いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33年ぶりに会う顔も、土浦で



高校のクラス会。
卒業して33年。

全体の同窓会は25年と40年に行います。
地元土浦や近辺の数名は集まってるようですが、クラス全体への声かけは初めて。

高校3年間通してクラス替えなしの、同じメンバーで通し。
1年、2年、3年ともH組です。
女性ゼロ、野郎ばかりのクラスです。

40人中26人が集まりました。
地元が7割くらい、北海道や静岡は来なかったけれど、遠方組は栃木からの自分くらいか。

全体同窓会や、山岳部のOB会や、子供を連れて那須まで遊びに来た連中で、
卒業してからも会ってるのもいますが、30年来のやつも何人か。

みんなオヤジになってます。
髪は白く、無くなってるやつもいる。
もっとも自分もそうだけど。

孫も出来たやつもいれば、いまだにシングル生活のやつも。
職業もまちまち、転職で替わってるのもいる。

「仕事も、生活も一番大変な時だよな。そして今の世の中もきついよなあ」

そんな話をしながらも、当時の写真がプロジェクターで映されると
「おう~!」「ありゃ!」「わぉ~!」と 雄たけび 歓声が!
学校祭、歩く会、部活。。。。
髪は肩まで伸びている、自分も。



締めは校歌。
このクラスには、当時の応援指導部(いわゆる応援団)の部長、副部長、旗手と揃っていたので、
振付付きで大合唱。



  ♪沃野一望数百里 関八州の重鎮(しずめ)

   そそり立ちたり筑波山 空の碧をさながらに~♪



と、土浦の桜町歓楽街の夜は更けてゆくのでありました。








スポンサーサイト

雲竜渓谷・・帰り道

氷の世界を充分に堪能した後は、往復なので戻ります。

林道を戻らずに、渓谷入口の広場から河原沿いに下る道を発見。
トレースもついてます。
DSCF6924.jpg

河原へ下りるためには急降下。
DSCF6925.jpg

このスケールに驚きです。
DSCF6927.jpg

堰堤を越す(下る)のに少々難儀しますが、河原の中は快適に歩けます。
DSCF6929.jpg

洞門岩で林道に合流。

きれいに除雪された林道を黙々と歩き、稲荷川展望台でひと休み。
DSCF6930.jpg
DSCF6931.jpg
DSCF6932.jpg

黄色の線が往路。
左岸を歩き、堰堤脇の斜面をよじ登り、堰堤に出て、対岸へ渡り、林道までの斜面を登ります。
DSCF6934.jpg





帰り道は 明治の館 へ寄り道、お茶タイム。
DSCF6936.jpg
久しく寄ってませんが、naoさんとの思い出の場所でもあります。
チーズケーキを美味しく頂きました。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ



雲竜渓谷・・2

雲竜渓谷・・1

1月23日は日光の雲竜渓谷へ。

ヤマケイに出ていたからではなく、前々からの予定です。
1月13日の事故からも一段落し、抜糸も完了、傷跡も快方に向かってます。
そろそろ「ヤマ歩きしたい虫」がうずうずしてきてますんで。

この日は、久しぶりにnaoさんと一緒。


東照宮裏から稲荷川林道へ。
ヤマケイ記事の直後と、日曜も重なり多くの人出は予想されます。
案の定、駐車は多く、ゲートから20分ほど下の路肩へ突っ込んで駐車です。
DSCF6894.jpg

林道通行止めゲート。
林道を歩くのもかったるいので、正面ゲートより作業道に入ります。
DSCF6897.jpg

稲荷川の左岸に付けられたトレースをお借りして上流へ。
DSCF6900.jpg

堰堤を越えるのに急斜面をよじ登り、
DSCF6903.jpg

堰堤上部に到達です。
DSCF6905.jpg
水の流れの細くなった部分を探して飛び石で渡り、対岸へ。
後ろに見える林道まで登れば、
飛び出るのはここ。
DSCF6907.jpg

除雪された林道をひたすら歩き、「洞門岩」。
対岸に見えてるのが洞門岩、多分。
DSCF6908.jpg

ここからは除雪がされてなく、フカフカ雪を歩きます。
DSCF6910.jpg
スノーシューまで入らず、アイゼンも不要。
つぼ足で気持ちよく歩けます。


林道歩きもここでおしまい。

見えてますよお、あの氷柱が!
DSCF6913.jpg





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ




鶏頂山で雪遊び

2011年の初登りは1月12日の鶏頂山

年末年始は勤務という一般と逆の仕事のため、今週からやっと休みを確保出来ました。

午前中に所用を済ませ、登山口に着いたのは昼。
廃業となった鶏頂山スキー場の入り口に駐車。
今日は誰も入った形跡はありません。

行けるところまで、と今年初一歩を踏み出します。


大鳥居から登っていくとレストハウスと駐車場。
その一角にある登山口。  スキー場を登っていきます。
DSCF6800.jpg

何日か前に歩いたトレース。たぶん1月8日~10日の連休か?
DSCF6803.jpg

ほどなく枯木沼
DSCF6804.jpg
DSCF6805.jpg

枯木沼から上にもひとつのゲレンデがあります。
振り返ると自分のトレース。
DSCF6809.jpg

大沼への分岐。
DSCF6811.jpg



DSCF6812.jpg

うす暗い植林地帯を抜けると、弁天沼
DSCF6814.jpg


ここから稜線までが急坂。
スノーシューでは大きすぎ登るに手こずります。
ツボでは潜るし、ここはワカンでしょうか。


釈迦ヶ岳-鶏頂山を結ぶ稜線に出ると、そこはもう幻想の世界。

右手は鶏頂山
DSCF6821.jpg

左は御岳山。その先の釈迦ヶ岳はガスの中です。
DSCF6822.jpg

ルートは標識もあり、トレースも残っているので夏道通りに進みます。
DSCF6825.jpg

DSCF6820_20110113005145.jpg


これが見えれば山頂!
DSCF6830.jpg
DSCF6831.jpg
DSCF6834.jpg

帰りは早いもんで、急斜面は駆け下り下山。


今日のお伴はこれ↓
DSCF6838.jpg
つま先鉄板入りのがっちり型のゴム長靴。
これによりベルトで締めすぎることもなし。
かかとの部分はゴムの出っ張りが付いており、スノーシューのかかとベルトも外れることはない。
防水は完璧、靴下ダブルで防寒対策。



履いたままの行動なら、結構使えます。



スキー場跡地から枯れ木沼~大沼~弁天沼であればきついところもないし、
スノーシューハイクにはいい感じです。




※この記事は 1月13日滑落事故 の前日に途中まで書いていた記事に加筆しUPしたものです。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

急展開で退院

本日17日、ひとまず退院。
DSCF6891.jpg
頭の傷2か所12針の抜糸はまだですが、打ち身の痛みは通院レベルになり、
自宅に戻ってからの転院先の調整も出来たので急遽退院の運びになりました。

夕方に退院手続き。
13日に運ばれたので、4泊5日になります。

naoさんに来てもらい、古分屋敷のPに置きっぱになってるクルマを回収。
5日間ほっといたのにボルボは機嫌よく一発始動、一安心。

2台連ねて自宅まで戻りました。




で、退院祝い!
DSCF6893.jpg
治療途中につき「ゼロ」




抜糸、頭の骨のヒビの可能性、鼻の骨の小さな骨折とまだまだですが、
近くの病院での外来通院でいけそうです。


ご心配をおかけしました。
naoさんにも、申し訳なく思っております。


落ち着きましたら、今回の件、検証してみたいと思ってます。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ



入院4日め、雪の朝


夕べちらついてた雪はそのまま降っていたようで病院駐車場は真っ白。看護士さんが計ったら11センチとか。大子町では多いほうだそうだ。

朝から青色が広がり、窓からは見えるんだな、奥久慈の山々が。
目の毒だね、今は。




「このクルマずっと置いてあるけど、歩いているとき誰にも会わなかったよね」
「そうね、山から落ちて運ばれて入院でもしてんじゃない?」
「そうかもね」
「そうよ、ワハハ」

そんな会話が聞こえてきました、夢の中でね。





だいぶ楽に。入院3日め。


打ち身の身体は、湿布と痛み止めの薬で落ち着いてる。
顔の腫れは試合後のボクサーくらい。

食欲はある。病院食では足りなく袋菓子とアイスクリームを下階の売店で買ってきた。あと缶コーヒー。

この病院、大子の町中にあるようで、大子駅から久慈川に向かって延びてる石畳の商店街の隣の通りのようだ。
ここなら何度も通ってる。落ちた13日も通ってる。その日の午後に収容されるとは。。。

山で怪我して救急車だとここ、ドクターヘリだと水戸まで飛ぶそうだ。


naoさんに雑誌と文庫を頼んだら、ヤマケイ(今日発売?)を買ってきた。
「あっ!目の毒よねぇ、あたし先に読むからね」って、持って帰ってしまいました。

入院2日め


先ほど夕飯、完食。昨日は昼にする前の事故なので、何も食べてない。腹が減っていたので旨かった。

夕べは傷口の痛みよりは、打撲の全身痛みがしんどかった。寝返りもうてないし、眠れない。
24時間は内臓観察とのことはで水も飲めないので喉はからから。
明け方うとうとしたくらい。

昼前に尿検査したら内臓は異常なしとのことので水分解禁。
痛み止めも飲めたし、湿布も貼ってもらったんで午後からは快調。

naoさん来たんで、昨日救急車を呼んでもらったお宅(古分屋敷の商店)にお礼に行ってもらいました。

身体も動くようになったんで点滴携えながら院内散歩。
会社に電話して、売店でプリンと週刊文春(これしかなかった)を買ってきました。


ヒマだ~
でも顔は1.5倍位に腫れてます。

落ちました、今晩は入院です。


カゴ岩近くで下山中、足を滑らせて20Mほど転落。

顔面と頭部を打ちました。
足は怪我無しなので自力はで下山、救急車で搬送。
念のため入院、ベッドはで書いてます。

新年ごあいさつ


元旦の陽が那須山麓に当たるころ  (2011年1月1日 那須町にて)


新年明けましておめでとうございます。


ボルボ240で始めたブログも山歩きの割合が高くなり、
マイペースでやってるこんなブログにご訪問頂きありがとうございます。



ボルボ240も記事に出来るトラブルも(あるっちゃあるけど)思ったより少なく、
山歩きが出来るのも身体の調子が良い証し。
どちらも健康で進んでおります。

今年もボルボ240と山歩きに、仕事以上に 仕事の合間に励んで行こうと思っております。



末永きお付き合いのほどを、よろしくお願いいたしまます。



2011年 元旦       【いなかの240】by yosi 






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村 車ブログ ボルボへ

にほんブログ村








FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。