いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

会津のマッターホルン? 蒲生岳

今の季節、天気予報と休日の調整に苦労します。

うまい具合に予定していたその日はベストマッチ。

7月8日は会津の 蒲生岳 へ。

いわゆる「○○のマッターホルン」と例えられる、878mながら急峻な山容が特徴です。
しかも山奥ではなく、国道沿い、JR沿いにそびえ立ち、JRの駅裏が登山口というアクセス良好!
まあ、JR只見線は朝、夕、夜の1日3本しかないのですが。


R252を只見町に入ると、只見川沿いにそびえたってます。


蒲生地区の登山口、国道沿いに駐車場があります。
DSCN2507_20100710223710.jpg


久保登山口から直登して、小蒲生口へ下りてくるのがよさそうです。
2010_0708AA.jpg

線路を渡り、振り返るとJR小蒲生駅。
のどかな風景です。
2010_0708AE.jpg


ひたすら登りが続きまして、この辺で7合目くらいでしょうか。
下からも見えた岩場付近です。
2010_0708AG.jpg
奥久慈・男体山の健脚コースを歩いているような感じです。

途中に会った 家族松 。
左から長女、母、父、長男と名がついてました。
DSCN2470.jpg
いいなあ、家族って。寄り添ってて。

って、良く見ると母と父は2mほどで合体してるが上に延びるに従って離れてってますねえ。
長男は、父と一定の距離を持ってやや離れた方向へ延びてますねえ。
長女は、父のそばで育ちましたが、ある時期からぐーんと離れて母と絡んでますねえ。

うーん、家族の縮図か。。。。




この辺まで来ると眼下には蒲生地区や、その先には只見の町が見えてきます。
2010_0708AH.jpg

そしてその先には 浅草岳 が!
2010_0708AI.jpg

1時間10分で山頂へ。
2010_0708AK.jpg
さっそく燃料補給! 凍らした水のPETと抱き合わせて、断熱シートくるんでおいたので冷え具合は最高!
溶けかかったボトルは冷水としても活用。


景色はというと、
芝倉岳と、左奥に会津朝日岳
2010_0708AM.jpg

只見の町と奥には毛猛山未丈ヶ岳?。
2010_0708AN.jpg

そして、浅草岳
2010_0708AO.jpg

山頂にはわかりやすい展望案内板があります。
2010_0708AT.jpg

只見ダム と 田子倉ダム
2010_0708AZ.jpg

めちゃ暑いんで今日はこんな格好で。着替え用のショートパンツに履き替えて登り始めました。
2010_0708BP.jpg
ヤブもなく、会津の山にしては虫も少なく、快適!
夏の山はこうでなくっちゃ!!





下山は、北側に伸びる尾根沿いを歩きます。

チェーン張りの立派な岩場があり、下りですから結構なスリル感が味わえます。
しかも、かなりなヤセ尾根。
案内看板にあったように、初心者はビビり感あり。久保口を利用した方がよさそうです。


ブナが目立つようになると傾斜は緩み、西側を巻く感じで高度を落としていきます。


途中にあった風穴。
2010_0708CP.jpg
写真の中央にある岩の重なりをのぞきこむと、ひやっととした冷気が。
生足なんで前を横切ると、冷たい風が出てるのがよくわかります。
2010_0708CO.jpg




2010_0708CI.jpg

シモツケソウ
2010_0708CU.jpg

トリアシショウマ
2010_0708CY.jpg

すぐに麓ヶ見えてきました。
川沿いに歩けば、そこはもう蒲生地区。
2010_0708CZ.jpg



帰りは温泉で汗を流します。

で、ここがビューポイントで会津三名山が望めます。

まずは登ってきた 蒲生岳 。
2010_0708DC.jpg

屋根越しに 浅草岳
2010_0708BV.jpg
浅草岳のアップ。
2010_0708BW.jpg

山の重なりに 会津朝日岳
2010_0708BX.jpg
会津朝日岳のクローズアップ。
2010_0708BZ.jpg

で、ここは伊南川と只見川の合流地点。
手作りの案内看板がいい味出してます。
2010_0708CA.jpg




手軽に登れて、展望よし。
いい山でした。



実はこの日、南会津にある別の山へ行く予定でした。

出発がやや遅れたうえ、途中の国道では土砂崩れで大きく迂回。
勤務先からは電話は入るし、今日帰省の娘からは「クルマのエンジンがかからない!」とメールが入るし。
ケータイの電波が悪く、何度も停まって連絡とるはで時間がかかり過ぎ。
予定の登山口への林道では、ボルボの腹が擦ってプラスチックのアンダーガードが一部外れで、着いたのは10時。

明らかにタイムオーバー!
登る気も失せて、近場でお手軽山登りができる、この蒲生岳へ向かったのでありました。


もっとも本当に気が失せたのは、林道走行中に路面を横切った3尺級の蛇。
多分、シマヘビ。

多いんですよね、奥会津の山って。

好きでないんです、ヘビ。




















スポンサーサイト

コメント

連絡

メール送りました。

  • 2010/07/16(金) 05:56:48 |
  • URL |
  • Q造 #-
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

花の期待できる植物は少ない印象でした。ヒメサユリとの情報もあり、少々の期待は会ったのですが、見つけられず。。。終わったのでしょうか。
春先か、秋が良さそうな感じでした。

  • 2010/07/12(月) 22:49:39 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

蒲生岳、低山ですが気をそそる山ですね。
今の時季は花が少ないんでしょうか?
機会を見つけ登ってみようと思ってます。
ヘビ、自分もまったくダメですね。
山で出会うとその晩にはヘビで囲まれている夢を見るくらいです。
出会わないように願いながら歩いてます。

  • 2010/07/12(月) 20:21:39 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

追伸 リンゴさん;

ごめんなさい<m(__)m>
リンゴ”さん”でした。
申し訳ありませんでした。

  • 2010/07/12(月) 16:40:53 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

やまとそばさん;

めちゃ暑かったです。
雪解けの季節か、紅葉期でしょうかね。
またそのころ行ってみたいと思います。

  • 2010/07/12(月) 10:08:37 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

リンゴさん;

もしかしてヒメサユリ!との期待もあったのですが。。。
見た目は急ですが、登っても急でした。1時間がんばれば山頂です。振り返っての展望に癒されます。

本名御神楽のつもりでした。昨年のリンゴの記事を見て、これは!と思った次第です。

  • 2010/07/12(月) 09:56:43 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

Q造さん;

いますね、ヤーコンのようなナメクジ。
人間の方が強いんですけど、苦手ですね。

20日ならOKなんですが。。。

  • 2010/07/12(月) 09:50:51 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ブルさん;

周りが1500mクラスにもかかわらず、この山は800mながら格好と展望で奮闘してます。

いろんな地方にもあるんですよね、マッターホルンと富士山!

  • 2010/07/12(月) 09:28:37 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

蒲生

登るのに時期が難しい山・・・
今の時期は暑いでしょう~。
5月末くらいで雪は溶け山菜が出ます。

  • 2010/07/11(日) 19:57:29 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集]

会津三名山

残るは蒲生岳・・・。
ヒメサユリは既に終わっていたようですね。
それにしても急峻で手強そう!

それはそうと最初の予定はどちらの山でしたでしょうか?

  • 2010/07/11(日) 06:25:19 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

東北の山

巨大なナメクジや虫にはまいります。

白湯山に15日か20日行こうと思います。ベテランの山やさんがご一緒してくれたら安心なのですが。

  • 2010/07/11(日) 05:40:56 |
  • URL |
  • Q造 #-
  • [ 編集]

こんばんは

天気に恵まれてよかったですね。
ビールうまそう~
低山ながら眺望はすばらしいですね。

千葉にも房総のマッターホルンがありますよ。標高300mちょっとですけど・・・

  • 2010/07/11(日) 00:27:36 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/408-d26518ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ