いなかの240

ちょい古くて、パーツが手に入りやすく、燃費が悪くなく、価格も適度にこなれ、タマ数が多く選ぶことができ、プチなヤレが似合い、丈夫で安全で荷物も積めて、足に使える、四角いクルマ。で、選んだのが240。北関東は那須高原のいなかでフツーの足に使ってます。山歩き、大好き!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザックの改造

45Lのザック、シュラフ持参の避難小屋1泊なんかに重宝しているサイズ。

キスリング世代は若いころからの憧れのミレーだし、背負いやすくもあり気に入ってます。
が、使っていてなんとかならぬか、と思い続けてるのが雨フタの取り付け方です。

本体の口は巾着で2段式。
1段目納めでは雨フタは余裕で被さり。
P6301829.jpg P6301830.jpg

荷物が多くて2段目まで伸ばしすと、前(背中側)が縫い付け固定されており、後ろ側が持ち上がってしまう状態。
P6301831.jpg P6301832.jpg

つまり、ここのところ。
P6301833.jpg
左はゼロポイントの30L。
20ミリのテープとアジャスターで調整可能。
荷物が上に伸びれば、雨フタの取付け部も延ばすことができ、雨フタは水平を保てます。



で、切っちまいました。
手持ちのアジャスターと20ミリテープをチクチクと、夜なべして。。いえ、してません。
P63018380.jpg
切った縁は知り合いのテント屋さんに頼んで、ほつれ止めのミシン処理。



先々週の八海山で試運転。
フタの付け根を調整できる分、収まりはよろしいようで。
P9162565.jpg

が、上に伸びた分を雨フタの4点のベルトで引っ張ってますが、
力の加わり方つまり引っ張る方向が対角線からずれているので、重心が高い分前後のぐらつきが見られました。
P9162564.jpg
で、カラビナで巾着ヒモと背負いベルト基部のループを結んで締め上げ。
これで前後のぐらつきは解消。


帰ってきてから改良。

モンベルと同様に雨フタ中央にもアジャスターと20ミリテープを取り付け。
これで3点支持OK。
P9262583.jpg

中央ベルトにカラビナを通して、巾着ヒモを通せるように。
P9262581.jpg


さっそく今週試してこよ(^_^)v


材料箱。
P9262585.jpg
処分するバッグ類のテープとバックルを取っておくと使えます。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



スポンサーサイト

山靴ラックの改良工作してみました

この季節、休みと雨が重なれば山遊びもテンションダウン。
こんな日は第二の趣味のDIYで。

山靴ラックを2012年5月に工作。
ゲレンデ板2組と山板1組で。

P6161741.jpg
上段3足、下段3足、下部にゴム長靴と使ってましたが、容量アップを狙いもう1段増設しましょ。

材料はクロカン板。
P6161743.jpg

片づけたときに初期に使っていた板2組を思い切って処分。
自分のカザマ コングスバーグとnaoさんのカザマ ハイカントリー。
コングスバーグは35年前、ハイカントリーは25年前くらいいだろうか。
って、よく取っておくよそんなもん。
P6161744.jpg

ゲレンデ板は4枚で幅が足りたが、クロカン板は5枚必要。
が、1枚は長さが足りず。。。
中央に持ってきて、「受け」として角物を取り付ければ良しか。


天端が面一になるよう刻みを入れて。
P6161746.jpg

4ミリで穴あけて、ネジの皿が収まるように10ミリでさらって。
P6161748.jpg

インパクトでググッと。
P6161750.jpg

既存の棚を外して、組み換え。
P6161751.jpg

よっしゃ!完成。


上段naoさん、2段目は自分、3段目普段履き、床にも一つ入るな。
P6161753.jpg

ビフォーアフターみたいだな、思い出の品をちょいと使って。


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


靴を修理してみました

2012年12月に購入。
正価販売の棚とは別のコーナーに置かれていたこれを30%オフで。
いわゆる型落ち品。

重い革靴から今どきのタイプに履き替えた最初のもの。
まあ3年使えば傷んでくるわけで、昨年から気になっていたのがここ↓
P6061571.jpg

P6061572.jpg
縫糸が擦り切れ、皮の部分がベロリと。
ゴムで巻いて圧着してるので、そのまま使えるといえば使えるが気になる部分でもあります。

縫うわけにもいかず、では接着で、と。

何でもくっつく セメダインスーパーX 登場。
P6061573.jpg
皮と布だったらこれでしょうな。

逆さまにして、たたいて、マイナスドライバーで引っ搔くと出る出る。
P6061575.jpg

マスキングして、接着剤を薄く塗りつけて、乾かして←これ重要
P6061578.jpg

その間に、靴の中にウェスをぎゅうぎゅうと詰め込んで紐しばり。
足形のつもりで。

接着剤が乾いて来たら丁寧に張り付けて、テープでぐるぐる巻き。ビニルテープがいいね。
P6071581.jpg

概ね24時間。

完成。
P6071582.jpg

P6071583.jpg


見た目くっついてるし、爪でがりがりしても問題なし。




このあと6月11日、守門岳でフル活用。
全く問題なし。
でもね、底が減ってきてるんで下りでコケ2回。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

冬道具の小細工と改善を

【アイゼン】

まあ、古いやつなのでプレートが傷だらけ。
今どきの弾力のある材質ではないので、湿雪では団子。とくに後ろ半分かかとの部分が。

で、気が付きました。

プレートの劣化も要因かもしれませんが、連結バーにも原因があるのではなかろうか。
裏面に出ている連結バーを出ないようにすればいいんじゃね、と。

プレートの上側、靴底とプレートの間に隠す細工を。
ナットを外して、差し込み変えるだけです。

アイゼン上側(靴底側)
写真上が前、下が後。


アイゼン下側(雪接地面)
写真上が前、下が後。
P3170967.jpg




【ワカン取付けベルト】

最近ときどき持ち出すワカン、使わないけど。

左右まとめてザックの雨蓋ベルトに挟んだり、タテだったりヨコだったり。
あるいは左右ばらしてザックサイドに取り付けたり。
荷物取り出しで開ければワカンは落ちるし。

で、考えたのがこれ。
1432218188938.jpg
20ミリのテープとプラスチックのオスメスバックル(何て名前なんだろ)。

左右のわっか部分でワカンのパイプをまとめ、ザックの背に結わえつけるもの。
写真とイラストをご参照。
1432218178085.jpg

ワカン固定ベルト

P4031163.jpg

小さなザックにも、大型にも対応できます。


オフシーズンの保管時にもこんなふうに丸めてギュッ。
P4031165.jpg

スノーシューにも使えます。
P4021158.jpg
(一部のスノーシューで無理なのあるかも)


ほとんどタダでできました。
タダほどうれしいものはありません。





にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村







αのイメージセンサーを掃除する


イメージセンサーのクリーニング

かなり目立つようになりました、中のごみ。

山で風景を撮るとがっかりの場合も。
山肌ならごまかせるが、空に入るとどうにもならぬです。

ビフォー

56 400
f5.6 1/400

8 200
f8 1/200

16 50
f16 1/50

22 50
f22 1/50





サービスセンターへ、が正統派なんでしょうが、田舎住まいだと日数やら送料らやで。。。

この際ダメもとでの自己責任で自分でやったみました。
(そんなのやってるよ、知ってるよってお方はスルーしてくださいな)


こちらを参考にさせていただきました。
http://photo-studio9.com/sensor-dust-check/
http://photo-studio9.com/imagesensor-cleaning/


これがペンタックス リコーのイメージセンサークリーナー

KIMG0391_20150429180237b18.jpg

マドラーの先でグミを刺したような物体。
これで3000円ちょっとかー。

スティックの赤の粘着部分でごみを取って(張り付けて)、次に付属の粘着シートにごみを写し取るというもの。
つまり、センサーのゴミ>スティックの赤(弱粘着)>シート(強粘着)
一度センサーに触ったスティックは、シートでペタンコしてからでないとセンサーに戻してはならず。
またシートでペタンコしたら、次のペタンコは場所をずらして。
場所が無くなったら、そのシートは捨てて次のシートへ。
なるほど、原始的だが理にかなってるように思います。

で、ペンタックスのサービスセンターでも使われてるという優れもの、だそうだ。


レンズを外してクリーニングモード、実行。
P4111178.jpg

点々と見えるごみ、いつの間にこんなに。
P4111179.jpg

イメージセンサーを万遍なくペタンコ。
P4111182.jpg
センサー、シートの往復を繰り返します。
シート1枚使用。

見た目きれいになりました。


でテスト。窓辺から空を。

アフター
56 1600
f5.6 1/1600

8 640
f8 1/640

16 160
f16 1/160

22 100
f22 1/100

なんと取れてる!

こりゃ、いいね。



にほんブログ村









次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。