いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

甲子・旭岳 山頂より

紛失したケータイが発見されましたので、記事の追加です。

カメラのメモリーオーバーのため、山頂からはケータイで撮影です。




二股山、小白森山

写真では判断しにくいですが、猪苗代湖も確認できました。
で、猪苗代湖に5~6台の白いヨットが横一列にきれいに並んでるな、それにしても大型のヨットだな、
と思いよくよく見てみると、なんと会津布引山の並ぶ風力発電の風車でした。


小白森山、大白森山、手前は甲子山
2010_0625BA.jpg
大白森山をトラバースする旧道(甲子林道)が良く見えます。


赤面山、三本槍岳
2010_0625BB.jpg
偶然にも蝶が!


大峠、流石山大倉山方面、奥は男鹿山塊
2010_0625BD.jpg


キバナノコマノツメ
2010_0625BH.jpg
  タカネスミレ:砂礫地や岩場、全体に頑丈、葉面の光沢が強く、葉が厚く葉脈が目立つ。
  キバナノコマノツメ:湿り気の多い草地、全体に軟弱な感じ、葉が薄い。
よって、キバナノコマノツメです。でしょう。





スポンサーサイト

ケータイ発見される!

取りに行ってきました、甲子山で紛失したケータイを。




福島県南の警察署から電話がありました。

遺失届をした携帯電話が届いてるとのこと。

まさかと思いましたが、翌日に登山をした人が届け出たそうです。






拾ってくれた方を教えてもらい、お礼をご連絡をしました。

地元、福島県南の方で、状況をお聞きしたところ、急斜面の樹の枝にぶら下がっていたとのこと。

えっ?樹の枝に?


原因で考えられるのは、

   ①落ちてたのを誰かが木の枝に下げておいた。

   ②ケツポケットから出ていたストラップ(ループ状)が枝に引っかかった。


②番かな、たぶん。





それにしても、いい話です。

ありがとうございました。











めざせ!甲子・旭岳

甲子・旭岳1835m

那須連山からも見え、ピラミダルな山容。

ふもと白河市からもその姿は望め、冬は白い頂が輝いております。

公式な登山道はありません(とのこと)。

2010_0625AK.jpg

6月24日、一年ぶりに登ってきました。 昨年はこちらから

R289を甲子トンネルへ向かって登っていくと、正面に見えてきます。

左はR289と除雪車両基地、右の道路は旧道で甲子温泉「大黒屋」に通じるもの。


今日はトンネル口からではなく、旧甲子峠から登ります。
2010_0625AB.jpg
って、R289から入ったらすぐに通行止め。
新潟ナンバーの2台もここで駐車、甲子峠まであるって行ったのでしょうか。

これ、歩いたら結構あるよな、トンネル口まで戻ってそこから登ろか。
と、クルマの向きを変えてたところ、地元ナンバーの二輪車と続いて軽トラ。

ダメ元で聞いてみました。
「この先行けますか~?」
     「クルマでは抜けられないけど、登山口までは行けるよ」


旧R289の甲子峠。
先客はジムニー1台。
2010_0625AC.jpg
この道、四駆遊びをやってた頃にはよく通った道です。この峠も覚えてます。
峠に立って下郷方面が正面。
右の案内板が大白森山、小白森山への登り口。

左側が甲子山方面。
2010_0625AE.jpg

小さなピークをふたつ超えて、後は甲子山の東面を巻くような水平移動。
甲子温泉からのルートに合流します。
2010_0625AH.jpg

めざせ!甲子・旭岳!
2010_0625AJ.jpg
甲子山 1549m に登れば、その先には旭岳の雄姿。
ルートは左側の尾根沿い、うっすらと路も見えます。
登ってる姿も見えるはずです。

迷う道ではありませんが、傾斜はそれなりにきつく、
こんな所もあり、です。
2010_0625AM.jpg

灌木帯に出ると、トップまで少し。
高度も上がっているのがわかります。
2010_0625AP.jpg

2010_0625AR.jpg

2010_0625AT.jpg

須立山、三本槍方面。
那須からつなげて縦走ってのもいいですね。
2010_0625AU.jpg


ベニバナウツギ
2010_0625AN.jpg

ウラジロヨウラク
2010_0625AQ.jpg

ハクサンチドリ
2010_0625AV.jpg

イワカガミ
2010_0625AX.jpg




で、写真はここまで。

カメラにSDカードが入っておらず、ここまではカメラ内臓メモリーで。
「メモリ残量がありません」表示で気がついた次第です。


この後は、ケイタイで撮影しました。 山頂写真や、山頂からの展望。

画像を大きくして撮ったので、PCだったら十分見られるな、と思ってました。




























ナイ! ナイ! ナイ!  ケータイが

クルマに戻り、帰ろうとしたときです。

途中のロープ場でアクロバット的なことやったからなあ。

ズボンのケツポケットなんで落ちることは考えにくかったなあ。

戻るのもしんどいし。。。。

場所も特定できないし。。。。


あきらめよ。
しょうがない。。トホホ。。。。。。。。。。。。





帰ってからさっそく手続きをいたしました。

警察に遺失物かかりに電話をし、受理番号をもらうと紛失ということで機種替えが割引になるそうだ。

ポイントもたまっていたので、実質0円で機種変更の手続きをしました。

今度のは「ソーラー充電+防水機能」山では使えそうです。
ネックストラップを忘れずに! です。


あっ、それから旭岳へ行かれた方で、黒の日立製のが落ちてたら、私のです、多分。








全国放浪 花の写真家

ミニぞうり。

一つの大きさが約3㎝×2㎝、鈴付き。


そのミニぞうりとともに入ってたのがこの紙切れ。
DSCN2416.jpg

このお方にいただきました。
2010_0601CH.jpg


6/1 那須岳  隠居倉で昼飯中に。
私と、このお方と、もひとり単独の男性と、3人で。
1時間近く雑談。
那須のこと、花のこと、などなど。

写真でも! とカメラをいじってる間に行ってしまいました、はやっ!






おおっ、あの時の方ですよ。


↓ 6月22日 下野新聞
無題


庚申山

梅雨の晴れ間。

コウシンソウの便りが届きました。

6月21日、庚申山へ。


銀山平から林道歩き。
少々かったるい気持ちもありますが、身体を慣らすには手ごろです。
2010_0621AA.jpg

奇妙な風景です。
2010_0621AB.jpg
頭大のほぼ大きさのそろった石が雪崩状に。
この最上部はどの辺で、どうなってるんでしょう。
確かめに登ってみたくもなります。

小1時間で、一の鳥居。
2010_0621AC.jpg

ここからは渓流沿いに登ります。
2010_0621AD.jpg


庚申山荘へは寄らず、猿田彦神社跡からお山巡りへ入ります。

しばらくは低い笹の尾根道。
2010_0621AF.jpg

シロヤシオの老木も見られます。
夏期は要チェック。
2010_0621AG_20100623000819.jpg



コウシンコザクラ? ハクサンコザクラ? ユキワリソウ?
決定的な違いが分かりません。
2010_0621AI.jpg
2010_0621AJ.jpg
2010_0621AK.jpg
2010_0621AM.jpg




路は 楽しく 険しく、登ったり、くぐったり。
2010_0621AL.jpg
2010_0621AN.jpg
2010_0621AO.jpg
セルフタイマーで何やってんだろ。
苦労した割には、あれれ、何が写ってるのか分かりません。



山頂直下のコウシンソウ
2010_0621AQ.jpg
2010_0621AR.jpg
2010_0621AT.jpg
あんなにたくさん撮ったのに。。。。
ほとんどは×。
何とも情けないです、残念です。


通りすがりの山頂を通りすがり、
2010_0621AY.jpg


その先の展望台でお昼。
この風景を一人締めです。
2010_0621AV.jpg

鋸山へ続く尾根と、皇海山。
2010_0621AX.jpg
堂々たる山容、いつかは登ってみたいものです。

国境平、尾根は白根山へ。
2010_0621AW.jpg




帰り道。



カラマツソウ
2010_0621AE_20100622224709.jpg

オククルマムグラ
2010_0621AZ.jpg


2010_0621BA.jpg

クリンソウ
2010_0621BB.jpg
2010_0621BC.jpg

コアジサイ
2010_0621BD.jpg



林道歩きが、やけに長く感じられました。

今年も見られたし、満足。




Father's Day

6/20 Father's Day



昨日、寝る前。

「おとう、これ。  父の日だよ。」 とnaoさん。



山用のジップアップの長ティーと丸ネックのティー。

「重ねて着れるかもよ」と。








あ・り・が・と


田代山~帝釈山・・・・番外編

下山後は 湯の花温泉。  湯端の湯

となりの民宿で入浴券200円を買い、さっそく!
DSCN2278.jpg
ケロリンの湯桶、いまだに健在!


噴き出る汗、のど越しを通る感覚。
これだから止められないっす!


DSCN2280.jpg
大丈夫、0.00%のやつだから。
凍ったPETボトルを冷源に断熱箱。
ギンギンに冷えてました。

ついでに、山の中へはこんな形で持ち込むことも忘れてはおりません。
DSCN2191.jpg
やっぱ、冷えてる方がいいでしょ。




田代山~帝釈山②・・・・オサバグサ

田代山をあと帝釈山に向かいます。

避難小屋の脇をすり抜け、帝釈山まではゆるい尾根道。





オサバグサ はすぐに出現。
2010_0617DQ.jpg
2010_0617DL.jpg
2010_0617DI.jpg
2010_0617CV.jpg
2010_0617BW.jpg
2010_0617BV.jpg
2010_0617BQ.jpg
2010_0617BS.jpg
2010_0617BP.jpg
いやいや、すごいのって!
路沿いの上側と下側にびっしりあります。
開花は幾分早めのようです。
半分くらいがつぼみ、と言ってもこれだけの株が花をもってますのでみごとなもんです。


夢中で撮ってるうちに 帝釈山 2060m。
2010_0617CI.jpg

馬坂峠口から登って来て田代山に往復する方も多く、田代山-帝釈山は往復と2回すれ違いが目立ちます。

田代山方面。
2010_0617CL.jpg

左は至仏山、右が燧ケ岳
2010_0617CE.jpg

会津駒ヶ岳
2010_0617CF.jpg

日光白根山
2010_0617CH.jpg

最近、画像の中心に丸い影が出るようになってしまいました。
山肌には同化して目立たないのですが、空を写すと入ってしまいます。
レンズの表面の汚れではなさそうです。
内部のトラブルかな?


帰り路。
オオカメノキや、
2010_0617CX.jpg

アズマシャクナゲ
2010_0617CA.jpg

サンカヨウ など初夏の花たち。
2010_0617DC.jpg


2010_0617DD_20100620010117.jpg




で、ここでバッタリ体験です。

かつての同僚に遭遇。
私は、もしかして多分そうだろう! と確信しましたが、彼女はきょとんとしてました。

動物の好きな子で、専門学校に入学のため退職。
今は福島県内の行政の嘱託職員で、自然環境の調査をやってるそうです。
仕事関連の仲間とオサバグサ狙いで来たとのこと。

いやいや、びっくりです、お互いに!

またどこかで会うかも、と別れました。
2010_0617DH.jpg





田代山~帝釈山①・・・・田代湿原

梅雨の間の晴れ予報、振替の代休、前日の福島民報「帝釈山でオサバグサ開花」。

こりゃ行くしかないでしょ!



6月17日は田代山・帝釈山へ。

桧枝岐から林道を走り、馬坂峠のPから帝釈山までの登りに群落があるそうですが、
林道も長そうですし、荒れてるらしいし、駐車場も広くはない、ようです。

まあ、慣れてる道で南会津の旧館岩村から湯の花温泉経由で猿倉口へ。


この林道は館岩から栃木県の川俣に抜ける「田代山スーパー林道」と呼ばれていて、
東となりの「安ヶ森林道」(立岩-湯西川)とともに四駆オフローダーの人気コースでした。
ランクルやジムニーに乗ってた頃は、走りに来ていたところです。
現在はバリケードで栃木県側には抜けられませんし、安ヶ森林道も状況は分かりません。


田代山には一昨年の7月にも行ってるのですが、湿原の真ん中で大粒の雨が降り出し、雷!
掛け足に近い早歩きで樹林帯に飛び込み、土砂降りの中を駆けおりた事があります。
2008/7/16 田代山



猿倉口のPは、平日にもかかわらず20台ほど、ほぼ満車です。


1時間ほどの登りで 小田代
2010_0617AF.jpg
2010_0617AI.jpg
こじんまりとした湿原。


花たちは、やっと動き始めた感じです。
2010_0617AB.jpg
2010_0617AD.jpg
2010_0617AJ.jpg


小田代からひと登りで 田代山湿原
2010_0617AK.jpg

反時計まわりの一方通行。
2010_0617AL.jpg

広い。広角で。
2010_0617AQ.jpg

アップしてみると、
2010_0617AP.jpg




行く手には会津駒ヶ岳。


山頂らしからぬ頂上?
2010_0617AU.jpg
どこでもいいような気がします。

会津駒一帯はまだ雪が残ってるようです。
2010_0617AV.jpg



2010_0617EI.jpg
2010_0617AQ.jpg
2010_0617FD.jpg
2010_0617EK.jpg
2010_0617EM.jpg
2010_0617AW.jpg
2010_0617AY.jpg
2010_0617BF.jpg
2010_0617EF.jpg
2010_0617EG.jpg
2010_0617EU.jpg


さあ、次は帝釈山へ向かいます。




帝釈山/オサバグサ速報

6月17日、田代山から帝釈山を往復。

オサバグサの状況です。

2010_0617BS_20100617232634.jpg
数多くあるうち、開花の進んでいる株。


ほとんどが、花の半分かそれ以下の開花です。



今週末か、来週あたりでしょうか。



田代山~帝釈山、記事まとめ中です。



釈迦ヶ岳から西平岳、シロヤシオとヤマツツジ

釈迦ヶ岳を後に中岳へ向かいます。

山頂の南面、下りてすぐのところが分岐。左は登ってきたコースで前岳へ。

右、中岳、西平岳方面へ向かいます。

一旦、大きく下り、それから中岳への登りになります。

中岳への登りには、
ヤシオツツジ がまだ残り、
2010_0608AX.jpg

アズマシャクナゲ もちらほら。
2010_0608BE.jpg


中岳 1728m は離れて望んでも、釈迦ヶ岳と西平岳に挟まれた尖った山容。
中身はこんな具合です。
2010_0608BJ_20100611011340.jpg
2010_0608BB.jpg
2010_0608BH.jpg
コメツガと岩が絶妙に絡まり、土面はほとんどなく、根と岩を登ったり跨いだりして歩きます。
トラロープもあるので心配はいりませんが、高原山一帯においては異質なところです。
こんなの好きですけど。


ヤシオツツジ、残っていてこれくらいですから、満開時は楽しみです。
2010_0608BK.jpg
2010_0608BN.jpg



振り返ると中岳と釈迦ヶ岳。
2010_0608BR.jpg

手前は登ってきた尾根。右のコブは前山。
奥の尾根が大丸~ミツモチ。
2010_0608BS.jpg

2010_0608BV.jpg

西平岳1712m は路上にある山頂らしからぬピークです。
標識が2か所ありましたが、どちら?
2010_0608BX_20100611011339.jpg



西平岳からの下り路。
シロヤシオ に トウゴクミツバツツジ が少々混じるくらい。
樹は若く、細く小ぶり。
明るい尾根なので、大入道とはまた違った雰囲気です。
2010_0608CF_20100611011339.jpg
2010_0608CH.jpg
2010_0608CK.jpg
2010_0608CM_20100611011337.jpg
2010_0608CN.jpg
2010_0608CP.jpg
2010_0608CQ.jpg



下り尾根後半はヤマツツジに変わります。
2010_0608CT.jpg
2010_0608CV.jpg
2010_0608CX_20100611011336.jpg
2010_0608DA.jpg




昼の釈迦ヶ岳ではトレランで登ってきた 走ってきた男性がひとり。
話をするまでもなく、背中からチューブで水分補給をして、さあーと下って行きました。


このコース、入山は私一人。
静かな歩きが楽しめます。

ただ、登山口までの荒れてる林道が難点かな。








釈迦ヶ岳、西平口より

先日の高原山オフ会のとき、 西平岳辺りもツツジいいよ! とのお話をいただき、さっそく6月8日に行ってきました。

実はこの辺り、昨年秋にも行っておりますが、下山時に不覚にも迷ってしまいました。
沢を下ってしまったところ、とんでもない離れた場所へ出てしまい、親切なお方にクルマに乗せていただいた事があります。
http://nasu240.blog103.fc2.com/blog-entry-311.html


東荒川ダムからの展望。
左から 西平岳、 中岳、 釈迦ヶ岳



西平岳登山口(西平岳尾根取り付き)に5~6台ほど駐車できます。

西平岳尾根取り付きを左に見て(下山はここに下りてきますが)、そのまま林道を20分ほど。

いわゆる「釈迦ヶ岳コース」口からは、沢沿いに進み、前山への登りです。



2010_0608AC.jpg


前山 1534m辺りからは シロヤシオが現れます。
2010_0608AD.jpg
2010_0608AI.jpg
2010_0608AG.jpg
2010_0608AJ.jpg
2010_0608AK.jpg
大入道ほどの大株や古木はありませんが、登山道には覆いかぶさるように、
また尾根道から笹をかき分けて少し入ると、見上げるような株もあったりします。

咲き始めのクリーム色の花が多かったようです。

標高が上がるに連れては、まだまだつぼみです。





さあ、釈迦ヶ岳 1795m
2010_0608AO.jpg

鶏頂山
2010_0608AQ.jpg

これが登ってきた前岳の尾根。
2010_0608AR.jpg

これから向かう 中岳 と 西平岳
2010_0608AS.jpg

さあ、中岳から西平岳はどんなものでしょうか。




ブログ検索を掛けてみました

「シロヤシオ 高原山」でブログ検索を掛けてみました。




1. 釈迦ケ岳・H22開拓No20(in矢板:八方ヶ原)50/100 -2010年6月8日5時30分
... そうして小さな「高原山神社」も山頂に。いくつかの山々を総称して高原山というが・・・ 釈迦ケ岳と鶏頂山との間に少し低い「高原山」がある。 ... 【花の開花状況】 *シロヤシオ シロヤシオの咲き具合は最高です。あと1週間から ...
kenbosuzume.blog35.fc2.com/blog-entry-800.html - 詳細情報 - 類似記事を検索
ケン坊の日記

2. 高原山 2010年6月 -2010年6月7日23時46分
昨年リンゴさんと二人で歩いたシロヤシオの道。 (その節は雨の中お付き合いいただきありがとうございました) 今年は、Q造さん ... 時折フロントグラスに降りかかる雨 高原山の様子が心配でした。 矢板から山道を登るにつれ青空が ...
blog.goo.ne.jp/trekker-k/e/e3fcbe1521057eaf6b87c2d97e5b0 ... - 詳細情報 - 類似記事を検索
ゆっくりと山登り - このブログ内での検索結果(4)


3. 高原山・大入道シロヤシオ・オフ会~後編~♪ -2010年6月7日22時34分... 6月5日(土)のシロヤシオ・オフ会は素晴らしい一日となりました。 天気良し・景色良し・そして勿論、仲間良し~♪ そんな楽しい・楽しいオフ会の後編~です。 ■高原山・大入道シロヤシオ・ハイキング~後編~♪ ●日時:2010年6月5日 ...
blog.goo.ne.jp/yamatosoba0729/e/0ee9925d77dc3244b062fec7 ... - 詳細情報 - 類似記事を検索
やまとそばの山日記 - このブログ内での検索結果(35)


4. マウントジーンズのシロヤシオ! -2010年6月7日18時3分6/7 同級会の流れでマウントジーンズのシロヤシオを眺めてきました。 花数が吃驚するほど多くて楽しめました! 蕾が沢山ありましたのでまだまだ楽しめ ... ムラサキヤシオがありました、高原山ではお目にかかれない花です。 縦間から茶臼岳が望め ...
blog.goo.ne.jp/ichirizuka_1937/e/debdb5139fe6d151dca95d7 ... - 詳細情報 - 類似記事を検索
磨り減った山靴 - このブログ内での検索結果(3)


5. 高原山サミット~ヤシオ観賞会 -2010年6月7日6時13分
高原山のシロヤシオが咲いたので、グログ仲間さんたち11名とオフ会兼ねて集合しました。 天気がやや不安定の中大入道目指しいざ出発です。 途中釈迦ヶ岳3人と大入道8名にわかれてそれぞれヤシオやミツバツツジなど観賞しましたよ~♪
blogs.yahoo.co.jp/naonao421103/61818400.html - 詳細情報 - 類似記事を検索
Nao s Diary


6. 峰桜を求めて那須の山を歩く -2010年6月6日16時57分... 背後に高原山。 燧・アイコマに別れを告げる。 シロヤシオ乱れ咲き。 人々がドンドン登ってくる。 やや急な道が平らになり、タンポポの小道となると、沼っ原駐車場に帰着した。 広い駐車場から車があふれ、路上駐車も多くなっている。 ...
blogs.yahoo.co.jp/waikazu/32205664.html - 詳細情報 - 類似記事を検索
バテバテ山日記

7. シロヤシオ満開の高原山・八方ヶ原 -2010年6月6日16時11分
H22年6月6日、シロヤシオ満開の高原山・八方ヶ原を歩いてきました。 5日にブログ仲間と高原山シロヤシオ・オフを予定していたが、あいにくの天気の急変にやむなく不参加とした。 今季は無理かと思っていたが、6日は快晴の予報となり ...
yamasanpo.blog106.fc2.com/blog-entry-262.html - 詳細情報 - 類似記事を検索
登山・花日記 - このブログ内での検索結果(2)


8. 高原山オフ会速報~さるやの石救出編 -2010年6月6日10時15分6月5日~6日、高原山で行われたブログ仲間の集いです。 朝方までの雨も上がり予定通り9時半にハイキングスタート。 昼の部のシロヤシオハイキング参加者は男女合わせて11名。 出発地の大間々で記念撮影。(私以外のとっても 素敵な 皆様です。 ...
blog.goo.ne.jp/mws708js/e/1073fd595b2f44f3b92f9553a0e9b8 ... - 詳細情報 - 類似記事を検索
リンゴの叫び! - このブログ内での検索結果(5)


9. 高原山は 変化に富んだ よいお山だと 存じまする。 -2010年6月4日14時25分... それは とても タイムリーに現れ 霧の中でも さるや隊を シロヤシオ咲く 大入道へと 確実に導いてくれる 可愛い 目印 そのおかげさまで シロヤシオにも会えました。 ...
blog.goo.ne.jp/asahinokaze/e/dc3f86008a1f934dbfe29db6213 ... - 詳細情報 - 類似記事を検索
さるやは行く!!! - このブログ内での検索結果(4)


10. ツツジ3 -2010年6月1日0時22分
山靴と足親指の復活は高原山へ。 5月31日、小間々~大入道~剣ヶ峰~八海山~大間々~小間々と回りました。 大入道へは沢沿いから尾根に取り付き。 大入道近くになるとシロヤシオが出現。 大入道、展望はききません。 大入道~剣ヶ峰 剣ヶ峰を ...
nasu240.blog103.fc2.com/blog-entry-384.html - 詳細情報 - 類似記事を検索
いなかの240 - このブログ内での検索結果(2)





最新(6月8日23:00)10件中、なんと8件が関係者!

これってすごくないですか~!





ランドマークおっぱい山の二岐山でシャクナゲ

那須連山と繋がってるようで独立しているような 二岐山 へ。

天栄村と下郷町の境、ちょうど那須岳の北、羽鳥湖(羽鳥ダム)の西にあります。

男岳、女岳からなる大きな双耳峰は那須からでも良くわかります。



6月7日、シャクナゲ狙いで行ってきました。



R118から二岐温泉に向かうと、ほどなく見えてくるのが二岐山。


二岐温泉を過ぎ、二岐川を渡ってすぐが小白森山の登山口。
5台ほど駐車できます。
2010_0607AE.jpg
二岐山の御鍋神社登山口までクルマで進めますが、今日は往復ではなく、
男岳~女岳~風力発電登山口~二岐温泉~Pの予定なので中間地点のここに駐車です。

御鍋神社登山口まで林道を50分ほどの歩き。
新緑がまぶしいです。
2010_0607AI.jpg

ブナの巨木の中を気持ち良く。
2010_0607AP.jpg

足元には オオバタチツボスミレ
2010_0607AQ.jpg

急な登りもいったん平坦になり、先には 西岳(男岳)1544m の姿が。
2010_0607AT.jpg

振り返ると 旭岳(赤崩山)。
2010_0607AV.jpg
昨年の今頃はここを歩いてました。
http://nasu240.blog103.fc2.com/blog-entry-265.html

稜線にはまだ コブシ が
2010_0607AX.jpg

ほどなく 男岳
2010_0607BG.jpg

展望はすぐれもの。
南は小白森山、大白森山、旭岳、三本槍、北は大戸岳、遠くに磐梯山、なだらかに見える雪の山は会津駒一帯。

眼下には風力発電所。
この装置を上から見るなんて、滅多にないですね。
2010_0607BJ.jpg


山頂付近は アズマシャクナゲ
密生してるわけではありませんが、いい具合に咲いてます。
2010_0607BF.jpg
2010_0607BH.jpg
2010_0607BL.jpg
2010_0607BM.jpg

もちろんこの季節は オオカメノキ は定番。
2010_0607BO.jpg

足元の マイズルソウ も定番。
花はも少し後のようです。 
2010_0607BQ.jpg

コブシ もまだまだ。
2010_0607BX.jpg


双耳峰の片方、東岳(女岳)1504m 山頂らしくない頂。
2010_0607BS.jpg


ユキザサ
2010_0607CI.jpg

トウゴクミツバツツジ
2010_0607CA.jpg

ギンリョウソウ
2010_0607CL.jpg


ずんずん下っていくと北側の登り口、風力発電登山口。
2010_0607CM.jpg
左へ行くと山頂から見えた風力発電所です。
で、ここは右へ。

30分ほどの林道を歩けば二岐温泉に向かう道路に出ます。
2010_0607CO.jpg
さあ、あと15分の車道歩きです。




那須高原 八幡のツツジ

八幡のツツジを見に再び那須へ。

那須山歩きから自宅に戻ったのが2時55分。
靴を洗って、シャワー浴びて出たころにはnaoさんの仕事上がりで帰宅。

で再び同じ道を上がった次第です。






2010_0601AP.jpg

2010_0601AQ.jpg

2010_0601BM.jpg

2010_0601BJ.jpg

2010_0601BE.jpg

2010_0601AD.jpg

2010_0601BG_20100603011616.jpg

2010_0601BF.jpg


5時近くというのに、まだまだ人はたくさん。
車から降りてすぐですし、立派なブリッジ型の木道も設置されてます。
上から眺められる展望台も4か所ほどありますし。

ヤマツツジは花が痛み始まってるのもありますが、つぼみもまだあります。
ドウダンやサラサも始まったころ。
レンゲツツジはほぼつぼみで、株に数個の開花の状態です。

マウントジーンズのシロヤシオを合わせて、観光のお客様には人気の那須高原でした。



那須岳はミネザクラ

6月最初の山遊びは那須岳。

天候も安定、用足しを朝と夕方にまとめ、日中できた時間で遊んできました。

6月1日、峠の茶屋P-峰の茶屋-三斗小屋-隠居倉-熊見曽根-峰の茶屋-峠の茶屋の周遊ルート、
朝日岳と茶臼岳は時間の都合でスルーです。

自宅から最終Pまで40分、山の様子を見てから出かけられるのが取り柄です。



休暇村からの那須岳。  新緑、良さそうですねぇ。



峠の茶屋Pは8割ほどの駐車。
平日、火曜日にもかかわらず結構混んでます。

駐車場の混雑はこちらでも。峰の茶屋までもう少し。
2010_0601AE_0.jpg

隠居倉と奥は流石山、三倉山方面。
2010_0601AH_0.jpg

峰の茶屋から三斗小屋へ下ります。
がれ場、避難小屋を過ぎると植生も豊かになります。

マイズルソウは辺り一面敷き詰められたカーペットのよう。
花芽がやっと出たくらいです。
2010_0601AO_0.jpg

オオカメノキも今が見ごろ。
白い花は目立ちます。
2010_0601AR_0.jpg

無限谷ではミネザクラがちらほら。
2010_0601AT_0.jpg

サンカヨウが咲き始め。エンレイソウも少々ありました。
2010_0601AY_0.jpg

のんびりした路を気持ちよく歩くと、
2010_0601BG.jpg

間もなく三斗小屋温泉。
2010_0601BJ_0.jpg

三斗小屋温泉から隠居倉へはひたすら登り。


ショウジョウバカマや、
2010_0601BN.jpg
オオバキスミレや、
2010_0601BL_0.jpg
タチツボスミレ(だと思うが....)。
2010_0601BP_0.jpg


最後の急坂を登りきると、そこには素晴らしい展望と咲き始まったミネザクラが。
2010_0601CB.jpg

2010_0601BX_0.jpg

2010_0601BZ_0.jpg

2010_0601CD_0.jpg







隠居倉は展望が良いところ。


2010_0601CP_0.jpg
狙ってるところを狙ってみた。


さあ、ランチ!
2010_0601CG_0.jpg
ビール、おにぎり、坦々麺、どら焼き、コーヒー。
何ともまとまりのない組み合わせだな、と広げてみて感じます。

隠居倉山頂では、同年代の単独男性が先客。足元のザンバランが印象的。
北温泉から中の大倉尾根経由で来たそうで、県内の山を中心に歩いてるとのこと。
しばし山談義。
そこにカメラザックに一脚を差し込んで、底厚の地下足袋(山菜取りのプロ仕様?)を履いて
さっそうと登ってこられたのが花の写真集を出してるという76歳現役の写真家。
3人で、山や花のことで1時間近くしゃべってしまいました。



三倉山、大倉山、流石山、大峠。
2010_0601CI.jpg
あの斜面は7月になるとここから見ても黄色のになるんでしょうね。

熊見曽根方面。
2010_0601CJ_0.jpg
尾根筋は僅かにピンクかかってます。

で、お決まり朝日岳と茶臼岳。
2010_0601CK_0.jpg
2010_0601CL_0.jpg


隠居倉から熊見曽根にかけてもミネザクラが多いところです。
2010_0601CT_0.jpg
2010_0601CU_0.jpg
2010_0601CS_0.jpg




山の上でのんびりしすぎました。
午後の用足し、逆算してみるとぎりぎりです。
間に合うかどうか...


急いで山を下ることとなりました。
2010_0601DC_0.jpg
って、セルフで撮ってる場合じゃないっしょ!





ツツジ3種、大入道~剣ヶ峰

山靴と足親指の復活は高原山へ。



5月31日、小間々~大入道~剣ヶ峰~八海山~大間々~小間々と回りました。


大入道へは沢沿いから尾根に取り付き。


大入道近くになるとシロヤシオが出現。
2010_0531CE_0.jpg
2010_0531CF_0.jpg

大入道、展望はききません。
2010_0531CG_0.jpg

大入道~剣ヶ峰
2010_0531AC_0.jpg
2010_0531AE_0.jpg
2010_0531AN_0.jpg
2010_0531CK_0.jpg
2010_0531AP_0.jpg
2010_0531AX_0.jpg
2010_0531BA_0.jpg


剣ヶ峰を過ぎ、八海山神社。
2010_0531CL_0.jpg

八海山~小間々。
2010_0531BI_0.jpg
2010_0531BQ_0.jpg
2010_0531BN_0.jpg
2010_0531BS_0.jpg
2010_0531BU_0.jpg


ヤシオが終わり、ミツバツツジがピークが少し過ぎ。

シロヤシオはピークの少し手前。
今週末がいいところでしょうか。















FC2Ad

まとめ