いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

谷川岳-2 谷川岳~茂倉岳~土樽 2011/10/12

【谷川岳】10月12日

土合-厳剛新道-谷川岳-一ノ倉岳-茂倉岳-茂倉新道-土樽

トマノ耳を後にオキノ耳へ向かいます。



振り返るとトマノ耳。
鞍部では一仕事を終えたクライマーが登攀具の整理中。
DSC02939.jpg

オキノ耳も混雑中につき、写真はスルーです。

先には、これから歩く一ノ倉岳と茂倉岳。
DSC02942.jpg
素敵な稜線ですねえ。

なんて思いながら鳥居を越したら、

ありゃ、登り甲斐のありそうな一ノ倉岳でした。
DSC02952.jpg

ノゾキからはやはりのぞきたくなる 男の 人間の本性でして、
DSC02955.jpg

のぞいてみると、これ以上は無理。
DSC02957.jpg
湯檜曽川や一ノ倉沢出合のPも見えます。


一ノ倉岳への登り。
道を境に地形は左右で大きく変わります。
会津や越後の山の特徴ですね。
DSC02962.jpg


この辺まで来ると人はめっきり少なくなり、出会うのは馬蹄型縦走の2日めの方々が3組。


手前は清水峠あたり、左のちょこんと槍ヶ岳状が大源太山。  奥が巻機山。
DSC02966.jpg

一ノ倉岳山頂付近は笹原状。
道はしっかりついてます。
DSC02970.jpg


振り返ると2ピークの谷川岳。
DSC02972.jpg
西側の笹原、気持ちよさそ。

一ノ倉岳 1974.2m山頂は通過点状の山頂です。
避難小屋はせいぜい2人が入ればいっぱいの鉄板製。
DSCF9243.jpg

避難小屋、先客おったので、外でランチ。
DSCF9244.jpg
これからの季節はおでん
缶とおでんで一息ついた後は、麺とおにぎりで仕上げ。 なんとも妙な組み合わせ。



一ノ倉山からの茂倉岳。
DSC02974.jpg

茂倉岳 1977.9m 山頂。
DSCF9246.jpg


茂倉岳から下る道。
DSC02984.jpg

もう、それは気持ちよさそな笹原で全面が覆われてます。

茂倉岳避難小屋
DSC02989.jpg
水場は近く、トイレ完備のトップクラスの非難小屋です。


1683ピーク と 矢場の頭
DSC02990.jpg



この辺りの紅葉も見事なもの。
DSCF9250.jpg
DSCF9255.jpg
DSCF9257.jpg
DSC02997.jpg
DSC02999.jpg
DSC03001.jpg
DSC03002_20111016190302.jpg
DSC03005.jpg

左は万太郎山、右後ろは仙ノ倉山。  午後の陽のシルエットで。
DSC03008.jpg

矢場の頭からは一気に高度を落としながら樹林帯へ。

急なうえ、木の根が露出していて、大岩と絡まりあったりで、アスレチックながらに下ります。
登りの方が楽かも。


フィナーレは、車道に出て振り返ると夕方の陽を浴びた茂倉岳。
DSCF9272.jpg

出発地の土樽駅に到着。
6時30分のJRに乗って、ぐるっと歩いて16時着。
DSCF9276_20111016190414.jpg



土樽からは平標山、万太郎山、茂倉岳、蓬峠と放射状に広がっており、
またそれらが稜線で結ばれているおもしろさ。

JR+土合口も絡めれば楽しめますね。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
nasu240をフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

ブルさん;

鉄板丸めたような本当の避難小屋から、立派な小屋まで様々ですが、1泊すると行動範囲は広がりますね。
行きやすいところなので、ぜひ晴れた日に!

  • 2011/10/18(火) 22:12:12 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

やまとそばさん;

マチガ沢からでしたか。
自分も訳わかんないまま連れてかれて、マチガ沢のどこかをやって西黒尾根を降りたら暗くなってた記憶があります。
晴れて良かったです。周辺にもおもしろそうなところが多そうです。

  • 2011/10/18(火) 22:07:15 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

谷川岳の稜線は美しいですね。
私は何も見えなかったので、
この素晴らしい景色に出会って
いません。
いつかリベンジと思っています。

きれいな避難小屋もあって1泊も
いいかなと思いました。

  • 2011/10/17(月) 22:59:46 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

谷川

私が始めて登った時は、マチガ沢からでした。
安全の為、何箇所かザイルをだして貰いましたが草付きから稜線に出た時の、オジカ沢の頭から続く稜線が印象的~でした。
今の時期は、特に素晴らしい光景ですね。
良いな~♪

  • 2011/10/17(月) 22:43:04 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

この日も3人組が宿泊準備中、今晩泊まる2人組が土樽から上がってきました。
水場5分との表示はありましたが、確認はしませんでした。
馬蹄型縦走組、2組とすれ違いましたが、白崩非難小屋と蓬ヒュッテ泊とのことでした。
やってみたいですね。

  • 2011/10/17(月) 21:04:09 |
  • URL |
  • yosi0544 #-
  • [ 編集]

茂倉岳避難小屋良さそうですね。
水場の水量は豊富ですか?
茂倉岳避難小屋泊の馬蹄形縦走を良さそう。

  • 2011/10/17(月) 08:30:19 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/587-305bf136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ