いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

山靴、生き返る!

1週間後に送られてきました。
http://nasu240.blog103.fc2.com/blog-entry-381.html

本体は変わりませんが、ゴム底は見違えるよう!

新品ですから当たり前ですが。






左:張り替え後   右:その前

2010_0521AB.jpg

2010_0529AD.jpg 2010_0521AD.jpg

2010_0529AC.jpg 2010_0521AC.jpg

タイヤで例えたら、いわゆる『バリつき』。
ヒールの赤い部分はゴム質が異なり、このタイプのビブラムはクッション性が良く、溝も深めなんだそうだ。

居酒屋2回分。


鉄板でぶっ潰しの右足親指もOK。

さあ、今週から活動再開!





スポンサーサイト

修理完了、こちらはボルボですが

またマフラーをコツン!とやってしまった。

これで3回目。

1回目は少々歪んだだけだったので、引っ張って元に納めました。

2回目はタイコから先がもげ、溶接で処理。(溶接跡が見えますが)

で、今回、釣ってるゴムダンパーが破壊。(経年劣化で堅くなってたようです)


応急処置でこんなかっこう↓
2010_0514AB.jpg


3度も同じことをやるというのは、注意が足りない!

だが、待てよ。注意をしても状況が同じであればまたやる可能性は大。

原因は何だ?

そうだ!  飛び出したマフラーだ!

原因を取り除けば回避できる。





マフラーのエンドパイプをストレートタイプに交換決定。

↓ビフォー
2010_0514AD_20100525033623.jpg


↓アフター
2010_0524AC.jpg 2010_0524AA.jpg

おお、なかなかいいじゃん。

って、なんでくねくね曲げて横から出してんでしょ、ボルボさん。

初めからストレートではなんか問題あるんでしょうか。




ドアロックの不調もあったのでいつもの i-garage W&T さん依頼。





山靴修理中


巣鴨のゴロー。

山靴を修理に出しました。

修理と言ってもビブラムの張り替え。


先週、右足の親指を痛め(快方に向かってますが)、しばらくは山歩きができない状態。

これを機会に張り替えを頼みました。

所用で出かける都合もあったので、少々足をの延ばし巣鴨へ。



店内は皮の匂い。

新品(当たり前ですが)の山靴が壁一面並んでます。

自分のくたくたの靴も、20数年前はシャキッとなってたんですねえ。


ほしくなりましたが、まあ今回は張り替えということで。。。。

「もう、皮が死んじゃってるよ、防水もきかないよ」といわれましたが、それはもう、承知の上で。

グリップさえ良くなればも少し履けます、ドライ専用で。



出来上がりまで1週間。

そのころには足も良くなってるといいんですが。




楳図かずお系のツツジ植栽

少し前の写真ですが


近所の中学校の法面です。

切通しの道路から眺めるツツジの立体植栽。

これが両側、100mほど続きます。



このボーダー柄、某所では住環境破壊と問題になったようですが、

ここ地元では、「きれいだね」で終わってます。



設計者はエライ!


「グワシッ!」と言いながら、今日も通勤。




ミニ尾瀬公園

桧枝岐のミニ尾瀬公園へ。

尾瀬へ沼山峠から入る場合、横目で見ながら通り過ぎるところです。

桧枝岐の集落を抜けてすぐ、17日は諸事情でこちらへ。

DSCN1811_0.jpg

桧枝岐川に沿って1㎞ほど、8万㎡に湿原、ロックガーデン、山野草の3つnエリア。
100種類、100万株が植栽されてるとのこと。

DSCN1810_0.jpg

湿原エリアは ミズバショウ と リュウキンカ
DSC02728.jpg

DSC02727.jpg

DSC02721.jpg

DSC02722.jpg

DSC02714.jpg

DSC02719.jpg

シラネアオイ は今が盛り。
DSC02756.jpg

DSC02755.jpg

DSC02775.jpg

オサバグサ はこれから。
DSC02760.jpg

キクザキイチゲ
DSC02763.jpg

キヌガサソウ
DSC02752.jpg


エゾエンゴサク
DSC02744.jpg

カタクリ
DSC02768.jpg

DSC02769.jpg

コマクサ
DSC02781.jpg
花芽が上がってます。
DSC02785.jpg
直播の実生だそうです。
用土は赤玉土+軽石砂、化粧で軽石砂を敷いてます。
DSC02789.jpg


山岳写真家 白籏史朗の作品が展示されている写真美術館
DSC02739.jpg

インフォメーションセンターと 武田久吉メモリアルホール
DSC02737.jpg
ここは燧ケ岳のビューポイント。
まだまだ白い燧ケ岳でした。

フクジュソウ、ザゼンソウ、ショウジョウバカマがやや終わり掛け。

今年はやや遅れてるようで、6月に入るとまた一段とにぎやかになりそうです。

やはり植栽されてる感はありますが、まあ観光の流れとして見るならば価値はあると思います。
















今の季節、なぜ「山」でなくてミニ尾瀬公園?





先週、足に鉄板(浄化槽のふたの重いやつ!)を落とし、親指が1.5倍ほどに腫れ上がりました。

念のためレントゲンを撮ったら、骨折やヒビはないとのこと。

しかし、赤黒く腫れ上がった親指の痛みは取れず、山靴はとても無理。


かといって、出かけないと気持ち的に出かけないとムズムズする。

ゴム長で歩けて、上り下りのないところ。

そうだ! 湿原だ! よし、駒止湿原に行こう!

と、出かけたはいいが、なんと除雪作業中でゲートは閉まり、開通は5月23日とのこと。



で、思いつきで少し足を延ばし、こちらを訪れたのでありました。

まあ、こんなこともなければ来なかったかも。。。




少々落ち込んでます。






猪苗代・中山峠にて

郡山から国道49号線を会津若松に向けて走る。

磐梯熱海の温泉街をバイパスで抜けると中山峠。

今でこそトンネルだが、以前は難所と言われていた冬場の峠越えである。




トンネルを抜けると右手に風力発電の風車が1基。

いつもは横目で見るだけだが、少々時間があったので休憩がてら寄ってみた。



DSCN1760.jpg




ドイツ製、プロペラはFRP、一般家庭300軒分の発電をするそうだ。

DSCN1762.jpg
あいにく今日は無風。発電もされないので表示もなし。


DSCN1761.jpg
発電した電気はとなりの中山峠トンネルの照明やロードヒーティングに使ってるそうだ。




DSCN1763.jpg



プロペラ直径29.7m、プロペラの中心までの高さ31.5m。

やはり大きい。





焼きカレー

【カレーの法則】

昼にカレーを食べた日に限って、夕食もカレーだったりする。



そんな時は、これがいい。


焼きカレー !

DSCN1753.jpg


耐熱のグラタン皿にご飯、カレー、パン粉を少々、一番上にはチーズ。
ピザ用のパラパラでも、フィルムの正方形でも。
とろけるやつがいい。
カレーが見えなくなるくらいたっぷりと!
このへんは好みなんで適当に。



オーブントースターで5分程度。
表面がパリパリで、焦げ目がつくくらいが好きですけど。

まあ、これもお好みなんで適当に。




結構、好きです。












FC2Ad

まとめ