いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

羽ばたけ、娘よ

卒業記念にと出かけた旅行の帰国は3月11日。
帰国2時間前の機上で地震の一報が入り、
成田着陸は見送られグアムへ連れて行かれた卒業旅行。

その後の卒業式は中止。企画していたパーティーも中止。
吟味して選んだレンタル袴もキャンセル。



そんな折り、アルバイトをしていた結婚式場で記念写真を撮っていただけることとなりました。



アルバイトは写真スタジオのスタッフでしたので、お客様に
「も少し右~」とか「下向いてますよ~」とか「はい、にっこり~」
なんて言ってたのを、自分が言われてるもんだから妙にぎこちない様子。









仕事も、資格を生かせる興味のある分野に決まり、4月1日からは社会人。
早いものです。

このたびの震災を思うと心痛むものがありますが、
この厳しい時期に社会に出たことをバネに、
大きく大きく羽ばたいてほしいものです。

親として、切に願うところであります。












スポンサーサイト

災害復興ボランティアに参加

震災に伴ってお客様の減少と、計画停電と、通勤者の燃料確保のため、我社でも輪番休暇。

で、自分も本日休み。本来なら3連休で忙しいはずなんですが。。。



気を取り直して災害復興のボランティアに参加。



ボランティアセンターのある『ゆめプラザ』に集合、本日の登録。

ここで依頼側とボランティアのマッチングをし、自分はほかふたりと3人組で「植木の移動作業」。


地図を片手に訪ねたお宅は、土留めのブロック塀が崩壊し、
重機を入れて作業する前に庭木と植木鉢の移動。
DSCF7480.jpg

ボランティア活動のベテラン、クロ隊長とペンションオーナーのクラさん。
DSCF7482.jpg
3人で手際よく片付けて昼前で完了しました。

センターに戻り午後の作業を確認。
が、依頼無し。
で、解散。

ボランティア数に比べ依頼数が少ないようでした。




道路を挟んだスポーツセンターには福島県から避難された方が入ってます。
DSCF7483.jpg

となりの那須塩原市の製麺屋さんではうどんの炊き出し。
DSCF7484 - コピー

地元のグループではあゆの塩焼き。
DSCF7487.jpg


自分の勤務先からは900mlの瓶入り牛乳90本(450人分)が昼に間にあうように届けられたはずです。




平成10年8月、那須は大洪水に見舞われました。
亡くなった方もいます。
住まいを失った方もいます。
畑も、田んぼ、牛も流されました。

だから、でしょうか。
あったかい人が大勢います。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
nasu240をフォローしましょう

心に残るつぶやき

転送ですが、グッときました。

http://prayforjapan.jp/tweet.html






計画停電、16時50分から。

勤務先は仕事にならないので全員帰宅。自分も。

信号の灯いていない交差点。

皆、徐行。

「どうぞ」と手で合図、お互いに。

ローダウンのマジェスタに乗ったお兄ちゃんも。


たいしたもんだ、日本人。やるね!


地震で

DSCF7462.jpg


勤務中、地震に遭遇。

テレビを付けると、えらいことになってました。

お客様の安全確保、社内のスタッフの確認、破損個所の確認。

電気、水道、ガスの仮復旧。

今後の対策打ち合わせ。



家族との連絡が取れたのは暗くなってから。

naoさん
園児の昼寝の最中に地震。布団を持って園庭に避難。
保護者に迎えの連絡や引き渡しを終えて帰宅。
途中、石塀や建物の外壁が落ちてるのを見たとか。

息子
学校の授業中に遭遇。
JR不通に付き、路線バスを乗り継いで黒磯駅まで。
駅前で避難中にnaoさんに連絡がとれ、naoさんクルマで迎えに。
市内は渋滞。

娘2号
午後から外出でJR乗車中に地震で停車。
乗客は降ろされ歩くことに。
naoさんに連絡が取れ、西那須中の体育館に避難中とのこと。
自分が帰宅してから迎えに行き、渋滞やう回路を経て戻ったのは23時。

娘1号
3月3日からオーストラリアで研修旅行。
帰りはこの日の19時予定。
成田着陸はたぶんムリ、じゃあ、どこに?
連絡待ちの状態。
翌日になるころに国際電話。
帰国の便に乗ったが成田に降りれなく、グアムに着陸。
グアムからの電話でした。
予定は立たないけれど、無事。

自宅
電気OK。
水道不通。
娘2号の迎え帰りに開いてる店へ寄るが、水は入手できず。
最後に寄ったスーパーで500のPET水を確保。
開いてるスタンドも大混乱大混雑。何とか燃料も確保。











1日たって被害の全容が見えてきました。

南三陸
宿の窓を開けるとカモメが飛んできて、目の前には海苔のいかだが広がり。。。

気仙沼
ここの港で食事をし、フェリーで大島に渡りました。。。

南相馬
昨年訪れた松川浦。。。。

仙台蒲生海岸
海鳥を見に行きました。。。



出来ることなら、飛んで行って何とかしたい。

被災地の復興と、被害にあわれた方々へのお見舞い申し上げます。






吾妻・西大巓のモンスター

吾妻・西大巓のモンスター




は、結局見られませんでした。

天候悪化で撤退です。猪苗代辺りは晴れてたんですがね~



3月8日、グランデコから。
センターハウスからゴンドラとリフトを乗り継ぎゲレンデトップへ。

DSCF7400.jpg
吹雪いてるように見えるのはアクリルの傷です。

夏道が分かる訳でもないんで、リフトの係のおにいさんに聞いてみると、
「みなさんその辺から登ってきますよお。さっきも一人登ってたしー」
『ありがと』


トレースをお借りして山の中へ入ります。

DSCF7402_20110308213024.jpg
DSCF7404.jpg
DSCF7406.jpg
DSCF7407.jpg
DSCF7415.jpg

標高が高くなるにつれて、風、雪、いわゆる吹雪。ホワイトアウト。
先人のトレースさえ消されかかってるうえ、見えない。

現在地が正確にはつかめないが、リフトトップから西大巓までの3/4あたりではなかろうか。

西大巓まで行けたとしても、その先西吾妻山までも同じ状態かもっと悪化してると思われます。

目標物が無く、トレースも消されてる状態で行く気にはなれません。

有視界歩行が出来ないと危険ですし、おもしろくもありません。




ダメだこりゃ、と、撤退!

DSCF7417.jpg
DSCF7423.jpg
DSCF7425.jpg
DSCF7428.jpg
バックが白く、対象物も白、かつガスっているので写真では良くわかりません
比較の人物もないので大きさもわかりません。

でも、すごいですよ、この迫力。



そんなときでもセルフ撮りは忘れません。
DSCF7431.jpg



リフトトップまで戻りました。
DSCF7433.jpg
ゲレンデに沿った林の中をサクサクと歩きます。
DSCF7434.jpg
DSCF7436.jpg
雪質、サイコー! 
パフパフ気味で、キュッと締まる歩きやすい雪。

リフトやゲレンデが見える範囲の歩きなら迷うこともないし。



ボーダーやスキーの邪魔にならぬようゲレンデを横断し、終了。
DSCF7440.jpg




小野川湖ではワカサギ釣り。
DSCF7441.jpg
DSCF7443.jpg
これもはまったら止められないだろうなあ、と思いつつ。



今度は晴れ間を狙って行きたいですね。
今の時期でこれだけありますから、まだまだいけそうです。

西大巓から西吾妻へかけての稜線、見てみたいですね。
天元台から中大巓~西吾妻も楽かもしれません。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

おひなさま



お気に入りの雛人形。

益子焼。

今年も登場。






あと何年出せるかな。




試し乗り、散々。

職場からクルマで10分のスキー場。

リフト2本、ボード禁止、隣接する休暇村の専用ゲレンデのような公営の小さなスキー場です。
近くには東急系のゴンドラ付きの大型スキー場があるので、
ここはファミリーか休暇村泊の学校団体の利用が多いようです。


午前で仕事を終えて昼からやってきました。

って、実は今日は休日なんですが、休日を組んでたことをすっかり忘れて打ち合わせの予定を入れてしまいました。
気がついたのが昨日で、今さら先方の来訪変更もお願いできないし、
まあ、打ち合わせだけでもこなせば午後はフリーですから。

道具と着替えを積んでの出勤でした。





DSCF7375_20110302231949.jpg

4時間券、1600円。

風、強っ!

ゲレンデ、無人。
私のためにリフトを動かしてるように見えます。
DSCF7377.jpg

ゲレンデはモナカの表面にパウダー状の新雪がうっすら。

ターン出来ない。
こける。こけ続ける。
ゲレンデ無人で誰も見てないが、参る(>_<)


多分、板のせい。
この板は昔系のセンターくびれのないタイプ。
昨年、ここを滑ったのは アルペン板 。
いわゆるカービングスキーです、くびれのあるやつ。


たぶん、この差だと思います。
2台持ち込み検証が必要になりそうです。
今期、出来るかどうか。。。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ



ジルブレッタ300、ゲット!

「今日、宅急便で荷物届くから」  って言う前に、届いてしまいました。
DSCF7335.jpg
『スキーあるじゃない。んなのにまた買って!』
(はい、いえビンディングが違うもので。。)

『しかも、古っ!』
(はい、いえ今となっては手に入らないもんですから)

『またオクで競り合って高くなったんでしょ!』
(いえいえ、ビンディングと板とシールまで付いて居酒屋2回分でございます)



まあ似たようなやり取りがありましたが、めでたくジルブレッタ300を入手出来ました。




ヒールロック状態。
DSCF7340.jpg

ヒールフリー。
後ろのレバーを上げるとツメが下がり踵が上がる状態に。
DSCF7341.jpg

ヒールフリーでクライミングサポート使用。
DSCF7342.jpg

これが純正の滑り止めヒモ。
DSCF7344.jpg

片方が破損していたので、左右ともナイロンテープ+プラスチックバックルに交換しました。
DSCF7352.jpg

持ったところ軽そうなんで計ってみました。

昨年入手のビネルサ2000+アルペン板は2.8kg。
DSCF7354.jpg

ジルブレッタ300+山スキーは2.4kg。
DSCF7353.jpg

結構違いますね。左右で800gの差。
これは大きいかも。


立てかけたついでに写真を。
DSCF7374.jpg
左からクロスカントリー、山スキー、アルペン。
トップの曲がり具合が良くわかります。


雪のあるうちにテストしてきましょ。
山だとこけるんで、とりあえずゲレンデで。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

高原山八方湖でクロカン

午後から天候が崩れる予報の3月1日、崩れるのを承知で高原やまの駅へ。

今シーズン、クロカン履いてないし、あちこちで春の便りが聞こえ始めてますので、
最初で最後かなとの思いでブラッと八方湖あたりをと思いまして。


昼近くに到着。
天候崩れ気味の平日なんで、一人だななんて思っていたら同士の先客が。
DSCF7355.jpg
あれれ、ご無沙汰してます、なためさんではないですか。

お久しぶりです。
牧場をぐるっと回ってきたとのことでした。
しばし立ち話。



さて、ガスの中を八方湖に向かって歩きだします。
DSCF7358.jpg

電波塔手前から右の遊歩道へ入ります。
DSCF7359.jpg


八方湖は氷結積雪。
DSCF7364.jpg
まあ、このところ気温が上がってきてるので、湖上に上がるのは止めましょ。
DSCF7362.jpg


林道を気持ちよく流し、枡形山への入り口を確認。
DSCF7367.jpg
気になってる所なんで、また後で行ってみましょ。


ランチタイムを入れて3時間、のんびりぐるっと回ってやまの駅へ戻ります。

DSCF7371.jpg

自分で撮ってるだけなんで、おもしろくもないですけど。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村 車ブログ ボルボへ


FC2Ad

まとめ