いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

ザックの改造

45Lのザック、シュラフ持参の避難小屋1泊なんかに重宝しているサイズ。

キスリング世代は若いころからの憧れのミレーだし、背負いやすくもあり気に入ってます。
が、使っていてなんとかならぬか、と思い続けてるのが雨フタの取り付け方です。

本体の口は巾着で2段式。
1段目納めでは雨フタは余裕で被さり。
P6301829.jpg P6301830.jpg

荷物が多くて2段目まで伸ばしすと、前(背中側)が縫い付け固定されており、後ろ側が持ち上がってしまう状態。
P6301831.jpg P6301832.jpg

つまり、ここのところ。
P6301833.jpg
左はゼロポイントの30L。
20ミリのテープとアジャスターで調整可能。
荷物が上に伸びれば、雨フタの取付け部も延ばすことができ、雨フタは水平を保てます。



で、切っちまいました。
手持ちのアジャスターと20ミリテープをチクチクと、夜なべして。。いえ、してません。
P63018380.jpg
切った縁は知り合いのテント屋さんに頼んで、ほつれ止めのミシン処理。



先々週の八海山で試運転。
フタの付け根を調整できる分、収まりはよろしいようで。
P9162565.jpg

が、上に伸びた分を雨フタの4点のベルトで引っ張ってますが、
力の加わり方つまり引っ張る方向が対角線からずれているので、重心が高い分前後のぐらつきが見られました。
P9162564.jpg
で、カラビナで巾着ヒモと背負いベルト基部のループを結んで締め上げ。
これで前後のぐらつきは解消。


帰ってきてから改良。

モンベルと同様に雨フタ中央にもアジャスターと20ミリテープを取り付け。
これで3点支持OK。
P9262583.jpg

中央ベルトにカラビナを通して、巾着ヒモを通せるように。
P9262581.jpg


さっそく今週試してこよ(^_^)v


材料箱。
P9262585.jpg
処分するバッグ類のテープとバックルを取っておくと使えます。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nasu240.blog103.fc2.com/tb.php/1023-a5335196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ