いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

会津駒ヶ岳 駒の池~中門岳

DSCF8698.jpg
見慣れた風景ですが、季節によってその姿は幾通りにも変わります。

会津駒ヶ岳
8月30日、滝沢口から登ります。
DSCF8687.jpg

DSCF8688.jpg

ここまでくれば先はも少し。薄雲のかかった夏空が広がっていきます。
DSCF8696.jpg

駒の小屋と 会津駒ケ岳。
DSCF8697.jpg
DSCF8699.jpg
DSCF8702.jpg
DSCF8703.jpg
DSCF8704.jpg
DSCF8705.jpg

駒の池で少し休んだ後は中門岳へ向かいます。
DSCF8710.jpg

大戸沢岳方面は少々の雲が。
DSCF8711.jpg

木道がレールのようにずっとずっと続いてます。
DSCF8720.jpg

中門岳 2060m
DSCF8721.jpg
標識のある一角はグループが休憩中。 スルーしてその先のも一つの山頂(らしき盛り上がり)を目指します。

先はY字路、先に見える池塘をかこむように木道は一周。
DSCF8727.jpg
DSCF8722.jpg

さあ、会津駒へ戻りましょう。
DSCF8735.jpg

DSCF8738.jpg

駒ヶ岳の直下にはまだニッコウキズげが咲いておりました。
DSCF8742.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

駒の池でのんびり

110830_1240~010001

幸せの一本!

思わぬ収穫あり

8月も後半、すっきりしない天気が続いてます。

あの夏の青い空はどこへ行ってしまったのでしょうか。



7月下旬の岩手山・早池峰山以来、山には行けてません。

仕事柄、夏のシーズンは休みを取りにくいし、泥出しボラや実家の墓参りやらでバタバタし、
やっとゆっくりできた今週の休日。

さあ!山だ!
と思いつつも所用は入るし、天候も雨ではないが良くはない。



小さな庭は1か月以上もほったらかし。

で、家周りの片付け に決定。






前と後①
DSCF8668.jpg DSCF8670.jpg

前と後②
DSCF8669.jpg DSCF8671.jpg

延び切ったアジサイをバッサリ剪定。
ヒバの垣根を芯詰めて刈込。
草取りと、下刈機で草刈り。

切った枝と草は燃えるごみ。
も少し田舎なら裏山に投げて自然に帰すこともできますが、
市街地なんで行政のゴミ収集区分に従い45L袋詰。


草ぼうぼうに隠れて実ってました。収穫!
シシトウ と ミョウガ
DSCF8673.jpg
DSCF8679.jpg
これはしばらく食卓に並びそうですな。
邪魔していた草も除去し、naoさん見つけやすくなったもんで。。


で、仕上げた後は、燃料補給
DSCF8675.jpg

充実の休日でした。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村
nasu240をフォローしましょう

泥出しボラで東松島市へ

8月3日は宮城県東松島市へ。

那須町社会福祉協議会のボランティア募集。
6月7日から始まり、7月、8月(今回)、9月と4回の計画です。

町バスで30名の参加、うち7名が町会議員という構成。



東松島市鳴瀬地区、海からは2キロほど離れてますが、鳴瀬川という大きな河川に接する地区です。
DSCF8588a.jpg

仕事は側溝の泥出し。
DSCF8592a.jpg
半数以上がリピートなので作業は慣れたもの。
側溝ふた開け係、スコップで泥上げ係、どのう袋を持つ係、縛って運ぶ係、石灰を撒く係、ふたを閉める係と
手際良く進んでいきます。

曇り空、夏のギラギラ太陽もなく、雨も降らない、条件は良しです。



ポールの赤ラインが津波の水位。
正面が盛り土の道路、こんな盛り土と堤防に囲まれた地区。
それを津波が乗り越えはしなかったものの、道路下の貫通路から水が押し寄せ、
引くときにガレキがその貫通路に引っ掛かり、しばらく水が引けなかったそうです。
DSCF8590a.jpg


6月には田畑に散乱していたガレキも撤去され、雑草が多いつくいてます。
建物の補修も進み、街並みは元に戻りつつあります。
この地区に限って言えばですが。

でもねえ、被災地全体からみれば、まだまだ人の手が必要と思います。





にほんブログ村

nasu240をフォローしましょう

FC2Ad

まとめ