いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故障中



午前中、整形外科へ通院。

まずは近所の医院へ。
しかし、整形外科の先生が今日に限って休みとか。

で、となり町の整形外科専門医院へ。
ここはいつも混んでいるんですけど、しょーがないですよね。



診断は・・・・・
「レントゲンで見る限り、尾骨に小さなヒビが入ってるかも。。
入ってるとも、入ってないとも言えないんで、
塗り薬と飲み薬を出しますから、これで様子見てくださいねえ。
1週間しても痛いようなら、また来てくださいね。」

けっこうアバウト。

まあ、いきなり「骨折!」でも、「入院!!」でもないし、軽傷の部類でしょうか。

ある意味、安心。





昨日、立て掛けたハシゴに2、3段登ってたところ、ずれ掛けたんであわててとび降りました。
降りたところが足場が悪く、尻もち。
まあ、こんなことならよくあることですが、生憎コブシ大の石の上に尻の中央を!

「ギェ~!」
こりゃ尻肉の打撲じゃなく、骨だな!   痛さが違う。

夕べは仰向けで寝られませんでした、骨が触って、痛くて。








関東地方、梅雨明け宣言したにもかかわらず、天候不順。

今日も予報は、曇りから午後は雨。

予報通り、12時を過ぎたとたん雨、夕方にかけて強い降りです。







山へ 行かなくてよかった  行けなくてよかった。

晴れてたら。。。。。腹立つよねぇ。













スポンサーサイト

浅草岳の花たち

積雪が多い山って、植生も豊かに思います。

浅草岳1585m、それほど高い山ではありませんが、さすが会津と越後にまたがる山。

ブナ林、灌木帯、草原と楽しめました。




アカモノ


シシウド
2009_0721AN.jpg

コメツツジ
2009_0721AD.jpg

サンカヨウ
2009_0721BL.jpg

オニアザミ
2009_0721BV.jpg

そして
ヒメサユリ
2009_0721BT.jpg
2009_0721BQ.jpg
2009_0721BG.jpg

タカネニガナ
2009_0721BU.jpg


ウツボグサ
2009_0721BY.jpg
2009_0721AU.jpg



キンコウカ
2009_0721BK.jpg





おまけですが。。。


JR只見線 田子倉駅 と 田子倉ダム
2009_0721CL_20090725040447.jpg
2009_0721CK_20090725040447.jpg


ヒメサユリには少し遅い季節でしたが、静かな山独り占めできました。

って、平日の、予報が雨なら入山者はほとんどないですが。。。。

天候が良ければ山座同定もおもしろそうです。
周りは越後・会津の名山ばかりですから。



にほんブログ村 アウトドアブログへ




浅草岳~山頂草原

浅草岳山頂から北東方面に広がる大草原



asakusa02.jpg
こんな写真には入らないくらいひろいものです。


2009_0721BW.jpg

ヒメサユリも少々残ってます。
2009_0721BS.jpg


「天狗の庭」と言われる池塘、後ろは浅草岳山頂。
2009_0721BI.jpg


こ~んな草原が続きます。
もちろん木道敷き。勾配があるんで、滑るんです、下りに。
2009_0721BJ.jpg
奥の中央に見えるのが避難小屋の屋根。



避難小屋前から入叶津口方面。
2009_0721BM.jpg

源流
2009_0721BP.jpg
こんなところから沢は始まるんですね。


避難小屋の様子見に行っのですが、入れませんでした。

入口をまたごうとしたその時見たものは、

マンガに出てくるようなウ○コのようなとぐろを巻いた蛇!
蛇は好きではありません。
触れません、きっと。。。


なんかこの山、蛇が多いですよ。
ここまで来るのに、3匹見てます。
たぶんヤマカガシ?かな。



再び浅草岳山頂に戻り

こちらは東側、前岳方面。
asasusa01.jpg

木道が見えたので、寄り道してみました。



山頂下のカール状の草原をトラバース。
2009_0721CA.jpg
雪が残ってりゃ、ちょっと怖いところです。

こちら側にもヒメサユリはありました。
2009_0721CC.jpg


で、正面は守門岳
2009_0721BZ.jpg
これも気になる山ですね。







浅草岳~田子倉から

2009_0721AAZ.jpg

気になっていた会津越後境の浅草岳へ。

越後のエリアになってますが、会津方面から入れば案外近い山域です。

天候は、このところ梅雨明け直後にもかかわらず不安定。
今日も「曇り/雨」 降水確率40~60%。
登るか、止めるかビミョーなところです。




南郷辺りでは雨が降り出し、さあどーするか?  運転しながら考えました。
とりあえず登山口に行ってみて、

1)雨で入山者がいない(クルマが駐車してない)
   >>>あきらめて止め。もったいないんで駒止湿原へ寄り道して帰る。

2)雨で入山者がいる(クルマがある)
   >>>下山の体力が十分残ってるところまで登る。

3)雨が降ってない
   >>>入山者がいてもいなくても、登る!!  降ってきたら見極めて下山。

以上、三択。



只見の街を過ぎ、要塞のような田子倉ダムを正面に見ながらダムサイトまで登り、
浅草岳田子倉登山口へ。
2009_0721AA.jpg
公称100台の駐車場。
誰もいない。
三連休明けの平日火曜日、天候予報は良くはない。

いるわけないか。


で、3)雨が降ってない
   >>>入山者がいてもいなくても、登る!!  降ってきたら見極めて下山。
に決定。


独り占め、うれしくもあるが、不安もある。
初めての山だし、ケータイも×、なんかあったらまずいねーと、今日はとくに慎重に!


今シーズン新たに敷設した木道。
これがないと、ズブズブですね。
2009_0721AB.jpg

只見沢の支流を渡ります。
2009_0721AC.jpg
豪雪地帯だけあって、今の季節、水量はけっこうなもんです。

沢沿いの道は、沢が倒木で遮られて道が沢になってる個所もあり、難儀するところもありました。


沢から離れ、支尾根に取りつくと、ブナ林。
2009_0721CG.jpg

2009_0721CH.jpg
霧と相まって幻想的な雰囲気。



支尾根から中先尾根に出ると灌木帯。
眼下には田子倉湖が見えるはずですが。。。
2009_0721AH.jpg


ここからは鬼ヶ面の岩壁が見えるはずですが。。。
2009_0721AM.jpg


尾根は狭くなり、傾斜も急です。
正面には浅草岳が見えるはずですが。。。
2009_0721AG.jpg





と、ガスが切れたとき現れたのが、鬼ヶ面山の岩壁。
2009_0721AS.jpg
下部は見えませんが、切り立った岩壁は相当なもんです。




ひと登りで浅草岳1585mへ。


山頂からの展望、鬼ヶ面山の全容。
2009_0721BX.jpg




まずは、
燃料補給 水分補給!    汗かいたあとはやっぱこれですね!
2009_0721AY.jpg


大丈夫です、今日は未知の領域、安全のため 0%のキ●ンFreeですから!




さあ、昼を食べたら、お目当ての山頂草原を見に行きますかー!




にほんブログ村 アウトドアブログへ








山行きて~  Ⅱ

HI3C0096.jpg
夏の空ですね~

昼下がりの猪苗代湖、無風。

遊覧船「かめ丸」もひとやすみ。



猪苗代湖だったら、やっぱ磐梯山でしょ。
HI3C0098.jpg




所用でお出かけ、仕事で。

仕事で移動中、この光景を 「ラッキー!」と思うか、 「眼の毒」と思うか。。。。




山はいい天気なのに。。。

梅雨明け2日め

那須連山は少々の雲はかかってるもの、夏山の風情。

下から見ても 「ん!夏山だ」と誰もが思うことでしょう。



行きて~!

と思いつつ向かった先は某市民会館。



なんでこんな日に。。。

DSC00791.jpg

DSC00792.jpg



安全運転管理者講習会。

1日びっちり。

エアコン効いてて気持ち良かったけど、

こんな日は、山の方がもっと気持ちいいよね、絶対。







稜線散歩・・大峠から三倉山へ ~花編~

大峠から大倉山、三倉山への稜線散歩 ~花のアルバム~ です。

余計な解説は不要です。

もう、見るだけで十分! と思ってます、   と、勝手に。



ウサギギク
2009_0707AG.jpg

ヤマオダマキ
2009_0707AM.jpg

カラマツソウ
2009_0707AL.jpg

ハクサンシャクナゲ
2009_0707AY.jpg

2009_0707AW.jpg

2009_0707AX.jpg

2009_0707CD.jpg

ミヤマキンポウゲ/カラマツソウ
2009_0707BK.jpg

オトギリソウ
2009_0707BH.jpg

ウラジロヨウラク
2009_0707AZ.jpg

ニッコウキスゲ
2009_0707BL.jpg

ハクサンフウロ
2009_0707CS.jpg

マルバシモツケ
2009_0707CQ.jpg

アカモノ
2009_0707CO_20090710230007.jpg

オニアザミ
2009_0707CV.jpg

ミネウスユキソウ
2009_0707CU.jpg



このほかにもネバリノギラン、タカネニガナ、コメツツジが見られました。

が、写真は失敗!  接写でピントが合わず。。。。

シーンモードもない、ディスプレイの小さい、3.3メガの古デジカメなもんで。。。

と、カメラのせいにしましょ。  ゴメン!ソニーのP1 m(__)m



naoさんは、今朝早く大峠へお出かけ。

写真が楽しみです(^^♪





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 栃木情報へ

にほんブログ村 アウトドアブログへ



稜線散歩・・大峠から三倉山へ

梅雨ど真ん中。

予報は曇りのち午後雨。

行くだけ行って、こりゃダメだと判断した時点で引き換えそうっと。




花の稜線散歩、人気の大峠

会津側から入山。
観音沼から奥へ奥へと。。。。
ボルボの腹すりを気にしながらのライン取り。

 
林道終点、平日火曜日の朝、自分を入れて7台の駐車。
土日はすごいんでしょうね、混雑。



大峠に出るころには、空も抜けて、な~んか夏山の雰囲気です
2009_0707AD.jpg


流石山の登りはキスゲを中心としたお花畑。
2009_0707AK.jpg
まだ、幾分早い感じでした。  今週末あたりはいいかも、ですよ。



右手には甲子旭岳の雄姿
2009_0707AJ.jpg
左肩に通信施設のアンテナ(反射板?)があるんで、ランドマークになりそうです。


沼原湿原深山ダムが見えてきます。
揚水発電の位置関係、良くわかります。
090707茶臼・沼原・深山


茶臼岳三斗小屋温泉
2009_0707AV.jpg


稜線散歩は続きます、けっこう先まで。
2009_0707BA.jpg

気持いい稜線です。




2009_0707BI.jpg
↑キスゲの泉      五葉の泉↓
090707五葉の泉




大倉山   山頂はガスの中
2009_0707BS.jpg


行く手の三倉山もガスの中
2009_0707BU.jpg



ありゃりゃ。。。

でも、心配ご無用。















三倉山   山頂では晴れ! 
「お決まりセルフタイマー記念写真」
2009_0707BY.jpg


今日ランチは、海苔弁。
2009_0707BV.jpg




さあ、帰りますかー
2009_0707BX_20090709020337.jpg


三倉山から大倉山、流石山にかけて
090707三倉から大倉・流石

こりゃ、けっこう長いね。


大倉山からの流石山
090707大倉から流石




ニッコウキスゲは幾分早かったようです。

けど、けど、花は豊富です。

じゃ、また「花編」で!





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 栃木情報へ


にほんブログ村 アウトドアブログへ


FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。