いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

テント新旧

ダンロップテント DT-7202 Vs. S10

P6190473.jpg

この秋にテント山行をしてみたく、というよりテン泊必須のコースなんで。
以前使っていたのは持ってるけれど、学生の時にバイト代をためて手に入れた40年近く前の物。
最後に使ったのは23の時の朝日連峰3泊縦走。
その後は庭で張って子供たちとキャンプごっこをしたりで、押入保管。

よし!手に入れよう! と調べ始めたら今どきのテントはスゴイではないか。
小さくて軽くて、まあ居住性は大きさに比例しますけど。

当時は画期的だったダンロップテントがメーカー変われど進化して健在。
しかもプロモンテという兄弟分も。
カラーも本体オレンジ+フライがブルー、なつかしいねえ。

いきなり本番って訳にもいかないので 6月26日に尾瀬 でテスト運用。
その前に試し張りで新旧張ってみました。

旧 DT-7020 約200×約120 2人用
新 VS-10 205×90 1人用

VS-10                                DT-7020
左からペグ、フライ、本体、ポール
1人用2人用なので単純比較はできないが、一回り違います。
下の板は2×4材なので幅約90ミリ。
P6190438.jpg P6190439.jpg

ペグ、ポール込みで1.8㎏と2.1㎏。その差は缶ビール1本か。
P6190436.jpg P6190437.jpg

本体を広げた状態。
VS10はクロスのポール2本、7020はクロスのポール2本と棟に1本。 
P6190442.jpg P6190461.jpg

ポール末端の固定部分。
VS10は袋状いわゆるスリーブに差し込み。ポールの末端は球形になってるので差し込みはスムーズ。
7020はハトメに差し込み。ポール末端は段付きなのでハトメで止まる。
P6190443.jpg P6190462.jpg

ポールのてっぺんクロス部分。
VS20は2本のポールがプラスチックパーツで回転固定されており、それにテント本体のフックを引っ掛けます。
7020のクロス部分はフリーで、その交わった部分にテント本体のフック2個を引っ掛けます。
P6190447.jpg P6190464.jpg

テントサイドのフック。
VS10はプラスチック製、爪が交互に出ておりクイッとひねるとパチンとはまるタイプ。
7202は金属製のフック。
P6190448.jpg P6190465.jpg
フックの取付け部は、VS10がネット上になっておりテンションが全体に掛ります。
7020はポイントでテンションが掛り、三角状に二重で補強。


四隅の固定部分。
VS10ははナイロンの細いヒモ。ところがこれは帝人の作ってる「テクノ―ラ」という強力なアラミド繊維なんだそうだ。
7020は2個のハトメに自分で作った細引きのループ。
P6190479.jpg P6190478.jpg

フライシート
VS10
フライの内側の紐をポールに結び、その部分を外側から張り綱で引く方式。
フライ本体は四角と各辺の中央部ヶ所の計8ヶ所、張り綱4ヶ所をペグ固定。
P6190449.jpg P6190450.jpg
P6190452.jpg



7202
てっぺんの横梁ポールの両端にフライを固定。ここは革製!のポケット状。
四角のテンションコードをペグで固定。本体ポールの先っちょに引っ掛けて、テントとフライを一緒に固定しておりました。
P6190467.jpg P6190468.jpg
P6190469_20170720010719dbe.jpg

正面、本体のみとフライ掛け。
P6190477.jpg P6190476.jpg

P6190482.jpg P6190474.jpg


さて、内部はというと、サイズが異なるので単純な比較はできませんが、左がVS10、右が7202。

短辺側、90cmと120㎝。
P6190455.jpg P6190470_2017072001504100b.jpg

天井部、7202は梁があるので空間は広い。
P6190456_201707200150422f9.jpg P6190471_20170720015044a0f.jpg

開口部。
VS10は網戸(ネット)付き、L字開閉。
2702の冬用出入り口は巾着式。反対側にファースナーのL字開閉の口もあります。
P6190458_201707200150455bf.jpg P6190472_20170720015048b6e.jpg

今どきのテントの良いところがこれ。
前室付きで荷物が置けるところ。靴、コッヘル、コンロやごみなど。
雨の日、コンロ使用も可能だし、半分明ければ外見えるし。
P6190460_201707200150500fa.jpg


で、実際に使ってみました。

6/26に尾瀬の東岸。
P6260673.jpg

9/10は魚沼の山、荒沢山~兎岳の巻倉山下のテン場で。
P9101333.jpg

旧型との比較で「いいね!」と思ったのは、
1)軽い、小さい。
2)前室付き。いわゆる「土間」の感覚。
3)出入口のメッシュ。夏は重宝しそう。







にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村






スポンサーサイト

2017-07-23~24 平泉・気仙沼

栗駒山・焼石岳 【平泉・気仙沼】 2017-07-23~24

例年だと梅雨明けの「夏!」を狙い栗駒山・焼石岳を計画しましたが、
まあこんな天気なもんで観光になっちまいました。

計画 一関>須川温泉>栗駒山>東成瀬(泊)>焼石岳>水沢

実行 一関>毛越寺>中尊寺>東成瀬(泊)>須川温泉>気仙沼>一関


7月22日の夜から秋田県は大雨が続いてましたが、23~24日とnaoさんに合わせて休みを組んでおり、宿も予約済み。
栗駒山、焼石岳とも単発日帰りコースなんで濡れてもまあいっか、と軽い気持ちで岩手へ。

東北道はほぼ雨、秋田はすごいことになってるとの情報。
山:観光が出発時5:5が、一関では0.5:9.5。
道の駅で作戦会議の結果、観光に切り替え。


毛越寺
P7230942.jpg

P7230944.jpg

P7230945.jpg

P7230948.jpg

中尊寺
1500998557865.jpg

1500998625513.jpg

1500998625989.jpg

1500998556041.jpg

1500998556892.jpg

昼食は、前沢牛ステーキ丼、もち御前。
1500998699195.jpg 1500998700208.jpg



駐車場で濡れてる路面にオイル染みを発見。
前の毛越寺の駐車所でも見えたので明らかに自分のクルマ。
下を覗いてみても大量に漏れてる形跡はないが念のため見てもらおうと。時間はたっぷりあるし。
市内のダイハツディーラーを探し、連絡。
リフトで持ち上げて点検。
オイルパン、ドレンとも問題ないのでヘッドのシールあたりでしょ。
今すぐどうなるわけではないけれど、オイルの減りに注意してくださいね、と。
まあ19万キロ走ってるクルマですからね。


栗駒山登山口の須川温泉を越えて秋田県入り。
雨はやや強の降り。


宿泊先の なるせ温泉
P7230962.jpg

P7230958.jpg

山の中にしてはおしゃれな部屋。
P7230961.jpg

部屋から見る前の川は濁流。
P7230950.jpg

温泉は過熱循環ですが岩をくりぬいた風呂が何ともいい気分。
P7230951.jpg

P7230953.jpg

完全に観光旅行ですが、まあいいか。
P7230965.jpg

P7230966.jpg



翌24日、雨は上がり雲も切れてる朝。
焼石岳は中止、須川温泉まで行って行けそうなら栗駒岳と。


須川温泉
P7240980.jpg
見事な天候不良。
登ってもダメだな、と温泉に切り替え。

P7240973.jpg

P7240976.jpg

P7240979.jpg
プールのような露天風呂。
お湯がもったいないくらいジャバジャバと排水に流れてます。


ぶなの恵み
P7240981.jpg
空のボトルに水を汲み。


天候は相変わらず雨。
山がダメなら海か、で気仙沼へ。

気仙沼
港周辺にしか行きませんでしたが、まだまだ工事中のところも多く、新築建物とコンクリ基礎だけが残った部分が混在。
P7240987.jpg

一階の「いらっしゃいませ」まで水に浸かったよう。
P7240984.jpg

大島へのフェリー。
前後同型が合理的。
P7240988.jpg

P7240985.jpg P7240986.jpg


栗駒岳と焼石岳が平泉と気仙沼になっちまいました。
豪雨の最中に秋田へ。
こんな時にという思いもあったのですが。

山はまた紅葉のシーズンにでも行ってみます。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


2017-07-10 裏那須 大峠~三倉山

【裏那須 大峠~三倉山】 2017-07-10

大峠--流石山--大倉山--三倉山 (往復)

大峠のキスゲ、ここしばらく行ってないしなあ、と出かけてみました。
観音沼の奥、林道をたどることしばらく。
平日なんで3、4台かな、と行ってみればワゴン車含め自分で9台め。
この季節は人気大です。


大峠までは 2017.07.16 に三倉山の山開きあるので、笹の下刈り整備済み。


大峠、お地蔵さんが動いた! 違うよ、人でした。
P7100824.jpg

まずは大峠山。
P7100827.jpg

ヤマオダマキ
P7100830.jpg

斜面にはぼちぼちキスゲが。
P7100832.jpg

旭岳、奥に大白森山。
P7100834.jpg

P7100838.jpg

P7100840.jpg

ウサギギク
P7100841.jpg

カラマツソウ
P7100842.jpg

P7100847.jpg

P7100849.jpg

流石山の登りから振り返り、三本槍。
P7100852.jpg

茶臼岳、中央の白いところは三斗小屋温泉の源泉。
P7100856.jpg

この辺まで登ってしまえば、いい感じの稜線歩き。
流石山~大倉山。
P7100861.jpg

大倉山~三倉山。
P7100862.jpg



流石山 1812m
P7100868.jpg

P7100869.jpg

大倉山へ続く稜線歩き。
P7100871.jpg

ハクサンシャクナゲ、茶臼岳。
P7100874.jpg

キスゲ小沼。
P7100875.jpg

五泉の泉。
P7100876.jpg

P7100883.jpg

大倉山 1831m
P7100884.jpg

小さなアップダウンが続き、三倉山へ。

三つのピークからなる三倉山。
手前が三ノ倉、奥が本峰二ノ倉、後ろに隠れて三ノ倉。
P7100887.jpg

急坂を上り詰めて山頂へ。
P7100890.jpg

三倉山 1854m
P7100894.jpg
祠と山頂標識が新しく。

三倉山、奥の茶臼岳に乾杯!
P7100895.jpg

表那須を歩けば大倉三倉はいいなあと思うし、こちらから見れば茶臼はいいなあと思います。
P7100897.jpg

戻ります。
流石山までが往路と同じような稜線歩き。
P7100903.jpg

P7100918.jpg

P7100920.jpg

膝がカクカクいいながら大峠。
P7100941.jpg



梅雨の晴れ間の奥那須。
休みと天候とキスゲが合えば最高の1日。
キスゲは少々少な目かな、との印象。

途中で会ったトレランのお方は、峠の茶屋から峰の茶屋跡を越えて三斗小屋を経て三倉山往復。
すれ違ったお方は、観音沼Pから大峠-大倉山-三倉山-音金-観音沼の周遊を歩いたことがあるとか。


表とは違った「那須」が楽しめます。







にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



2017-06-26~27 尾瀬 山・沼・原・滝-2

【尾瀬 山・沼・原・滝-2】 2017-06-26~27

6/26 御池P―燧ケ岳―長英新道―尾瀬沼東岸/泊
6/27 尾瀬沼―沼尻―見晴―竜宮―東電小屋―見晴―三条の滝--御池

尾瀬沼テント場の朝。
とりあえずコーヒー、残ったお湯はフリーズドライのパックへ。
朝ごはんの仕込み完了。
P6270688.jpg

薄い雲が掛かってるが、梅雨の合間にしては悪くはなさそう。
P6270689.jpg

ナデッ窪は残雪ありで通行禁止。
「管理者がいないため」と表示されていたが、公式の登山道とされてないのだろうか。
P6270693.jpg

北岸を歩き沼尻へ。
P6270694.jpg
この時間、すれ違いなし、誰にも会わない尾瀬沼。

休憩小屋のない沼尻、朝ごはん。
P6270700.jpg
物品販売はなくとも、屋根付きの休憩所は欲しいなあ、と思います。
雨の時、雷の時、沼東岸~見晴は長いしね。
東岸に博物館的な施設を作ってるようだが、こっちが先のような気がします。
ビジターセンターのような立派な施設じゃなくていいんです。
屋根だけの東屋でも。


沼尻を後に見晴へ。
P6270702.jpg

見晴からより、沼から見晴へ向かうほうが幾分か楽。
このころになると見晴泊の方々とすれ違い。
皆さん緩やかな登りに飽きたようで、「沼尻まであとどれくらい?」と数人に聞かれました。

見晴新道入口。
P6270708.jpg
見晴新道、通れるようです。
当初考えていたプランは、燧ケ岳から見晴新道を下りて見晴のテント場に泊。
数日前の情報では通行止めだったので、長英新道で東岸テント場にした次第。

見晴十字路。
P6270709.jpg

空身で原を回りたいので荷物の置き場を探していたら、キャンプ場そばの無料休憩所に置き場を発見。
P6270710.jpg



さあ、原の半周へ出発。
見晴>竜宮小屋>ヨッピ吊橋>東電小屋>見晴 の2時間コース。
サブザックにはカッパとおやつと水と仕入れた缶飲料と。
P6270711.jpg

景鶴山、残雪期のみの山。気になってます。
麓に東電小屋。
P6270712.jpg

P6270716.jpg

P6270720.jpg

木道の真ん中に休憩デッキがあったので、ひと休み。
燧ケ岳に乾杯!
P6270723.jpg

福島県から群馬県へ。
P6270727.jpg

竜宮、泊まってみたい小屋のひとつ。
P6270733.jpg


P6270735.jpg

P6270737.jpg

P6270740.jpg

P6270741.jpg

ヨッピ橋。
P6270743.jpg

P6270745.jpg
この辺になると鳩待峠から丑首分岐(三叉路)を経てくる方たちとすれ違い。

東電小屋へ向かう途中、すれ違ったご婦人から「あっ、駒の小屋!」と。
どうも自分の頭に巻いていた手ぬぐいのことのか。
立ち話でおしゃべり。駒の小屋の常連さんのよう。
尾瀬に来て、会津駒の話で;盛り上がり。
P6270749.jpg
↑ はるか日誌 さん

ヨッピ吊橋~東電小屋は木道架け替え中。
P6270750.jpg

ボッカと東電小屋。
P6270751.jpg

再び沼尻川を渡り、新潟県から福島県へ。
P6270758.jpg

P6270762.jpg

概ね2時間で周遊、時間は昼。
原の小屋でお昼を注文。
P6270771.jpg

これから握るんで少々お時間を、と言われまたまたビールを飲んでたところに運ばれてきたのがこれ↓
P6270772.jpg
熱々のご飯と海苔のしっとり感。
中は昆布と梅干。なんかうれしい気分。
以前、雨の中の昼時、快く休ませてくれた休憩所。
見晴には6件の小屋がありますが、また来たらここに寄るだろね。


さて、後半戦行きますか。
P6270777.jpg

平滑の滝。
P6270784.jpg

三条の滝。
P6270789.jpg

P6270795.jpg

シボ沢のつり橋はワイヤー架け替え工事中。
P6270801.jpg

P6270804.jpg

P6270803.jpg

どうも三条の滝あたりから足がおかしい。
左足くるぶし当たりの痛み。
以前にも具合悪かったので整形外科で診てもらったら、腱が炎症起こして腫れてるね、と。

早く帰り合い一心で何田代か記録もせぬまま、足を引きずりながら。。

P6270807.jpg

P6270811.jpg

P6270815.jpg

最後の御池田代。
P6270819.jpg

やっと着いたぜ、昨日のスタート地点。
P6270821.jpg

駐車場で足と足首のストレッチ。

ここへ直行。
P6270822.jpg


うん十年ぶりのテント泊。
感覚取り戻すため、完璧なテント場での泊でしたが、まあ今後は何とかなりそう。
なんといってもテントが軽量小型化になったのは大きい。
飲料は現地調達でしたが、避難小屋や管理されてないテント場だったら持ち上げねばなるまい。
まして2泊ともなれば45Lでは収まらない。
60Lクラスのザックが欲しいところでもあります。






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村




2017-06-26~27 尾瀬 山・沼・原・滝-1

【尾瀬 山・沼・原・滝-1】 2017-06-26~27

6/26 御池P―燧ケ岳―長英新道―尾瀬沼東岸/泊
6/27 尾瀬沼―沼尻―見晴―竜宮―東電小屋―見晴―三条の滝--御池

ミズバショウが終盤、キスゲはまだ、梅雨のど真ん中。
しかも平日、こんな時の尾瀬は穴場かも。

実は9月に行きたい山域がありまして、そこは標準的には行程2泊でテント泊。
テントは持ってますが、学生の時にこつこつバイトで買ったものだから40年ほど前のもの。
一応ジュラルミンポールの吊り下げ式で、当時としては最先端のテントだったんだが。
使えないこともないが、まあ新調するかと同じブランドのを購入。

いきなり使うのも不安なんで、まず練習。
無人避難小屋泊は何度か経験してるので、その延長線上で装備にテント一式を加えりゃいいわけだ。
で、楽に行けて、天場は水とトイレが整ってて、飲料は現地で購入できて、緊急時は営業小屋に避難できて、山も楽しめるのは、尾瀬だな。

天場で1泊して同じコースを戻るのもなあ、と考えたのが燧ケ岳越えしてからの沼での天泊。
翌日は空身で尾瀬ヶ原の半分は周れるし、荷物を背負って歩行は訓練にもなるし、休憩ポイントでは燃料飲料も手に入るし。


御池Pから燧ケ岳登山口へ。
P6260562.jpg

ちなみにここはひと月前の2017-05-22に歩いてますが、ひと月で雪量の減り具合に驚きです。

P6260564.jpg

まずは広沢田代。
P6260568.jpg
ここまでは程よい残雪と泥道。



P6260571.jpg

P6260576.jpg

P6260570.jpg

P6260579.jpg
好きなアングル。

P6260583.jpg

熊沢田代。
P6260588.jpg

この方角に平ヶ岳、のはずなんだが。。
P6260590.jpg

P6260591.jpg

振り返り、熊沢田代。
P6260594.jpg

勾配も急になり、残雪歩き。
P6260596.jpg
ステップも切ってあるし、ここはつま先を蹴り込んで。

燧ケ岳 俎嵓 2346m
P6260601.jpg
空身で隣のピークへ行ってみましょ。

隣のピーク、山頂直下の雪壁。
P6260602.jpg

燧ケ岳 柴安嵓 3356m
P6260605.jpg

原と至仏山。
P6260608.jpg

越後の山々。
P6260611.jpg
越後駒、中ノ岳、荒沢岳か。

会津の山々。
P6260612.jpg
会津駒、後ろは会津朝日と丸山岳か。

P6260614.jpg

俎嵓に戻ります。
P6260617.jpg

P6260618.jpg

これから下るのはこちら側。
ミノブチ岳、三平峠下、日光白根山が一直線上。
P6260620.jpg

P6260623.jpg

P6260625.jpg



ナデッ窪は残雪多く通行禁止。
P6260633.jpg
「管理者不在のため」とも書いてあったが。。

ミノブチ岳からの燧ケ岳。
P6260640.jpg

こちらは会津駒。
P6260641.jpg


P6260632.jpg

P6260643.jpg

P6260653.jpg

P6260657.jpg

長英新道も後半になるとダレ始め。
泥と残雪の長い道。
P6260659.jpg

P6260660.jpg

沼北岸道に合流。
P6260661.jpg

P6260662.jpg

P6260668.jpg

尾瀬沼ヒュッテでキャンプ受付。
P6260670.jpg
テント場は小屋の裏側。
本日は5張り、場所はどこでもいいよ、とのこと。

まずは設営して、テントに乾杯!
P6260673.jpg
購入してから自宅の庭で設営/撤収をやってるので、スムーズに。

せっかくのウッドデッキなんで外ごはん。
P6260674.jpg
ソーセージはボイルで、チーズ、さんま缶、菊水2本。350缶は現地調達。
締めはモチ入りラ王。

まだまだ明るいので定番スポットへ。
P6260681.jpg

長蔵小屋ではシラネアオイが満開。
P6260680.jpg

P6260687.jpg







にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村


次のページ

FC2Ad

まとめ