いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

安達太良山撤退で、沼尻温泉

少し前のことですが、

8月2日、安達太良山を歩こうと降水確率60%の中、出かけました。

西側ルート沼尻温泉からです。



猪苗代から土湯方面に向かい、途中、中ノ沢沢温泉から沼尻温泉へ。
沼尻スキー場の中の林道を走り、林道終点がスキー場最上部で駐車場。

小雨寄りの霧雨、先客は2台の乗用車。


さてと、上は雨っぽいなあ、と思いつつも行動開始。



ほんの5分も歩けば 白糸の滝 展望台。


霧雨にぬれた ミヤマホツツジ
2010_0802AE.jpg

ミズチドリ
2010_0802AL.jpg

赤い実は アカモノ
2010_0802AQ.jpg

早々下山者に出会いました。
「上、どうでした?」
    『天気が悪いんで、途中から下山ですよお』

しばらくしてもう一人。
「上、行かれたんですか~?」
    『稜線は風が強くて! なんも見えないですよ』


それから少しは歩いてみたものの、
ポケットに入れておいたマップを落としたことに気付き、
霧雨で濡れてる草の中を横着してカッパズボンを付けぬまま歩いたものだから、ズボンの濡れが太ももまで。

↓こんな具合で展望もなし。
2010_0802AM.jpg

やめよっか。

よし、やめた!




と決まれば、下山は早い。

落としたマップも無事回収できたし、せっかくだから寄り道をして 湯の花採取場 へ。
2010_0802AI.jpg

沼尻温泉の源泉で、並んでいる木箱が採取した湯の花。
2010_0802AY.jpg

湧き出る温泉は200径のパイプで山を下って行きます。
2010_0802AZ.jpg
5名ほどで作業をしていたので、聞いてみたら、パイプ内の掃除をしているとのことでした。
パイプ内に硫黄分が付着し、管径が細くなって詰まってしまうので、年に3回ほど行ってるらしい。

パイプに中継の木製マスが設置してありますが、上流マスから前方と後方にロープを付けた金具を入れ、
前方(下流)が引っ張り、止まると後方(上流)で引き上げて水圧(流れ)で落としながら前方で引っ張る。
これを数回繰り返すと、ドロドロの硫黄分が金具と一緒に下方マスから出てくるというもの。

珍しい作業を見物させていただきました。

採取した湯の花は木箱ごとこのゴンドラに載せて、運び出します。
ここは索道の下ステーション。軽トラが横付けできます。
2010_0802BI.jpg


さてと、身体も濡れたし時間もたっぷりあるんでもちろん 温泉!
スキー場入口にある 沼尻高原ロッジ

受付の娘が申し訳なさそうに、
「普段は透明に近いんですが、今日は濁ってるんです。上で管の掃除をしてるようで。。。」

そうか、源泉での掃除がここに影響してるのかと
『年に3回しか入れない貴重な温泉ですよお、ラッキーです』
2010_0802BM.jpg
2010_0802BO.jpg
なるほど!限りなく濁ってます。
浴槽に足を入れると、底はまるで泥の中に踏み込んだよう。
足の甲が隠れるくらいの硫黄分が溜まってました。

先客はいわきの方で、水と温泉を求めて月2回は会津に足を運んでるとか。

ふたりして、「いい湯だ!」『いい湯だ!』とずいぶん入ってました。




さて、ここを訪れた目的は↓
2010_0802BS.jpg

田部井淳子メモリアルホール
2010_0802BU.jpg
2010_0802BZ.jpg
2010_0802CB.jpg
2010_0802CG.jpg
2010_0802CI.jpg
2010_0802CK.jpg
2010_0802CL.jpg
2010_0802CO.jpg
2階の一室には当時モノの山道具や山靴、パネル、写真、表彰状やネパールの郷土品などなど。
館内廊下にも所狭しと山のパネルが展示。

世界最高峰エベレスト8848mに女性世界初の登頂に成功に沸いた昭和50年。
当時は高校生、山に色気が出てきた頃でしたので、写真集や書籍などを読んでおりました。
「エベレスト 女の栄光」は今でも持っております。



田部井淳子オーナーの宿 沼尻高原ロッジ
2010_0802CS.jpg
田部井淳子オフィシャルサイト

泊まりで行ってみたいですね。











スポンサーサイト

コメント

Romi さん;

そーでしたか、常連さんでしたか~。
箕輪から滑って、冷えた身体には最高ですね。
こちらこそ、ご一緒できるのを楽しみにしてますよ~。

  • 2010/09/01(水) 22:58:06 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

山スキーの帰りに。

沼尻スキー場前のロッジの温泉は、箕輪に山スキーに行った帰りに良く入って帰ります。今度はご一緒しましょうね~(←まだ言うか(^^ゞ)。平日のゲレンデ練習には誘って下さい!

  • 2010/08/31(火) 17:23:08 |
  • URL |
  • Romi #G/R0oQrY
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

安達太良山はいろんな口から登れるので楽しみですね。しかも温泉付きで。
紅葉の時期に登りたいと思います。

  • 2010/08/27(金) 08:01:49 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

沼尻温泉からのコース、好きなコースですがご無沙汰してます。
紅葉時期も良いでしょうね。
今度歩いてみようと思ってます。

  • 2010/08/25(水) 11:34:31 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

trekker-kさん;

Q造さん推薦の川の野湯も入りたかったのですが。。
紅葉の時期にでも、またこちらから登ってみようと思います。

  • 2010/08/24(火) 22:58:37 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

沼尻

私は岳温泉からしか登ったことありませんが、沼の平の荒涼とした風景は目に焼き付いています。西側はこうなっているんですね。沼尻高原ロッジ、私も泊まってみたい~。

  • 2010/08/22(日) 23:13:52 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集]

Q造さん;

恥ずかしいとかではなく、探し回る度胸はありませんでしたよ。

で、どの辺りなんしょう?

  • 2010/08/22(日) 22:19:28 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

やまとそばさん;

まあ、こんなこともあるかと。。。
次回のために一部を偵察できたと考えれば、良しです。

  • 2010/08/22(日) 22:14:36 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

リンゴさん;

目的のひとつが田部井さんでしたし、また貴重な湯にも入れたので、まあ良かったかと。。。
ガツガツ登らないときがあってもいいですしね。

  • 2010/08/22(日) 22:09:39 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ブログ的

には、作業員がいても野湯に入らなきゃ。
それぐらい有名な場所です。

  • 2010/08/22(日) 19:40:15 |
  • URL |
  • Q造 #-
  • [ 編集]

雨・・・

展望も何もない山は撤退~
正しい選択だと思います。
私は、合羽は、年に1~2回位しか使いません。

  • 2010/08/21(土) 15:14:47 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集]

転んでも

ただでは起きぬ・・・流石ですね。
パイプ内の作業、珍しいレポを拝見させていただきました。
荒涼とした風景が素晴らしい安達太良山にも行きたくなりました。

  • 2010/08/21(土) 14:10:36 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/420-4040171e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ