いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

名勝・雪割橋

雪割橋
DSC03112.jpg
白河から甲子トンネルへ向かう途中、ちょいと横道に入った所にあります。
下に流れるのは阿武隈川。
深くえぐられた渓谷をまたぐ長さ約80mのアーチ型の橋で、川面から橋までの高さは約50mだそうだ。
ここに詳しく出ております。↓
http://www.yukiwaribashi.com/




甲子山も早目に切り上げたので、寄り道。

紅葉は1週間前がピークだったとか。
それでもなかなか見ごたえはございます。

雪の季節もよろしいのでは。
最も名前の由来は「雪の景色を割るような渓谷美」なんだそうだ。

DSC03106.jpg
DSC03110.jpg
DSC03104.jpg
DSC03116.jpg

この雪割橋を渡ると開拓の酪農地帯が広がってまして、
林道を走っていくと二股に分かれます。

右は羽鳥湖スキー場へつながり、
左はグングン高度を上げ甲子峠へ 抜けられます 抜けられました、昔は。

四駆遊びに夢中だったころ、ランクルやジムニーで行ったり来たりしてたところです。
ゴロ石や泥の中を選んで走っていた、遙か昔の若きにのことです けどね。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

nasu240をフォローしましょう


スポンサーサイト

コメント

那須美さん;

同じことやってますねぇ。
羽鳥湖スキー場がオープンする前の時代です。二岐温泉へも抜けられましたね。
甲子峠も赤土の泥濘がありまして 楽しみながら ヒヤヒヤしながら通ってました。
西郷に自衛隊演習場があるからか自衛隊ジープとはよく行きあいました。アンテナ出して通信をやっていたようです。

  • 2011/11/09(水) 23:59:59 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

そう! この道でした。  羽鳥湖スキー場が造成している時 通過して二股温泉まで 行ったような覚えが・・。 
 
甲子峠の下郷からの林道は昔乗っていた ダットラで通ったのですけど 道路が土砂で埋まって一台だけ通過出来るように道が作ってあって 助手席から下を見ると もの凄い断崖で 今でも思い出すとゾ~とします。
裏の席には1歳の娘がスヤスヤ  あの時落ちていたら・・考えてみたら馬鹿な親でした。

  • 2011/11/09(水) 08:15:05 |
  • URL |
  • 那須美 #J87UNsHM
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/595-a253a2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ