いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

テント新旧

ダンロップテント DT-7202 Vs. S10

P6190473.jpg

この秋にテント山行をしてみたく、というよりテン泊必須のコースなんで。
以前使っていたのは持ってるけれど、学生の時にバイト代をためて手に入れた40年近く前の物。
最後に使ったのは23の時の朝日連峰3泊縦走。
その後は庭で張って子供たちとキャンプごっこをしたりで、押入保管。

よし!手に入れよう! と調べ始めたら今どきのテントはスゴイではないか。
小さくて軽くて、まあ居住性は大きさに比例しますけど。

当時は画期的だったダンロップテントがメーカー変われど進化して健在。
しかもプロモンテという兄弟分も。
カラーも本体オレンジ+フライがブルー、なつかしいねえ。

いきなり本番って訳にもいかないので 6月26日に尾瀬 でテスト運用。
その前に試し張りで新旧張ってみました。

旧 DT-7020 約200×約120 2人用
新 VS-10 205×90 1人用

VS-10                                DT-7020
左からペグ、フライ、本体、ポール
1人用2人用なので単純比較はできないが、一回り違います。
下の板は2×4材なので幅約90ミリ。
P6190438.jpg P6190439.jpg

ペグ、ポール込みで1.8㎏と2.1㎏。その差は缶ビール1本か。
P6190436.jpg P6190437.jpg

本体を広げた状態。
VS10はクロスのポール2本、7020はクロスのポール2本と棟に1本。 
P6190442.jpg P6190461.jpg

ポール末端の固定部分。
VS10は袋状いわゆるスリーブに差し込み。ポールの末端は球形になってるので差し込みはスムーズ。
7020はハトメに差し込み。ポール末端は段付きなのでハトメで止まる。
P6190443.jpg P6190462.jpg

ポールのてっぺんクロス部分。
VS20は2本のポールがプラスチックパーツで回転固定されており、それにテント本体のフックを引っ掛けます。
7020のクロス部分はフリーで、その交わった部分にテント本体のフック2個を引っ掛けます。
P6190447.jpg P6190464.jpg

テントサイドのフック。
VS10はプラスチック製、爪が交互に出ておりクイッとひねるとパチンとはまるタイプ。
7202は金属製のフック。
P6190448.jpg P6190465.jpg
フックの取付け部は、VS10がネット上になっておりテンションが全体に掛ります。
7020はポイントでテンションが掛り、三角状に二重で補強。


四隅の固定部分。
VS10ははナイロンの細いヒモ。ところがこれは帝人の作ってる「テクノ―ラ」という強力なアラミド繊維なんだそうだ。
7020は2個のハトメに自分で作った細引きのループ。
P6190479.jpg P6190478.jpg

フライシート
VS10
フライの内側の紐をポールに結び、その部分を外側から張り綱で引く方式。
フライ本体は四角と各辺の中央部ヶ所の計8ヶ所、張り綱4ヶ所をペグ固定。
P6190449.jpg P6190450.jpg
P6190452.jpg



7202
てっぺんの横梁ポールの両端にフライを固定。ここは革製!のポケット状。
四角のテンションコードをペグで固定。本体ポールの先っちょに引っ掛けて、テントとフライを一緒に固定しておりました。
P6190467.jpg P6190468.jpg
P6190469_20170720010719dbe.jpg

正面、本体のみとフライ掛け。
P6190477.jpg P6190476.jpg

P6190482.jpg P6190474.jpg


さて、内部はというと、サイズが異なるので単純な比較はできませんが、左がVS10、右が7202。

短辺側、90cmと120㎝。
P6190455.jpg P6190470_2017072001504100b.jpg

天井部、7202は梁があるので空間は広い。
P6190456_201707200150422f9.jpg P6190471_20170720015044a0f.jpg

開口部。
VS10は網戸(ネット)付き、L字開閉。
2702の冬用出入り口は巾着式。反対側にファースナーのL字開閉の口もあります。
P6190458_201707200150455bf.jpg P6190472_20170720015048b6e.jpg

今どきのテントの良いところがこれ。
前室付きで荷物が置けるところ。靴、コッヘル、コンロやごみなど。
雨の日、コンロ使用も可能だし、半分明ければ外見えるし。
P6190460_201707200150500fa.jpg


で、実際に使ってみました。

6/26に尾瀬の東岸。
P6260673.jpg

9/10は魚沼の山、荒沢山~兎岳の巻倉山下のテン場で。
P9101333.jpg

旧型との比較で「いいね!」と思ったのは、
1)軽い、小さい。
2)前室付き。いわゆる「土間」の感覚。
3)出入口のメッシュ。夏は重宝しそう。







にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

snow drop(夫)さん;

コメントありがとうございます。
snow dropさんもダンロップでしたか。当時のヒットだと思います。張るたびに吊り下げのアイデアに感心してました。
最後までプロモンテと迷いましたが、当時の愛着でオレンジ×ブルーになりました。

  • 2017/09/28(木) 23:30:18 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

晴れ夫さん;

新居!です、お互いに(笑)

  • 2017/09/28(木) 22:57:19 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集]

同じものを持つものですね!

前にも、ゴローの靴など懐かしの山道具
を拝見しましたが、またまた…です。
40年近く前のダンロップテント、我が家にも
残っています。残念ながら、今は兄弟分の
プロモンテを使用中です。

  • 2017/09/27(水) 10:36:13 |
  • URL |
  • snow drop(夫) #-
  • [ 編集]

おや!ある意味で新居調達ですね!

  • 2017/09/26(火) 07:53:42 |
  • URL |
  • 晴れ夫 #-
  • [ 編集]

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/ckeWoM
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

  • 2017/09/25(月) 07:35:05 |
  • URL |
  • あゆ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/1066-c66484b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ