いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさん、ありがとう!

DSC00004.jpg


本日、アクセス10000を迎えることができました。

これも皆様のおかげと感謝しております。

昨年5月に立ち上げたのも、もともとは会社の仕事でブログを扱うことになりましたが、なんもわかりませんので、練習のために並行してFC2で始まったわけでございます。

折しも2月にボルボ240を手にいれ、メンテ等の情報がほしいなと思ってましたので、まあちょうどよかったわけであります。

ズブ素人、初心者、未熟者のブログを見に来てくださった方や、コメントを寄せていただいた先輩方には何とお礼を申し上げてよいかわかりません。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

DIY・・・グローブボックスのお片付

グローブボックスの中がグチャグチャ。

某パーツ通販サイトを見てたらありました、仕切り板が。

意外といいお値段。

320DSC00022 (2)


仕切ってありゃいいじゃん!ということで自作。

厚さ5ミリノのスチロール製のボード 『ハレパネ』。

ポスターとかPOPとか貼る片面粘着性の、カッターで切れるやつ。

半端があったので、採寸し、あわせながら少しずつカット。

320DSC00023 (2)


で、こんな具合になりました。

少しグラグラしますが、ものが収まってれば目的は達成。

320DSC00024 (2)


わずかな手間で、基本的に0円。


ヤマハビーノが手に入った

高校生の娘が原チャリをほしいと言い出した。

なんでも、バイトの往復に使いたいという。

高速道路のSAレストランでバイトを始めて1年あまり。

送迎付とのことで始めたわけだが、シフトの都合で片道が送迎なしの場合がある。

朝6:30入りだったり、遅番だと21:00上がりなど。

こんな時は親が送迎、もちろんオヤジの私も引っ張り出される。

で、親に迷惑をかけてはいけない>自分で通いたい>チャリだと片道6キロはきつい>そうだ、原チャりだ!>新車でなくていいからほしい!お・ね・が・い!!

おお、なんと親孝行な娘よ。ちょっと理論展開に無理があるが・・・・。

あちこち探して、知り合いの家で発見。したのがこれ↓ヤマハビーノ 初期型の2スト。

320SN250176.jpg

半年前まではチョイ乗りで使っていたらしい。

今は使ってないから、いいよ、持ってって。というありがたいお言葉。

野ざらしなので、コケ・サビ・ドロの3点セットだが、エンジン掛かればラッキー。

セル動かず。ホーンとウインカーはOK。バッテリーがダメか。

キックで挑戦。10数回蹴り続けたら「パラパッパッパー」と始動。

とりあえず自宅に持って帰るために、近くのスタンドで給油とオイルとタイヤのエアを点検。

ヘルメットがないんで、土建用の落下物防止ヘルを借り、夜に移動。

15キロの田舎道を9時過ぎに自宅へ。


翌日、とりあえず洗車と磨き。まずは、マジックリンと歯ブラシで徹底洗い。

おお、きれいになった。

さて、これから錆びたミラーを取り換えたり、バッテリー入れ替えたり、忙しいね。

オヤジの私がはまりそう、点検整備に。

ちなみに、言い出しっぺの娘はまだ免許を持っていない、のである。







たまには、草入りウォッカで



たま~に飲みたくなるこの燃料飲料。

冷凍庫でギンギンに冷やして。。。。

グラスに注ぐトロリ感。

至福の時。

かすかに香る大地の匂い。

う~ん、たまらん。明日の朝が・・・・。

困ったクセだな

住み着いて、というより高校生の娘が学校の近くで子猫を拾い、バッグに詰め込んで電車で30分、うちに連れてきた猫。

名は『ごろう』、ん?『ゴロウ』かも?『GORO』もありうる。

はるか昔、そんな名前の雑誌があったっけ。

320DSC00037.jpg


この習慣、止めてくんないかな。

行儀が悪いぜ!

オイル交換・・・16万キロ

春のような、て言うか春なんですが、久しぶり暖かな日だったので、洗車とオイル交換。

この240に乗り始めてちょうど1年。
現在16万キロ、13.8万キロでスタートしたので、1年間で2.2万キロ乗ったことになります。

オイル交換は、購入先のガレージヒロさんでやってもらってました、タダで。
オイル代も交換手数料もタダで。

まあ、定期健診みたいもので、修理というほどではないちょっとした不具合をいじってもらったりしたついでに、オイル交換を、そんなぐあいにやってもらってました。

そろそろ自分でやろうかなと、ごそごそ始まった次第です。

320DSC00036.jpg


オイルは特売のモービルのSM、5W-30。
価格も性能のひとつ、という持論で特売品。一応、名の通ったオイルメーカーのものですが。

ジャッキとウマがないもんで、車載ジャッキで片足上げて潜りも込みます。
前のビッグホーンのときは、余裕で下に入り込めたのですが。。。

レンチはインチをゲット、オクで。
整備工場で使っていた30年前の米国製。サビが少し出てますけど、年季の入ったしっかりしたもの。
3本組みで送料とほぼ同価格。これは「買い」でしたね!

オイル受けはポリタンのカット。取っ手が付いてるのでけっこう便利。
もっともビッグホーンの時は6リッターなので、市販の受け皿ではあふれてしまうので急遽作ったもの。

廃油処理は2Lの酒パック、手持ちがなかったので牛乳パックで代用。
使ったウェスで栓をして、燃えるゴミ。

オイル再生の方法もあると思いますが、まあ、適切な処理ということで自己納得。

やれやれ、手際よく終了。。





クロカン・・・金精沢へ再挑戦

先月金精道路を峠直前でリタイヤ。
http://nasu240.blog103.fc2.com/blog-date-20080207.html

今回、再挑戦。
も少し行くと金精沢に降りるルートがあり、沢を滑ってこれるらしい。
β太さんのブログからの情報↓
http://okunikkou.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_bdbd.html
で、このブロがの記事、ちょうどこの日に私がクロカンで通った数時間あとにβ太さんが通ったようです。何と自分のクロカンのトレースと横切る雪崩あとが同じ。




湯元温泉から急坂を上り金精道路へ。
ずいぶんと多くのスノーシュー跡が。。。


DSC00015.jpg DSC00018.jpg

自然のいたずら、雪のアンモナイト。
よくもまあ、こんなにきれいに転がったもんだ。


DSC00025.jpg

金精トンネルに到着。


DSC00020.jpg

正面には金精山、見事!! 右手はトンネル入り口。


DSC00023.jpg

のぞきに行ってみると、コンパネふさぎ。予想はしてたが何か味気ないです。


DSC00024.jpg

今日は『のり弁』。あったかな日だったので、弁当も冷えてはなかった。


DSC00026.jpg

DSC00032.jpg

DSC00034.jpg

金精沢を滑る 転びながら降りる。
ほんとに、こんなにスキーが下手だったかな、と思うくらいよくこけた。
表面はカリカリ、中はフワフワの雪。
エッジ付きの板だけど、カリカリ雪では逆にエッジが引っかかり、ズボッと潜れば足を取られ。。。。
散々でした。

でも、こんな樹林帯の中をボードで滑った跡があるには驚き!
ボードってやったことないないですけど、すごいんですね。

スノーフェスタ2008 in 猪苗代

3月1日は福島県猪苗代町で行われた『スノーフェスタ2008 in 猪苗代』のネイチャースキー・リーダー養成講座に参加。
http://www5.ocn.ne.jp/~fukannko/osirase.htm

国民宿舎 翁島荘で講義とクロカン基礎と自然観察。



結構、降りの強い中、翁島荘を起点に「猪苗代湖畔の森」をクロカンで歩きながら、いろいろ発見。

SN250173.jpg
クマの爪あと、クマ棚、キツツキのつついた跡、幹に開けた巣穴、点々と足あと、ウサギのかじったあと、などなど。

歩くことだけに夢中だったけど、ゆっくりと、時には立ち止まって周りを観察するのもいいね。

SN250168.jpg

お昼は翁島荘のカレーパンのプレートにアンパンを追加。
五穀の入った餅とカレーが入ったカレーパンで、なかなか美味。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。