いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

春近し、赤城山

【赤城山】 2014.03.29

あかぎ広場P---黒檜山登山口---黒檜山---駒ヶ岳---駒ヶ岳登山口---P


先日の予告通り谷川岳ヘ向かうため、東北道から北関東道へ。

ところが高崎ICから先で事故発生、渋滞40分の表示。
そのままクルマを進めるが、向かうたびに渋滞表示が10分刻みでアップ。
ついに渋滞70分の表示。

走りながらnaoさんと対策会議。

谷川岳は取りやめ。
高崎で下りて、マップ無しで歩けるところ。
赤城しかないっしょ、と渋滞にはまる前に高崎ICで高速を下り、前橋を抜けて赤城山に駆け上がり。


地蔵岳や鈴ヶ岳でもと思ったが、なんのデータも持ち合わせてない。
昨年の1月に歩いて要領のわかってる黒樋山~駒ヶ岳へ。
2013.01 赤城山


大沼畔のあかぎ広場Pに駐車。
赤城神社を見ながら車道をてくてくと。
DSC06783.jpg
DSC06785.jpg

黒檜山登山口から。
DSC06787.jpg

グサグサ雪なんでアイゼン無しのキックステップで。
DSC06789.jpg
DSC06791.jpg
DSC06792.jpg

猫岩と呼ばれる展望台。
正面、地蔵岳の左肩に富士山。
P3292952.jpg
ここでアイゼン装着。

駒ヶ岳方面。
DSC06800.jpg

稜線に出るとさすがに雪は多い。
トレースは固まってるが、外すと膝上までもぐる。
DSC06805.jpg

黒檜山 1828m
DSC06810.jpg

P3292961.jpg



黒檜山頂から。
(間違えてる可能性大なんで、訂正を)

谷川連峰。
DSC06806.jpg

日光白根山。
DSC06807.jpg

皇海山、奥に日光男体、袈裟丸。
DSC06808.jpg

赤鳥居も頭だけ。
P3292964.jpg

稜線を駒ヶ岳へ。
DSC06816.jpg

DSC06820.jpg

下ってきた黒檜山を振り返り。
DSC06822.jpg

DSC06827.jpg

駒ヶ岳 21685m
P3292966.jpg
山頂は昼タイムで混雑。
少し離れて展望のいいところで昼。
春の日差しを浴びながら腰かけたところが雪屁と気付いたのは、終わって立ち上がったとき。
けっこう危ないところでの昼ごはん。


正面に地蔵岳を見ながら下山。
DSC06830.jpg

ここも結構な急坂、とくさり雪。
右膝も下りでは悲鳴をあげ始めてコントロールが効きにくく、
1)雪の斜面を5mほど転げ落ち
2)階段ステップの隙間に腰まで落ち、
3)泥斜面ではケツでスライディング
4)右足をかばってか左足の踵がズルむけ

ヒ―ヒ―言いながら目指す大沼。
DSC06832.jpg

P3292968.jpg


帰り道、時間も早いんで道の駅富士見の温泉に立ち寄り。
下道で足尾へ抜け、日光経由で帰宅。


目的地だけでなく、周辺のガイドや地図も持って行く <これ、今回の教訓。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村






スポンサーサイト

今週末、谷川岳でも

こんな風景が見たくなったので、



行こうと思ってます。

3月29日(土)
ロープウェイ使って天神尾根から谷川岳ヘ。


ただし、

・天気が良ければ
(予報は悪くなさそ)

・ヒザがOKならば
(3/26現在80%の治りの感じ。1日10%↑として3/28には大丈夫!の見込み)

・登り始めてダメなら、途中でビールでも飲んで昼寝して待ってます。
(どうぞ山頂往復してきてください)


サポートしてくださる方(<ウソです)ご一緒にでも。
naoさん、同行です。






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



無念!山休み中

やっちまった、関節水腫
いわゆる膝の水たまり。



今月の7、8日に北八ツから帰ったあとの翌々日。
右足が曲がらない。
足を曲げて踵と尻がくっつくはずが、とても無理。
90度までも曲がらず。

階段が普通に登れないし降りられない。
危うく転落するところだった。

膝が腫れている、というかむくんでる。
打撲の記憶は無いし、疲労ってのもないしなあ。


で、整形外科へ。

レントゲン、骨は異常なし。
「膝に水が溜まってます、抜きましょう」と、太めの注射器を膝へ。
見るのは、ムリ。
結構、痛い。
抜いた後にはヒアルロン酸を注入。

抜いた水は検査へ。





1週間後、再度水抜き。
検査結果は細菌、ウイルス性は無し。
よって、まあ加齢による変形性膝関節症

加齢かあ、ちょっとショック。


現在、初診より2週間越経過。
湿布とサポーターで8割がた回復した感じ。


今のところ、大人しくしております。







羽ばたけ、娘

娘2号の卒業。

先月の末にキャンパス内の学生寮から引っ越し、自分の実家(=ばあちゃんち)に居を構えた娘2号。
卒業式の1週間前に「卒業の見通しがついた」とのメール。
ぎりぎりまで「どうなるかわかんない~」なんて言ってたので一安心。


娘1号は3年前、3・11の大震災で卒業式は中止。
卒業証書は後日郵送、レンタルの袴はキャンセル、写真は何とか撮ったもののあの混乱の中で卒業と就職。
http://nasu240.blog103.fc2.com/blog-date-201103.html

そんなことがあったので、2号の卒業式には出ようとnaoさんと。

P3182924.jpg
P3182929.jpg
P3182934.jpg
P3182936.jpg
P3182944.jpg

もともと学力のある子ではない。
小学校、中学校とバスケに明け暮れ、高校は希望校を落とし、初めての挫折。
しかし切り替えは早く、生徒会だのボランティアだのに打ち込み3年間。
進学は学力試験では到底無理と見極めが早く、栄養学科のOA入試に絞り込み。
なんと、身体にやさしい材料で作ったパウンドケーキを自分で焼いて、そのレシピと能書きをプレゼンしたそうだ。
現物を持ち込んだのは初めてらしい。
しかも遠くもなく近くもなく、寮のある学校。

で、就職もばあちゃんち下宿で通えるところとさっさと決めたようだ。

そんなところは要領が素晴らしくいい。




世の中に揉まれ、流されること無く、時には流れに乗ることも必要。

悔いのない人生を歩んでほしい。






25年ぶり、友来訪

友が訪ねて来た。

高校の同級、クラスと山岳部ともに3年間一緒。

クラスではお互いに成績順の底辺を支え続けた同志であり、
山岳部では、成績不良者の夏期補講のため夏山合宿に参加できなかった仲間でもある。

もっとも彼は以前より独自で山を歩いており、
岩や沢、雪山、釣りにも精通し、高校生山岳部の領域をはるかに越えていた。

また、二股でテニス部にも所属し国体の選手にも選ばれたまさにスーパーマン、成績以外は。



建築設計の業につき、その後住宅メーカーに勤務。までは把握。

趣味の釣りでは地元霞ヶ浦でバスフィッシングで賞を総なめ。
その後、プロの釣り師としてフィッシングガイドに転向したらしい。(このへんは地元同級生の情報)


数年前、高校山岳部OB会で連絡を入れたら、地元の霞ヶ浦湖畔に事務所を構えながら、
ここ数年は福島県裏磐梯にサテライトオフィスを構え、軸足を移したという。
檜原湖、猪苗代湖でのバスや、福島、新潟、山形での渓流釣り、冬場のワカサギと
ほぼ年中裏磐梯暮らしとのこと。


そんなわけでネット上で再会。
彼の動向や活躍は、ブログやFBを通してやりとり。



で、この日、那珂川関連の取材があり、近くまで来たので寄ってみたとのこと。

リアルでは実に25年ぶり、自分の結婚式披露宴で顔を見たのが最後、たぶん。

無題 <クリック拡大
https://www.facebook.com/profile.php?id=100002448365229


ほんと、うれしい。






にほんブログ村



【“25年ぶり、友来訪”の続きを読む】

北八ッ、天狗岳・・・2

【北八ッ、天狗岳 2014.03.07~08】

3月7日 渋の湯P---高見石小屋(泊)
3月8日 高見石---中山峠---東天狗岳---黒百合ヒュッテ---渋の湯


泊まったうち、2人組は自炊につき早目に天狗へ向けて出発。

朝食付きの後発は、我々とソロの2人の4人。

P3082854.jpg

前2人のトレースはあるのでまずはnaoさんツボ足で。
P3082857.jpg
と、思いきやその後の降雪で消えかかり。
で、とりあえず自分がワカン装着。


スノーシューのソロの方とトップを交替しながら中山へ。
P3082858.jpg

中山までこんな景色の連続。
P3082866.jpg

P3082867.jpg

P3082868.jpg

P3082870.jpg

P3082871.jpg

P3082874.jpg

P3082877.jpg

P3082879_20140309183345f69.jpg

中山あたりではスノーモンスターの乱立。
P3082883.jpg

DSC08523.jpg

P3082884.jpg

中山展望台からの天狗岳。
P3082887.jpg

稜線を歩く人影も。
P3082895.jpg

P3082896.jpg

中山峠。
P3082898.jpg
ここは、しらびそ小屋から、黒百合ヒュッテからとの交差点。また天狗からの戻りも。
狭い峠で混雑。

ここでアイゼンとピッケルに取り替え。
稜線なので風は強そう。


風は強くなり、視界も狭まる天候に。
P3082899.jpg

東天狗の山頂直下の急登。
P3082900.jpg

そして天狗岳へ。
P3082902.jpg

東天狗岳 
P3082906_2014030918344193b.jpg

P3082908.jpg

条件良ければ西天狗へと思ってましたが、風も強く視界も良くない。
みなさん、山頂は短い滞在で西天狗に向かう人はなし。

我々も下りましょ。
P3082909.jpg

黒百合ヒュッテへのルートは利用する人も多く、しっかり踏み固め。
P3082915.jpg

ほどなく黒百合ヒュッテ。
P3082916.jpg

ヒュッテ前は昼時なので休憩の人、多し。
ベンチをお借りして我々も昼。
P3082917.jpg
見上げれば雲の切れ間に青空。
ああ、また「下ると晴れる」法則。

P3082921.jpg

昨日入山の高見石ヘのルートと合流し、渋の湯着。
P3082922.jpg


■高見石720---950中山峠1000---1115東天狗岳1125---1215黒百合ヒュッテ1250---1420渋の湯


2012.03しらびそ小屋から天狗岳2013.04赤岳と今年で3回目の春の八ヶ岳。

冬期営業の小屋もありますし、アプローチも東西両面から。
森あり、雪原あり、稜線あり。
毎年恒例になりそう。



帰りの車中から。
P3082923.jpg
素敵だね、電柱が入ってなければ。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



北八ッ、天狗岳・・・1

【北八ッ、天狗岳 2014.03.07~08】

3月7日 渋の湯P---高見石小屋(泊)
3月8日 高見石---中山峠---東天狗岳---黒百合ヒュッテ---渋の湯

寒さも少々和らぐも雪はたっぷりの八ヶ岳。
3月の八ヶ岳、お気に入りで3回目。


初日は渋の湯から高見石小屋まで。
ナビにだまされて雪のビーナスライン、蓼科山の麓を巡るコースで。
たぶん距離優先の検索条件だったのだろ。


渋の湯で2日分の駐車料金を支払い、フェンス内のスペースへ。
金曜日なので50%くらいの入り込み。
明日は早くから満車になりそうと渋の湯のフロント。
P3072787.jpg

渋の湯奥の橋を渡り、黒百合方面と高見石方面の分岐。
ここは左へ。明日は右から下りてくる予定。
P3072791.jpg

歩きだして直ぐに黒百合方面への分岐。
P3072793.jpg

数日前に相当積もった感じの樹林帯。
ここは歩く人も多いので溝状のトレースは残り、ピンクリボンも多数、楽勝。
ツボ足とストックで。
P3072796.jpg

P3072804.jpg

賽ノ河原が見えてきた。
P3072805.jpg

P3072809.jpg

ここ、ガラガラの岩原のはずだが、雪に覆われスキーのゲレンデのよう。
P3072811.jpg

ここで直角に左へ。
ガイドのロープが見えないと直進してしまいそう。
P3072815.jpg

再び森の中へ。
P3072823.jpg

P3072825.jpg

小屋が見えてきた。
P3072829.jpg

今晩の宿、高見石小屋。
P3072830.jpg
P3072846.jpg
P3082851.jpg

2階の大部屋。
今日は10人位だろうからどこでも好きに使ってよいとのこと。
寝場所を確保し、とりあえずコーヒーでも。
P3072831.jpg

白駒池までお散歩、と思ったがトレース不明瞭。
迷う事は無いだろが、ワカンラッセル覚悟。
夕食までには戻れまい。
P3072841.jpg

で、高見石へ。
P3072832.jpg
大きな岩も積雪で隠れ、歩きやすい。

白駒池、青苔荘も見える。
P3072834.jpg

麦草峠、茶臼山方面。
P3072835.jpg

P3072836.jpg

P3072838.jpg

夕食まで、これで。
P3072844.jpg

夕食↓
P3072848.jpg

この日はソロが4人、2人組、我々の8名の宿泊。
夕食後、2階のコタツを囲んでしばし酒タイム。
部屋は少々寒めでしたが、羽毛布団でぐっすりと眠れました。

朝食は↓
P3082849.jpg

朝食の後は、さあ天狗岳へ。



■渋の湯1205---賽ノ河原1350---1430高見石小屋



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村




北八ッ、天狗岳

北八ッ、天狗岳。

よかったですぜ(*^^)v


P3082879.jpg

では、のちほど。

栃木歩き

週末、天候不順。
1日の土曜日、近場の山でもと思っていたが、朝から小雨。


で、小江戸と言われる杤木市を散策。
ちょうど娘2号も帰省中、naoさんと3人で。

杤木市は学生時代の友人がおって、いわゆる施設園芸で切り花を栽培。
街中から離れているので、市内は通過がほとんどで歩いたことはない。
いや、初めて行ったとき旧県庁の前で待ち合わせをしたので、建物は記憶にある。

それがこれ↓ 旧栃木県庁(2月19日まで市役所)
P3012737.jpg

県庁堀
P3012734.jpg


観光案内所でもらったマップを片手に、巴波川沿いに歩きます。
P3012753.jpgP3012757.jpg
P3012758.jpgP3012760.jpg
P3012761.jpgP3012764.jpg
P3012765.jpgP3012767.jpg


昼はこちらで。 老舗の旅館 かな半
P3012752.jpg

この季節限定の 雛御膳
P3012745.jpg

店内や客間にはお雛様。
P3012748.jpgP3012744.jpg

P3012740.jpg

小雨の寒い1日でしたが、気持ち暖かな時間を過ごすことができました。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村







娘2号移住作戦

娘2号、引越し。
日立から土浦へ。

この3月に卒業(予定だが)、就職先も決まり(勝手に見つけ)、4年間お世話になった学生寮を退寮。

この寮、キャンパス内にあり本来は2年まででその後は民間アパートに移るのが決まりらしいが、
空室状況と個人の事情で 居座る 4年間入寮もできるそうだ。

途中引越の面倒さと経費に引かれて、いろんな事情と訴えて4年間居座ったというわけ。
さすが2号、要領はいい。

P2282726.jpg
P2282724.jpg
P2282728.jpg

都内ヘの就職も決まったお友達も乗せ、土浦へ。

土浦は、自分の実家、娘にすればばあちゃんち。
すでに娘1号が世話になってるが、そこに下宿。

ばあちゃんも大変だ、孫2人が下宿という事に。



帰り道、ぐるっと周ってみた駅の東側。
京成ホテルが消えて更地になり、ヨットハーバーだけが存在。

川口運動公園は健在。
P2282730.jpg

川口では釣り人が少々。

市街地方面。
右の高い建物は駅前のビル、旧イトーヨーカドー。
市役所移転は決定らしい。
街中が活気ついてくれればいいんだが。
P2282731.jpg

反対、河口方面。
P2282732.jpg


最後の勤め完了。







にほんブログ村








FC2Ad

まとめ