングスパッツ。

某オークションで1円スタート、400円で落札。
送料が1500円、中国からの国際宅配便なんで。
DSC00144.jpg
アウトレット品とのこと、どんなものだか見てみたくて。
但し本家本元にはこのタイプのロングスパッツ(最近はゲーターとか言うそうだ)は見当たりません。
で、全く別のタイプが存在します。

本物がないのだから偽物ではない、かな。

材質はコシのあるナイロン生地に、裏はポリ系のコーティング。
後ファースナーでベルクロのカバーで覆われます。
底ベルトはナイロン20ミリテープ。
あらかじめ長さを調整しておいて、つま先を入れてから後ファースナーで留めるタイプです。

縫製はかなり適当。曲がっていたり、外れていたりで。
DSC00145.jpg


これは昨年までの現役。ファースナーが咬まなくなったのでやむを得ず使用終了。
使いやすかったんですがねぇ。
DSC00148.jpg




さて、マンモス印のまがい物。
どーする?

使おうと思います、手を加えて。


ナイロンの底ベルトが気に入らない。

後ファースナータイプは後ろでかみ合わせにくいので、
前で噛まして少々引き上げてからクルッと180度回して、
それから底ベルト(ゴム製)をフックで引っ掛けてました。

マンモス印にフックを付ける方法を探ってみましたが、
フックそのものが入手できず断念。

それじゃフックの付いてるミミごと移植すりゃいいじゃん、
と慎重にミミだけ外します。


こんな感じです。
DSC00149.jpg


ミシンでも使えりゃちょいと出来るのですが。


お手軽で見た目がいいのがリベット、いわゆるカシメ。
穴あけポンチが見当たらないので、キリで穴あけて、生地の目が閉じる前にカシメのオスを差込んで。
1枚に3か所打てば持つでしょ、根拠はないですけど。
DSC00152.jpg

付けてみるとこんな具合。まあいいでしょ。
DSC00158.jpg


もともと付いてた底ベルト、40センチが2本。
半端な長さだな、と思いつつ何かに使えそうと思いついたのがこれ。
アイゼンケースの留めベルト。
DSC00161.jpg

もとはハトメにヒモを通した巾着式でしたが、
袋の内側もヒモが通るんで、出し入れに爪とか突起が引っ掛かるんです。
20ミリのバックルは手持ちがあったので、袋の底部にリベット留め加工。
DSC00162.jpg

キスリングを想わせる帆布製、古いけどまだ使いますよ。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

ろみさん;

昔ながらのこのゴムベルトがお気に入りなんですが、現行品では見当たりません。
スペアを確保して大切に使ってます。
ミシン使えるといろんな工作が出来るんですが。。。

  • 2012/02/12(日) 23:36:56 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

使いやすそう!

フックにゴムベルトは使いやすそうですねっ。
ベルトが汚れても簡単に洗えますねー。

  • 2012/02/12(日) 22:54:45 |
  • URL |
  • ろみ #G/R0oQrY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/626-7da0b903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ