いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松川浦に来てます


福島県相馬の松川浦に来てますよ~。
今日はこちらに泊まりです。
帰ったらレポしますよ。
スポンサーサイト

おいしくいただきました♪

2010_0328AF.jpg

2010_0328AB.jpg 2010_0328AC.jpg
2010_0328AD.jpg 2010_0328AE.jpg

弟ファミリーがおふくろを連れて那須へ。

2泊したので、うち1日を夕食いっしょにということで席を設けました。

那須の山の中でなんで寿司?

美味しけりゃいいじゃん、とnaoさんが職場の会合で使っている評判店へ。

2010_0328AH.jpg
2010_0328AG.jpg
2010_0328AI.jpg
折しも当家の次女と長男は、弟家の長女、長男と同じ年。
それぞれ大学、高校と進学先が決まり、まあお祝いを兼ねてでもありますが。

おふくろも交えて全員揃うのはなかなかないことで、
ましてこれから先、子どもたちが独立すればこんな機会は益々少なくなるわけです。


美味しい料理と、楽しいひと時を過ごすことができました。





3月ももう終わろうとしているのに、外は小雪。

一般民家を改装した小さなお店ですが、昼は満席、夜は予約だけですが、
物は好いし、サービスもOK、そしてリーズナブル。
しかも、宣伝も看板も出していないという「隠れ家店」。
2010_0328AA.jpg





奥久慈・湯沢源流から篭岩山へ

三連休の最終日、3月22日は奥久慈へ。

yamasanpoさんの記事を参考にさせていただき奥久慈を歩いてきました。
ダンコウバイ見たさと、naoさんを沢登り(というより岩遊び?)をさせるために湯沢源流から入ります。


いつもの佐中のPから、正面は篭岩。
1台のクルマがあったので先行者がいる模様。
DSCN1213_0.jpg

登り口から少し歩くと不動滝
2月と違って水量は増えてます。
74.jpg

篭岩直登コースを右に見て、適当なところから湯沢へ下ります。

こんな楽しいところを岩とじゃれつきながら、
17.jpg
18.jpg

登っていくと、抱返滝
27.jpg
こちらも2月と比べれば水量は豊富。

振り返ると篭岩と展望台。ハシゴと東屋も見えます。
DSCN1224_0.jpg

日だまりの足元にはスミレ。
水気のある岩場にがネコノメソウも咲いておりました。
DSCN1226_0.jpg

まだまだ、お楽しみは続きます。
DSCN1236_0.jpg

35.jpg

DSCN1238_0.jpg


源流登りは釜沢越付近で終了。

釜沢越まで行き一休みと作戦会議。
湯沢を北進し左(西側)の尾根は鷹取岩へ続く縦走路。右(東側)は篭岩への裏縦走路。
右手に取り付いてグングン登れば裏縦走路の尾根に出るはず。

2月に湯沢源流を詰めた時に見つけたピンクリボンの記憶を頼りに、作業小屋から源流を北進します。


で、たぶんここだろうという地点。
支流が合流し、リボンと踏み跡を発見。
DSCN1240_0.jpg

踏み跡はしっかりしていて、リボンも複数あるので案外楽に稜線へ出てしまいました。
篭岩山の北側、2つ先のピークの鞍部のようです。

篭岩山へ向かう途中、湯沢源流方面へ下っていく踏み跡を発見。
釜沢越手前に右(東)の尾根に取り付く踏み跡とリボンがあったので、その道かもしれません。

稜線は背丈ほどのササやぶ、踏み跡があるので迷うことはありません。
DSCN1242_0.jpg

篭岩山頂はずれに展望岩にて。
DSCN1248_0.jpg

篭岩へ行くにはこの「難所」を越えなければなりません。
まあ、ロープと鎖が張り巡らされてるので、見た目ほどではありませんが。
55.jpg

この辺から篭岩までがダンコウバイが多く見られます。
DSCN1266_0.jpg

DSCN1265_0.jpg

DSCN1267_0.jpg

DSCN1268_0.jpg
花そのものは小さいですが、木々も芽吹き前で何もないところにかなり目立ちます。
この黄色は色の少ないこの時期に、存在感は大きいです。


篭岩展望台からの展望。
抱返滝も中央に確認できます。
左のピークに直登する国体コース。登るのもきついですが、見てるだけでも相当なものです。
DSCN1269_0.jpg



佐中のPにはクルマ3台。途中であったのは2組。
帰り道に男体山登山口の大円地を回ってみましたが、午後にも関わらずトイレ前はほぼ満車で路上駐車も多数。
人気コースだけあって多くの人が入ってるようです。
男体山は魅力はありますが、土日は男体山を外し、周辺の山々の方が楽しめそうです。









ニキビ面が輝いてるぜ!



県立高校発表の日。

「オトウはクルマで待ってて」と言い残し、張り出しを見に行った息子。



しばらく待った。

落ちてればすぐ戻ってくるだろうし、
合格だと書類を受け取る手続きがあるからな。

時間がかかるということは、受かったのか?











おっ!歩いてきた。  友達と二人で。

友達は書類の入った封筒を持っている。
我が息子は.....持ってない!

そうか、落ちたか。


一応、聞いてみる。
「どうだった?」


『受かったよ』 ボソッと。


「封筒は?」

『バッグの中』



おいおい、こんな日に紛らわしいことするんじゃない。

封筒を掲げ、走ってきて「合格!」って叫ぶもんだぜ。
と勝手にイメージしていたオヤジでした。



おめでとう!




今さらですが、スノーシュー入れました


スノーシュー4セットを導入です。
アトラス825 と BD2段ポール

まずはスタッフの体験用として。

そして来季はレンタル開始の予定です。


 
こんなフィールドです。
DSCN1199.jpg DSCN1202.jpg

DSCN1203.jpg DSCN1204.jpg


クロスカントリーのレンタルは以前からやってます。
DSCN1198.jpg
けど、最近は下火。   少しさびしいです。





http://www.minamigaoka.co.jp/bandai_minamigaoka/

お世話になりました。
ビッグフット


娘よ! 今日の顔は輝いてる


2010_0228AD.jpg
2010_0228AN.jpg


3年前、下を向きながら足を踏みいれた校門。

15年にして初めて味わった挫折。

不本意ながらの入学、周りの多くの友人たちも。

だが、それが現実。




それから3年、

今、娘は最高にいい顔をしている。

上を向いて、前を向いて歩いてる。

そして周りの友人たちも。



自分の努力か、先生方の指導か、周りの環境か。



人生72歳として1日に例えると、3歳で1時間。
18歳で6時間。

今、やっと夜が明けたばかりなんだよ。






卒業おめでとう

これからだぜ!人生は!





FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。