いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

娘よ、うれしいじゃないか

ラーメンを食べながらの娘との会話。

娘は高校2年、いわゆる親父との接触が少ない世代ではありますが、うちの娘は、まあまあ口をきいてくれます。


私 「ラーメンはコッテリ系の方がうまいよな」  と味噌ラーメンを食べながら。

娘 『そねだ、醤油も和風系もうまいけど、なんかね』  とトンコツスープを飲みながら。

「やっぱ、醤油でも油が浮いてなくっちゃね」

『私もそう思う。醤油もコッテリだね』

「だよな」

『わたし、最近、おとうと気が合うかも、と思う』

「えっ、なんで?」

『クルマも古っつぽいのがいいよね。 丸っこいのはなんだかね。』

「へえ~ そっかー!」

『オデッセイとか、なんか同じ形で、ペターと低くしてるのが好きなんだは、うちらの男子は』

「なるほど、なるほど」

『古いのが好きなおとうの気持ち、わかるような気がする。』

「ふ~ん。」

『気が合うかもね(*^^)v』

うれしいじゃないか、娘よ!
スポンサーサイト

上州~越後~会津をまわって・・4)田子倉ダムへ

帰り足は、魚沼市の小出からR252を福島県只見方面へ。

奥只美湖から桧枝岐というルートもありましたが、なにぶん時間がかかりそうな感じでしたので。。。


まあ、途中の田子倉ダムはなかなか山深いところで、冬季は通行止めになるというのもよくわかります。
2008_1024BZ.jpg 2008_1024BY.jpg

午後遅くでしたので観光客もまばら。

小雨で少々ガスってましたが、紅葉は見頃でしたね。




2008_1024CA.jpg
下流方面はこんな感じ。

このあと、只見から会津田島に出て、例の甲子トンネルを抜けて帰りました。


行動時間  12時間
走行距離  500キロ
240の燃費 9.6kmと9.9km

高速も山道も、240は何のトラブルもなく走りきったことはうれしいですね。
燃費もそこそこだし。



最近、ボルボネタが少ないのは調子がいいから? かな。




上州~越後~会津をまわって・・3)越後路を北へ

谷川岳を後に再び関越道に乗り、関越トンネルで越後へ。

湯沢が近づくにつれて山肌にはスキー場が。。。。

久しくこの辺来てなかったけど、ずいぶんと多いもんですねえ。

以前はいわゆる「スキーヤー」だったので、こう言うのもなんですが、こんなにスキー場いらないんじゃないかな、思ってしまいます。


湯沢ICで降りて、R17を長岡方面へ。

そうこうしているうちに時間は1時になります。

さてと、ご飯だ!


で、どこで? 何を?


なおさん、ケータイでグルメ情報を探してますが、思うように見つかりません。

えーい! 行き当たりばったりだ!

そば? 和食? イタリアン? カフェごはん?

越後に来てるんだから、やっぱ、ご飯しょ!!


魚沼地区の田園地帯を走ってると


釜めし屋さんを見っけ。
2008_1024BS.jpg

2008_1024BQ.jpg 2008_1024BR.jpg
川魚の釜めしを注文。
ふたを開けたら、何と岩魚が丸ごと1尾。    スゲーーー!
ご飯粒もピカピカに光って立ってました。

2008_1024BU.jpg
越後駒と八海山を見ながら、R17をさらに北上。











上州~越後~会津をまわって・・2)谷川岳 一の倉沢

マチガ沢から一の倉沢まではすぐ。

歩きで30分くらいだろうか。

クルマで入った自分で言うのもなんですが、ここは歩きたい道ですね。

もっともシーズン中の週末はロープウェイ下駅でマイカー規制になりますけど。


2008_1024AP.jpg
■一の倉沢

2008_1024AW.jpg
■白毛門
「しらがもん」、湯檜曽川をはさんで谷川岳の対岸の1720m峰。
谷川岳の見え方はかなりよさそ。
来シーズンでも行ってみよ。



ロープウェイ下駅のそばにはビジターセンター?(名前を忘れました)
谷川岳と、関連のある登山家の資料館。
2008_1024AX.jpg 2008_1024AZ.jpg
よだれの出そうなピッケルとアイゼン。

2008_1024BC.jpg 2008_1024BH.jpg
長谷川恒夫のコーナー                 ガソリンストーブ/スベア123とオプチマス8R
                               スベア123は自分も使ってました。

2008_1024BK.jpg 2008_1024BL.jpg
谷川岳のパネル
穏やかなのもあれば、厳しい表情の山もあり

2008_1024BM.jpg
ロープウェイ下駅にて
観光バスで結構な混雑でした。









上州~越後~会津をまわって・・1)上州谷川岳へ

雨の休日。


前からの予定は、谷川岳山麓で紅葉トレッキング。

渓流と岩場と紅葉って、いいよね。って話。

週間予報ではその日は雨。

一週間通してその日だけ、しかも全国的に。


予報は・・・・当たった(>_<)



まあ、しゃあない、一応歩けるカッコウだけ持ってて、雨ならクルマで紅葉見物。

行ってみたかった越後から南会津へ抜けるコースをドライブしようと、なおさんと出かけました。




東北道を那須ICから佐野IC。ここは通勤割引でしっかり押えました。

次の北関東では、なおさんのETCカードを使いダブル通勤割引を試みたのですが、
R50が混んでて北関東/太田ICでは通勤割引のタイムアウト。

小雨と霧でおもろない北関東と関越を北へ向けて走り、水上IC。

あとはR291で谷川岳の山麓へ。

R291も土合のロープウェイをすぎると。。。
2008_1024AF.jpg
2008_1024AE.jpg
で、これが『国道291号線』
この先、クルマの通れない登山道の『国道』。いわゆる点線国道


2008_1024AC.jpg
■谷川岳 マチガ沢

ガスで岩場の全容が見えないのが残念。


はるか昔、学生のころに社会人山岳会に入ってて、このマチガ沢でロッククライミングしたことあります。

マチガ沢出合で集合することになってたが、みんなに会えなくて、土合駅とマチガ沢出合を3往復
したっけ。
あの頃は山行くのに、夜行列車で、谷川方面はたしか長岡行きの普通列車。
土合駅はトンネルの地下。
改札出るのに、長い階段をずいぶんと登ったっけ。


って、このへんわかるのは、けっこう古い人たち?




秋色・・・2

ムラサキシキブ

紅葉の那須岳を撮った帰り道に

秋の陽を浴びたムラサキシキブ




   ムラサキシキブ(紫式部、Callicarpa japonica)はクマツヅラ科の落葉低木で、
   日本各地の林などに自生し、また果実が紫色で美しいので観賞用に栽培される。
   葉は対生。花は淡紫色の小花が散房花序をつくり6月頃咲く。秋に果実が熟す。
   栽培品種には白実のものもある。        『ウィキペディア(Wikipedia)』より


一般的に庭木や売られているものは『コムラサキシキブ』

コムラサキシキブの実は葉っぱの付け根の所に綺麗に並んで、青紫色で上品な感じ。

こちらは、野生がかった感じで実はバラバラ、粒も小さいし色も赤紫です。



山、行きてー!

那須岳

現在、紅葉中。



仕事中にパチリ。

山、行きてー!

2008 ラ・フェスタ ミッレミリア

茨城県の笠間市にて


最終日のルートは、ツインリンクもてぎを6:50スタート。
茨城県の中央部を南下して千葉県に入り、東京湾を渡って、横浜ゴールというもの。

ツインリンクもてぎから一般道に出るところをおさえようと、まだ暗いうちに自宅を出ました。
やっぱ1時間30分かかりますからね。



んで、何をボーしてたのか、1本道を間違えたことに気が付いたのは、スタート10分前。

ヤバッ! 引き返したんでは間に合わないぞ!


この道をそのまま進むと、最初のCP「笠間稲荷」。
確かラリーのルートは、茂木からグルッと山越えして笠間に入るはず。
おっ! こりゃ先回りして笠間あたりで撮れるは!


でも、細かいルートは知らないしー。
まあ、行ってみるか。
通過道路には旗もってる人がいるだろうし、交差点には矢印プラカード掲げたスタッフ(たぶん市役所観光課あたりの職員)いるだろうし。


で道端にクルマを停めて、三脚立ててビデオをまわしっぱなし。

手を振りっぱなしだったので、写真はロクなのありませんでした m(_)m



FIAT STANGUELLINI 1100 SPORT BARCHETTA  1947


DSC01248.jpg
FIAT 508C ALA D'ORO  1939


DSC01247.jpg
JAGUAR SS100  1936
TRIUMPH TR 2  1955


DSC00007.jpg
MG MOTTO SPECIALE  1951
西田ひかるさん夫妻です



いやー、カッコいい、みんな!

さあ、あしたはミッレミリアだっ!

毎年10月に行われる『ラ・フェスタ ミッレミリア』
http://www.lafestamm.com/2008/

今年も10月11日に東京・明治神宮をスタートし、裏磐梯泊。
12日は宮城、山形ぐるっと回って裏磐梯。
13日は茨城の北部をかすめてツインリンク茂木。
最終日14日は茨城、千葉、東京湾を渡って横浜がゴール。

うまい具合に明日は休みなので、(これにあわせて休みを組んだ?かも)見に行ってきます。

ツインリンク茂木のスタートが6:45から7:35。
116台(リタイヤがなければですが。。)が50分の間にスタート。
つまり2分30秒スパンということになります。

スタート直後だから、連なってくるでしょうけど、ラリー後半だともっと間隔があくんでしょうな。


さあ、明日は早起き!!


▼2007 ラ・フェスタ ミッレミリア

秋色

シュウメイギク

漢字で書くと『秋明菊』

なんともわかりやすい、いい名前ですね。


ずいぶん前に、一株いただいたのが今ではこんなに。。。。。
すごい勢いです。

秋を感じる花ですねえ。


シュウメイギク(秋明菊)
キンポウゲ科の植物の一種。別名、キブネギク(貴船菊)。
学名Anemone hupehensis var. japonica 。
名前にキクが付くが、キクの仲間ではなくアネモネの仲間である。
・・・・・・・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

赤色と白色、一重と八重があります。
白の一重もいいですね。

R289の甲子トンネル

用足しが早目に済んだので、少し足を延ばし出かけてみました。


R289の甲子トンネル。

福島県白河市のR4と、日光~会津若松の会津西街道R121を結ぶ山越え道路。

以前は甲子峠の部分の道のない、いわゆる「切れてる国道」でした。



快適な道路です

2008_1006AJ.jpg
甲子トンネルの下郷口(R121側)

2008_1006AI.jpg
一部が色付き始めました
見頃は今月下旬かな

2008_1006AB.jpg
道の駅「たじま」で物色中のなおさん
紅玉をお求めでした



この道路の開通で、R4とR121を結ぶ道は3本になりました。

南から
塩原温泉-尾頭峠-上三寄のR400
白河-甲子峠-下郷のR289
須賀川-羽鳥湖-湯野上温泉のR118

いろんなコースが組めそうです。




FC2Ad

まとめ