いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

谷川岳-1 厳剛新道~谷川岳 2011/10/12

【谷川岳】10月12日

土合-厳剛新道-谷川岳-一ノ倉岳-茂倉岳-茂倉新道-土樽



派手な土合側と地味な土樽側を結んで歩きたいと、常々思ってました。

蓬峠越えか、谷川岳を越して行くか、万太郎山を経由するか。
ここはやはり谷川岳を押さえておきたいものです。

駐車場から登ってJRで戻るか、先にJRで移動し登ってから駐車場に下りるか。
ここは下山してから数少ない列車を待つこと考えれば、先にJRで移動した方がいい訳です。

歩きだしは土合か土樽か。
土合発の下りは8時30分台、土樽からの下り始発は6時30発。
ここは土合6:30の下りでしょ。



土樽駅は分かりにくく、近くを行ったり来たりしましが、運よく2人のハイカーに遭遇し、場所の聞きだしに成功。
DSCF9196_20111014014258.jpg

6時30分発の水上行きに乗車。
私の他にひとり、万太郎山に登るという方。
DSCF9199_20111014014258.jpg

ほとんど全部がトンネルで土合駅に到着です。
DSCF9200_20111014014257.jpg
上越線夜行で早朝に降り立った登山者でごった返していたのは一昔前のこと。
今では利用者も少なく、当時はおしゃれだった駅舎も寂しそうです。




谷川ベースプラザ、登山指導センターを過ぎ 国道291号線 を歩きます。
数台のクルマが追い抜いて行きました。
平日は車両規制もないし、一の倉沢出合までクルマで行けるので出合辺りの紅葉見物には楽ですね。
DSCF9207.jpg

西黒尾根取り付きを過ぎ、20分ほどでマチガ沢出合。
ここにも駐車スペースがあり、5台ほどが駐車中。
DSCF9211.jpg
その昔、越後から長い道のりを歩き清水峠を越え、この地に合った宿場の明かりが見えたことから
町ヶ沢と名づけられそれがマチガ沢の由来とか。


厳剛新道に入り間もなく見えるのがこれ。
正面右手には マチガ沢
DSC02868.jpg
DSC02881.jpg
朝陽を浴びて輝く岸壁と、張り付く木々。

振り返ると白毛門笠ヶ岳朝日岳
DSC02884.jpg


マチガ沢を右下に見ながら、正面にはトマノ耳、オキノ耳。
登るに従って、岩肌は少しずつ見え方が変わってきます。

DSC02887.jpg

DSC02888.jpg

DSC02892.jpg

DSC02905.jpg

DSC02908.jpg

沢から離れ急坂を登りきるとラクダのコルで西黒尾根に合流。
DSCF9225.jpg

笠ヶ岳や朝日岳も全容を現します。
DSC02913.jpg

西黒尾根
DSC02914.jpg

谷川山頂へ道は続きます。
DSC02917.jpg

DSCF9230.jpg

西黒尾根。
DSCF9232.jpg



天神尾根の天狗の留まり場
DSC02922.jpg

天神尾根を歩くハイカー。
DSC02926.jpg
天神尾根を登ってくる人たちはさすがに多いです。
2時間近くかかる田尻尾根を10分で来るロープウェィはさすがにすごい。

ここで天神尾根と合流。
DSCF9236.jpg

DSC02931.jpg

肩の小屋、オジカ沢ノ頭、万太郎山。
DSC02932.jpg

さあ、山頂までも少し。
DSC02937.jpg



谷川岳 トマノ耳 1963m
DSCF9237.jpg
山頂は写真の順番待ち。
写真撮りを仕切ってるような方がてきぱきとさばいてましたが、
私はその輪になかなか入り込めず、隅っこでセルフ撮り。

雲は少々あるものの、谷川岳では願ってもない「晴れ」の好条件。

さあ、この後は一ノ倉岳を目指して!



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

nasu240をフォローしましょう
スポンサーサイト

コメント

ブルさん;

晴れが少ないと言われてる谷川岳ですが、この日は幸運です
天神尾根は平日でも人が繋がってましたが、谷川岳を外れると人もまばらで静かな歩きが楽しめます。

  • 2011/10/16(日) 23:38:47 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

土樽駅、駅舎の上に高速が通ってまして、道路からは見えないのです。

蓬峠、いいですね。あのあたりの笹原が気持ち良さそうです。

  • 2011/10/16(日) 23:33:54 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

リンゴさん;

山中で会う人、口々にこんな天気は滅多にないよ、申しておりました。
日帰りでもいろんなルート取れるんで、何回通ってもいいかも、です。

  • 2011/10/16(日) 23:30:05 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

いいお天気ですね~。
自分が行った時は霧で何も見えず
トマの耳のみで下山しました。
唯一、肩の小屋のコーヒーがおいしかったことが思い出です。登りなおさ
なきゃとは思っています。

こんな景色だったんですね~。

  • 2011/10/15(土) 23:27:51 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

土樽駅の場所わかりにくいですか。
土樽駅~茂倉岳~一の倉岳(往復)~蓬峠~土樽駅の周回も良いかなと思ってます。
後半のレポ楽しみです。

  • 2011/10/15(土) 08:04:09 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

羨ましい天気

8月に天神尾根を往復した時には生憎の天気で全く展望はありませんでした。
なるほど、晴れていればこんなにも素晴らしいパノラマが広がっているのですね。
巌剛新道、西黒尾根、茂倉新道・・・谷川岳の色んなルートを歩いてみたくなりました。

  • 2011/10/15(土) 06:36:51 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/586-e681f41d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ