いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

足尾・松木渓谷

【足尾・松木渓谷】2012/02/01
DSC03175.jpg

日光から日足トンネルを抜け足尾の街へ。
かつて鉱山で栄えた街並みを抜け、銅親水公園
DSC03123.jpg
この先は工事車両のみの通行で、一般車はここが実質終点。
でもあり、松木渓谷の入り口でもあります。

一般車通行止めゲートを脇から入り、しばらくは工事の車両が時々通る簡易舗装の道路。
河原ではバックホゥとダンプが作業中。
DSC03126.jpg

道路わきに法面には緑地化のための植林がされてます。
DSC03127.jpg
↓に食われないようにネットの保護付きで。
DSC03128.jpg

DSC03132.jpg

DSC03133.jpg

DSC03137.jpg

DSC03139.jpg

大ナギ沢出会いにあるゲート。
ここまではクルマは入れます、許可車両だけですが。
DSC03143.jpg
この車両には「環境調査中」のステッカー。
この先、対岸に三脚と人影があったので聞いてみると、野鳥の調査とのこと。



DSC03148.jpg

これが ジャンダルム か?
DSC03146.jpg
DSC03151.jpg

この先、松木沢を詰めれば皇海山近くの稜線に出られます。
もっとも沢とヤブで、玄人向きのルートですが。
DSC03171.jpg
DSC03158.jpg
DSCF0238.jpg
DSCF0239.jpg

斜面に刻まれた道路、本来は車両も通れたはずですが土砂崩れや落石で、
路面は完全に埋もれ、ガードレールは激しく曲がり落下しているのも。

銅親水公園から2時間。

空模様も怪しく、小雪が舞い落ちてきます。
足元の積雪も奥に入るに従い多くなってきます。


正確な現在地は不明ですが、今日はここまで。

ちなみに目印は野ざらしのブルドーザーと仮設のトイレ。
昔の工事関係のものと思われます。

DSCF0245.jpg


復路では雪も本降りに。
DSCF0260.jpg
鹿は元気です。

振り返ると、上の方は相当降ってるようです。
DSCF0264.jpg

昨年2月のyamasanpoさんの記事↓に影響を受け、ぜひこの目で見たく、出かけました。
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/blog-entry-332.html

この季節ですと、完全なモノクロの世界。
日本のグランドキャニオンと称されますが、沢を含めた全体を見るとまさにその通り。
上部の岩場を見れば、どこかのアルプスのようでもあります。



壊れるのは早く、復旧は多くの歳月がかかる。
ある意味、この壊れている自然も見方によっては美しい、素晴らしいと感じる自分。
こうなった背景と歴史を考えると何とも複雑な思いです。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

trekker-kさん;

すごいですよ、ここ。
写真を切り抜いたら、穂高です。ジャンダルムと名付けられた岩もありますし。
歴史的背景を考えると軽々しくは言いにくいですが、すごいところです。
雪のない季節も訪れたいものです。

  • 2012/02/07(火) 23:12:39 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

今年はここは見ておこう、と雲龍渓谷、スッカン沢を棒に振り出かけてきました。昨年のyamasanpoさんの影響大です。
事前の知識不足で松木沢に合流する沢の名が分からず現在地もあやふやでしたが、その「すごさ」には感動です。
足尾、これだけではすまなさそうです。

  • 2012/02/07(火) 23:03:24 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

最初の写真だけ見ると、まさに穂高か剱かといった風情、雪がふると山の表情ががらりと変わってしまいますね。

  • 2012/02/07(火) 21:47:45 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集]

荒涼たる風景に雪はあいますね。
今年も行こうと思ってましたが、時季を失ってしまいました。
足尾のエリアは良くも悪くも魅力あるものです。
今年は足しげく歩くことになるでしょう。

  • 2012/02/07(火) 15:18:32 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

ブルさん;

日光の山々と繋がってますが、また別の存在感のある足尾です。
ここ松木沢一帯はこんな感じですが、庚申山、袈裟丸山は緑と花が美しい山です。
案外行きやすい地域かもしれません。

  • 2012/02/06(月) 18:20:12 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

日光からはいつも高速で帰ってきますが、足尾方面を通ってみたいと思いました。
木がなくなってしまうなんて・・・どれほどの毒がでたんでしょうね・・・
考えさせられます。

  • 2012/02/05(日) 14:09:25 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

リンゴさん;

重なりますね、現状の問題と。
壊れるのは早いが、復旧は多くの時間と労力が必要です。
歴史的背景の知識が不足だと感じました。

緑が見え始めた季節もいいかもしれません。沢沿いの林道ハイクなら迷う事もないし、のんびり歩けそうです。

  • 2012/02/04(土) 23:46:43 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

やまとそばさん;

ここはぜひ見ておきたいと思いまして。
でも、この先も魅力的ですね。沢を詰めれば国境平に皇海山、となりの沢は阿世潟峠へと。

  • 2012/02/04(土) 23:36:13 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

何と言うか・・・荒涼とした異国のような風景です。
人間が破壊した自然は人間の手によって復旧させなければなりませんね。
でもとてつもない時間を要します。
あの原○事故によって汚染された地球も然り・・・。

  • 2012/02/04(土) 16:28:31 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

松木~

玄人?の行くコースですね。
流石です~♪

  • 2012/02/04(土) 00:52:35 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集]

那須美さん;

美しいです。荒々しい無機質の美。
鉱物の精錬で燃料とする木を切り出し、ガスにより残った草木は枯れ、清流は鉱毒で汚れ、産業は止まったが残されたのがこの現実。
産業と環境、生活と自然。
深い重い話です。
様々な現象にさらされて残ったこの自然。今起きてることに重ねて考えてしまいます。

  • 2012/02/03(金) 22:31:38 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

こんにちは。
足尾銅山観光で坑道には入った事はありますけど この様な山々になっているのですね。 見方にもよるのでしょうけど美しい山々に見えます これって毒の煙で枯れてしまった山ですよね。 
那須町にも渡良瀬遊水池から入植した方達がいるので複雑な気持ちになります。 一度くらい植樹に行ったみたいです。  

  • 2012/02/03(金) 09:41:59 |
  • URL |
  • 那須美 #J87UNsHM
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/623-88292ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ