いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

残雪の磐梯山へ

あちこちで桜満開を迎えた昨今、山歩きにもいい季節です。

近くの低山で春の植物を見ながら歩くか、
残り少ない雪を求めてチョイ高い山へ登るか、迷うところですが、

「花はこれから」  「雪は消えて行く」 と
勝手な理論で残雪山歩きに決定。





目指すは会津磐梯山。
2009_0413AA.jpg
仕事柄よく通ってるR49からの磐梯山。
とくに感動はありませんが、いい山ですよね。


猪苗代から裏磐梯へ。



裏磐梯スキー場から登ります。
2009_0413AB.jpg
リフト3本のこじんまりとしたスキー場。



スキー場TOPから少し行くと、火口壁と銅沼(あかぬま)が見えてきます。
01_20090413235723.jpg


2009_0413AF.jpg
坪足とストックでスタスタと


銅沼は半分以上が解けてます。
03_20090413235723.jpg
積雪期はスノーシューやクロカンでにぎわったんでしょうね。
この先にある『イエローフォール』が最近のブームとか。。。。



中の湯まで登り切ると磐梯山は目の前、でもなかった。。。。
2009_0413AO.jpg
稜線伝いに登ります。



ちょっとヤバそうな背屁もあって
2009_0413AP.jpg


正面には磐梯山
2009_0413AR.jpg

左手には櫛ヶ峰
2009_0413AT.jpg


中央が猫魔ヶ岳
左側がアルツ磐梯スキー場、右側が猫魔スキー場
02_20090414000936.jpg
磐梯山も表から裏まで4つのスキー場が切り開かれ、となりの猫魔ヶ岳も両面がスキー場。
なんか、考えさせられますよね。




さて、行程は大幅に遅れ、明らかにタイムオーバー。

ザクザクのザラメ雪に足を取られ、時には腰まで踏み抜き、
赤リボンのルートを見失い歩きまわり、体力的を消耗。
登頂は無理と判断、撤退を決定。

今日はここまで
2009_0413AZ.jpg
いい景色を見られたし、よしとするか。



復路は自分のトレースをたどり、迷うことなくスキー場TOPへ

2009_0413BF.jpg
スキー場の斜面をグリセードと駆け足で下り、


ヘロへロになって駐車場にたどり着き、足元に目をやると、おっとフキノトウ。
2009_0413BH.jpg





naoさんへのお土産
↓↓↓↓↓








2009_0413BI.jpg
おいしくいただきました(*^^)v




にほんブログ村 アウトドアブログへ



スポンサーサイト

コメント

歌にも出てくる

花と風景さん;
歌にも出てくる身近な磐梯山ですが、山としては第一級だと思いますよ。景色、歴史、遊び方と。
けど、山麓ほぼ全面がスキー場ってのは、ちょっとね、かわいそうな気がします。

雪解け地方には、フキノトウまだあるかも(*^^)v

  • 2009/04/15(水) 23:55:40 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

残雪の美しさ

天気にも恵まれ、汗をかいたのでしょうね。

櫛ケ峰を望むショットが素晴らしいですね。
村ポチッ!、しますね。

フキノトウの天婦羅が美味しそうです。

  • 2009/04/15(水) 09:50:29 |
  • URL |
  • 花と風景 #Pikpn23Q
  • [ 編集]

ザクザクの雪

このルート、夏と12月に登ってるんですが、記憶がとんでましたね。この季節も初めてなんで、取り組みが甘かったようです。本番前に試登して、自分で赤リボン付けとかなきゃいかんですな。

でも、いい景色をゲットできたのは幸運です。
サングラス(カイ●ズの作業用品売り場で)してたので目はやられませんでしたが、ミラー効果で顔は真っ赤!
山遊び、バレバレです。

  • 2009/04/14(火) 23:52:04 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

磐梯山

高校のキャンプで登った記憶があります。
今の時期は雪が緩くて踏み抜いてしまい、歩くのは難しいでしょうね。
それにしても素晴らしい景色でした。
あっ、てんぷらも旨そう~!

  • 2009/04/14(火) 17:52:38 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/246-81d018c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ