いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

2017-04-17 焼森山~鶏足山

【焼森山~鶏足山】 2017-04-17

いい里さかがわ館--焼森山--鶏足山南峰--鶏足山北峰--鶏足山南峰--ミツマタ群生地--P--新道--さかがわ館

ここ半月くらい足首に違和感、内側のくるぶしに痛みを感じます。
野山を歩いたら治るかな、と軽く近場へ。(治るわけないだろが!)


栃木県茂木町と茨城県城里町の境に位置し、それぞれに登山口がありです。
調べもせず、現地に行けばマップでもあるかな、と茂木の「いい里さかがわ館」へ。

イラストのマップをもらって、さあどう行こうかと検討。
林道を歩いて焼森山~鶏足山~ミツマタ群生地を回ることとしましょ。


林道歩きからの焼森山。
P4174505.jpg

いい感じに近づいて。
P4174419.jpg

焼森山への登り口。
P4174421.jpg
林道はミツマタ群生地のPへ続いてます、マップによれば。

焼森山は直進、帰り道は左から合流のはず、かな。
P4174423.jpg

こだま岩、いい感じの展望台。
P4174429.jpg

P4174428.jpg

P4174431.jpg

ほどなく、焼森山432m
P4174434.jpg

正面、鶏足山。道は右から回り込むような感じで。
P4174435.jpg

縦走路には下小貫口と赤澤口の標識。後日、要探索!
P4174436.jpg

P4174437.jpg

赤澤山、鶏足山南ピークのこと?
P4174438.jpg

登り返して隣のピーク、鶏足山 北ピーク。
P4174439.jpg

P4174446.jpg

クルマを置いたさかがわ館で購入のお弁当、春色。
P4174440.jpg、はる

南ピークに戻り、すぐのところで「ミツマタ→」の案内。

右に鶏足山、左に焼森山に挟まれた谷状地形を歩いていくと左から道が合流。
焼森山山頂から北側に伸びていた踏み跡のようだ。
P4174454.jpg

P4174471.jpg

P4174478.jpg

沢沿いにミツマタが表れ始め、群生地へ。
P4174465.jpg

P4174484.jpg

P4174488.jpg

P4174494.jpg

P4174498.jpg
ミツマタはやや終盤。
黄金色から白色へ変化中。
群生地はぐるっと一周の歩道付き、入り込まぬよう管理されてます。
駐車場からもすぐなので、これだけ目的ってのも多いのでは。

ミツマタ駐車場から「新ルート」の標識。
もどるには方向的にこれか。
P4174499.jpg

緩い尾根状の一本道で焼森山ルートへ飛び出ます。
登り時に見た分岐とは異なるところ。
P4174423.jpg
七曲りってあるけど道は尾根直登だったし。第二駐車場ってもひとつ下にある駐車場のことか。

焼森山登り口に着。
P4174502.jpg

舗装路30分歩いて、さかがわ館へ。
P4174416.jpg

さっ、そばでも食べて帰ろ、と思いきや「本日終了しました」
時計は14時05分、平日営業14時まで、だとさ。。。


この地域、栃木県茂木町と茨城県城里町の境で、
それぞれの地区でマップや案内を出してるから、全体像がつかみにくいかな。
ミツマタPまで入れば、この辺探索には便利かも。
また来るようですな。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

2017-04-03 角田山

【角田山】2017-04-03

角田岬P--灯台コース--角田山--小浜コース--角田岬

春の花はここは避けらえないでしょう。
で、平日に新潟へ。

角田山は 2012年4月に初めて出かけて、この日は2回目。
前回は桜尾根尾根を登り、灯台コースで下山。
で、この日は別コースで灯台から登り、小浜コースを下るという選択。
ちなみにこの小浜コースってのは公式ルートではないようで、案内には載っておりません。
たまたま記録を調べていたら、山頂下で分岐して、登山口は角田浜の灯台へシーサイドラインを10分歩きのよう。


角田浜のPから灯台へ。
DSC_2698_R.jpg

振り返り角田浜、灯台。
DSC_2699_R.jpg

DSC_2703_R.jpg

けっこうアルペンチック、けど見た目ほど危なくないかな。
DSC_2706_R.jpg

右下に下山予定のルートを確認。
尾根から下りてクルマが3台、シーサイドライン沿い。
DSC_2708_R.jpg


DSC_2712_R.jpg

DSC_2732_R_20170417000601a14.jpg

DSC_2726_R.jpg

DSC_2739_R_201704170006020da.jpg

DSC_2742_R.jpg

DSC_2745_R.jpg

DSC_2749_R.jpg

DSC_2751_R.jpg

DSC_2759_R.jpg

DSC_2771_R.jpg

角田山 481m
DSC_2774_R.jpg

P4034378_R.jpg

DSC_2781_R.jpg
公式7コースが集まるわけなんで、山頂広場は多くのk人。
平日ですが春休みなんでファミリーも目立ちます。

春霞で展望はいま一つかな。

山頂からは灯台コースを戻り、笹原の分岐を左に。
標識はないので地形図で確認していたところ、地元風ハイカーが。
念のためお聞きしてみると、ここが分岐で自分たちもそちらに下るとのこと。


DSC_2775_R.jpg

DSC_2726_R.jpg

DSC_2789_R.jpg

DSC_2794_R.jpg

DSC_2783_R.jpg

DSC_2800_R.jpg

DSC_2805_R.jpg

DSC_2811_R.jpg
このルート、急峻ではありますがオオミスミソウ、カタクリかもちろんキクザキイチゲが多いように感じました。

沢を挟んで右手は灯台コースの尾根。
DSC_2815_R.jpg

歩いてる人が見えるように、向こうからもこの尾根が見えたわけ。
DSC_2823_R.jpg

シーサイドラインに下山。
DSC_2827_R.jpg
このころからポツポツと雨。
駐車場まで10分程だろうからとそのまま歩くが、雨脚強くなり慌ててカッパを着込み速足で。
佐渡あたりからは雷音。
車に乗り込むとほぼ同時に土砂降り。間一髪。


角田山、公式7コースと非公式が3コース。
自転車デポを使えば横断もできますな。
もっとも土日は周遊バスが動いてるとのことですが。







にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


2017-04-02 那須岳

【那須岳】 2017-04-02

ロープウェイ下山麓駅--峰の茶屋跡--茶臼岳 往復

雪崩の事故から一週間。
ファミリースキー場に寄り、献花と手を合わせて。
献花台に訪れる人は多く、救助隊関係者や報道関係も多数。
若い命が犠牲になったこの事故、発言できる立場ではありませんが、
ご冥福をお祈りするとともに、このような事故が起きないよう原因の究明を望むところです。


この日の那須岳は快晴。
日差しはありますが風はまだまだ冷たく感じます。

除雪はロープウェイの山麓駅まで。
P4024332.jpg

峠の茶屋Pは除雪中。
P4024334.jpg

鳥居が頭が見えるくらい。2mくらいの積雪か。
P4024336.jpg

登山口~峰の茶屋跡
P4024337.jpg

P4024338.jpg

P4024339.jpg

P4024341.jpg
灌木帯はそこそこの積雪、灌木が切れると積雪は無く地面が露出。
ツボ足、泥足で。

峰の茶屋跡~茶臼岳

流石山から大倉山、三倉山。
P4024348.jpg

剣ヶ峰~朝日岳~三本槍。
P4024350.jpg

茶臼岳 1915m
P4024357.jpg

P4024354.jpg

P4024359.jpg

下山します。
P4024362.jpg

P4024363.jpg

鳥居近くで救助隊の akiさん とバッタリ。しばし立ち話。
P4024367.jpg

P4024369.jpg
除雪は側道まで進み、、翌4月3日には峠の茶屋Pまで開通したそうな。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


2017-03-28 三毳山

【三毳山】 2017-03-28

かたくりの里--青竜ヶ岳--中岳--東口--かたくりの里

前日の雪荒れ模様がウソのような春のような日。すでに春ですが。
那須岳の予定でしたが、春のドカ雪と雪崩の事故。
今、行くべきではない、と判断し県内を南下。

三毳山へ。

かたくりの里
DSC_2663.jpg

DSC_2665.jpg

DSC_2666.jpg

DSC_2669.jpg

DSC_2672.jpg

DSC_2675.jpg

DSC_2676.jpg

DSC_2680_20170413003326c1f.jpg

三毳山(青竜ヶ岳)
DSC_2684.jpg

DSC_2685.jpg

DSC_2686.jpg

DSC_2694.jpg

中岳から東入口へ
P3284301.jpg

P3284303.jpg

P3284309.jpg

P3284316.jpg

P3284317.jpg

P3284318.jpg

P3284322.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


2017-03-05 裏磐梯の黄滝

【裏磐梯の黄滝】 2017-03-05

裏磐梯スキー場(リフト利用)--銅沼―イエローフォール―森のコース―裏磐梯スキー場(リフト利用)


P3054232.jpg
白い!イエローフォール。

日曜なんでリフトで楽ちん。
P3054207.jpg
今日はこの道具のテストも兼ねてです。
昨年、110の板に取り付け。
裏磐梯と奥日光で履いてみましたが、ラチェットベルトの固定位置の具合がうまく行かず踵がわずかに上がるだけ状態。
今年は改良して踵全開にしております。

小雪のリフト中、naoさん。
P3054208.jpg

naoさん、TSLでスタスタと。
P3054212.jpg


P3054213.jpg

銅沼でチェンジ、naoさんが板。
P3054214.jpg

見えてきたイエローフォール。
P3054218.jpg

P3054219.jpg

「ちっちゃ!イエローじゃないし」と。
P3054222.jpg

P3054223.jpg

まっいいさ。コーヒーでも。
P3054228.jpg

P3054233.jpg

帰路は森のコース。
P3054234.jpg

P3054235.jpg

P3054240.jpg

少々下りすぎの地点でゲレンデに出て、ゲレンデの縁を歩いてスキーコーストップへ。
P3054242.jpg

檜原湖も見え始め、下山すると晴れるという法則的中。
P3054245.jpg

今日の道具。
こんな具合に踵上りがつま先から。
P3054246.jpg
いい感じに歩けます。

振り返り、磐梯山北面。
P3054248.jpg

リフトで下って、センターハウスへ。
牛乳屋食堂のラーメンで締め。
1488714169395.jpg

130センチとカルフメタ。
ゆるい傾斜を歩くには使えます。
クロカンよりは靴がしっかりしてるし、短いので取り回しは楽。
シールを外して滑りはやってませんが、まあダメでしょ。
踵固定がないので前方につんのめります。

美ヶ原あたりでは使えそうかも。






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

FC2Ad

まとめ