いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

奥久慈・湯沢源流から篭岩山へ

三連休の最終日、3月22日は奥久慈へ。

yamasanpoさんの記事を参考にさせていただき奥久慈を歩いてきました。
ダンコウバイ見たさと、naoさんを沢登り(というより岩遊び?)をさせるために湯沢源流から入ります。


いつもの佐中のPから、正面は篭岩。
1台のクルマがあったので先行者がいる模様。
DSCN1213_0.jpg

登り口から少し歩くと不動滝
2月と違って水量は増えてます。
74.jpg

篭岩直登コースを右に見て、適当なところから湯沢へ下ります。

こんな楽しいところを岩とじゃれつきながら、
17.jpg
18.jpg

登っていくと、抱返滝
27.jpg
こちらも2月と比べれば水量は豊富。

振り返ると篭岩と展望台。ハシゴと東屋も見えます。
DSCN1224_0.jpg

日だまりの足元にはスミレ。
水気のある岩場にがネコノメソウも咲いておりました。
DSCN1226_0.jpg

まだまだ、お楽しみは続きます。
DSCN1236_0.jpg

35.jpg

DSCN1238_0.jpg


源流登りは釜沢越付近で終了。

釜沢越まで行き一休みと作戦会議。
湯沢を北進し左(西側)の尾根は鷹取岩へ続く縦走路。右(東側)は篭岩への裏縦走路。
右手に取り付いてグングン登れば裏縦走路の尾根に出るはず。

2月に湯沢源流を詰めた時に見つけたピンクリボンの記憶を頼りに、作業小屋から源流を北進します。


で、たぶんここだろうという地点。
支流が合流し、リボンと踏み跡を発見。
DSCN1240_0.jpg

踏み跡はしっかりしていて、リボンも複数あるので案外楽に稜線へ出てしまいました。
篭岩山の北側、2つ先のピークの鞍部のようです。

篭岩山へ向かう途中、湯沢源流方面へ下っていく踏み跡を発見。
釜沢越手前に右(東)の尾根に取り付く踏み跡とリボンがあったので、その道かもしれません。

稜線は背丈ほどのササやぶ、踏み跡があるので迷うことはありません。
DSCN1242_0.jpg

篭岩山頂はずれに展望岩にて。
DSCN1248_0.jpg

篭岩へ行くにはこの「難所」を越えなければなりません。
まあ、ロープと鎖が張り巡らされてるので、見た目ほどではありませんが。
55.jpg

この辺から篭岩までがダンコウバイが多く見られます。
DSCN1266_0.jpg

DSCN1265_0.jpg

DSCN1267_0.jpg

DSCN1268_0.jpg
花そのものは小さいですが、木々も芽吹き前で何もないところにかなり目立ちます。
この黄色は色の少ないこの時期に、存在感は大きいです。


篭岩展望台からの展望。
抱返滝も中央に確認できます。
左のピークに直登する国体コース。登るのもきついですが、見てるだけでも相当なものです。
DSCN1269_0.jpg



佐中のPにはクルマ3台。途中であったのは2組。
帰り道に男体山登山口の大円地を回ってみましたが、午後にも関わらずトイレ前はほぼ満車で路上駐車も多数。
人気コースだけあって多くの人が入ってるようです。
男体山は魅力はありますが、土日は男体山を外し、周辺の山々の方が楽しめそうです。









スポンサーサイト

コメント

コースマップ

yamasanpoさん;
ありがとうございます。
ここまででてると、有難いです。
これを2.5万図に落として、現地で照らし合わせればわかりやすいですね。
助かります。

  • 2010/03/30(火) 23:04:24 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

奥久慈のコースマップを見つけましたので参考までに連絡します。
ちょっと古いもので廃道も見受けられますので参考程度と考えて下さい。
http://yamadeasobou.sports.coocan.jp/ibayama/ibasankou/nantaisan/nantaisanmapa.htm

http://yamadeasobou.sports.coocan.jp/ibayama/ibasankou/nantaisan/nantaisanmapb.htm

  • 2010/03/29(月) 16:56:29 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

yamasanpoさん;

白地図に入れる線が増えていくのが楽しみです。
歩くたびに主路から延びる踏み跡が気になります。小尾根や小沢が多いんで、勘違いや思い込みに気をつけねば、と思います。

  • 2010/03/27(土) 00:02:09 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

Q造さん;

里から浅い割に、奥深さを感じます。
西側の切り立った崖と、東側のなだらかな丘陵地形がおもしろいです。
近いのも魅力ですね。

  • 2010/03/26(金) 23:56:57 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

ブルさん;

男体山集中傾向が見られますが、その周辺もなかなかです。
通うたびに隠れ路や季節の花を発見です。
いいところです。

  • 2010/03/26(金) 23:34:55 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

リンゴさん;

春が始まってます。
ここのところ天候不安定ですが、この日は条件に恵まれました。
バタバタしていて1カ月ぶりの山歩き、良かったですよー。

  • 2010/03/26(金) 23:30:36 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

歩かれていますね。
次は裏縦走路ですね。
明山への道も良いですよ。
レポ待ってます。

  • 2010/03/26(金) 20:22:31 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集]

奥久慈

通ってますね。険しくて私の苦手な場所のようです。

このような場所をホームグランドにしている人は、どんな山でも大丈夫ですね。

  • 2010/03/26(金) 06:03:44 |
  • URL |
  • Q造 #g6vs/Cb2
  • [ 編集]

奥が深い

奥久慈は奥が深いですね。
男体山も楽しかったですが、
ほんとまだまだ楽しそうなところが
満載ですね。
また行きたいです。

  • 2010/03/25(木) 20:10:34 |
  • URL |
  • ブル #-
  • [ 編集]

早春の里山

早春の里山に色を添えるダンコウバイは確かに存在感があります。
また、足元にも可愛い春の妖精たちが咲き始めていますね。
naoさんとのツーショットも決まっているし、楽しい山行だったと存じます。
レポを拝見して久し振りに里山を歩きたくなりました。

  • 2010/03/25(木) 07:08:30 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/361-28af5218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ