いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

奥日光オフ会/きのこパーティー

【奥日光オフ会】

某日、奥日光は中禅寺湖畔某所

オフ会、12名集合

すてきなロケーション

おいしいお料理、きのこ三昧

DSC09451.jpg

DSC09474.jpg

DSC09454.jpg DSC09455.jpg

DSC09461.jpg

DSC09465.jpg

PC193829.jpg DSC09466.jpg

PC193837.jpg DSC09468.jpg

PC193836.jpg DSC09471.jpg

DSC09476.jpg

DSC09477.jpg

DSC09480.jpg DSC09483.jpg

PC193833.jpg
PC193835.jpg

DSC09485.jpg


ごちそうさま、そしてありがとう



スポンサーサイト

南会津の北欧料理

南会津周遊。

山抜きで、いわゆる観光。
食べて、浸かって、見て回って。
この日はnaoさんの誕生日。


【北欧料理 ダーラナ】
南会津町、R289。駒止トンネルと道の駅きらら289の中間あたり。
奥会津方面に出かける際には通る道で、たびたびチラ見で気になっていたお店です。

IMG_0069.jpg

会津の曲がり屋の古民家を改装、何だろこれとおもいきや北欧料理メインの宿が本業だそう。
昼の営業もしてるとのことで、ランチのコースを予約。

IMG_0048_20151109002341633.jpg IMG_0049_20151109002343f89.jpg

IMG_0050_20151109002345e70.jpg IMG_0051_20151109002346cff.jpg

IMG_0057_2015110900234875f.jpg IMG_0058.jpg

メインの料理を撮り忘れ。
牛肉とナスのミルフィーユ仕立てのグリル、でした。

IMG_0059_20151109002413964.jpg IMG_0062.jpg

IMG_0064.jpg

IMG_0065.jpg



【古町温泉 赤岩荘】
ここの赤湯が気にいりました。
IMG_0070.jpg



【前沢曲屋集落】
まずは全体を見ようと道路を挟んだ展望台に登ります。
今日は山歩きではないんで、気持ち的に想定外。
はぁはぁ!!
IMG_0073_20151109002542acb.jpg

振り返ると、これ。
IMG_0076.jpg

IMG_0079.jpg IMG_0081.jpg

普通に道路があって、畑があって、軽トラが停まってて、普通に人が生活してます。
大内宿とは違う匂いがします。

IMG_0082.jpg

IMG_0086.jpg

IMG_0088.jpg

IMG_0090.jpg




我が家も近づき、買い物終えて信号で止まった途端、エンジンダウン。
落ち着いてセルを回すもエンジン始動までつながらず、4発目からはセルも回らず。。

naoさん、あきれ顔。
すまん。

保険のロードサービスにレッカー搬送を依頼。
到着したレッカー屋さん、顔見知り。今日で3回目。

代車をお願いしたレンタカーから用意できたとの電話。
タクシー呼んでレンタカー営業所まで。
で運転手さん、ご近所さんで顔見知り。

11230901_909773402450796_1574603506435164310_n.jpg


工場に搬送後に連絡があり、インジェクションコイルとのこと。
5月にドレンボルトが外れオイルをまきちらし、空オイル状態で走ったので、
「とうとう逝ったか」と工場のメカさんもも持ったとか。
まあ、重症ではなくて一安心、です。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 車ブログ ボルボへ

にほんブログ村





秘蔵画像、発見

先週、久しぶりに実家へ。

実家には、ばあさん(母)と娘二人が下宿中。
娘たちも世話になってるからには、食事支度、掃除、洗濯とかの軽作業は手伝ってるようだが、
大物になると自分に声が掛かります。

この日は、
1)網戸の張り替え
2)ファックスに線が入り、表示が薄くて見えない
3)菜園の隅に生ごみ用の穴掘り

網戸は大小8枚、ざっくりと材料を持っていったのでエアコンの効いた部屋で難なく完了。
ファックス電話は2004年製、まあ寿命か。次に来るときに買って行って取り付けるということで。
穴掘りは1m×1m×深さ50cmほどの穴をサクサクと、完了。



部屋の中を片付け中に古いアルバムを発見。
まあ、見たくなりますわな。

で、白馬の八方尾根。
昭和38年8月、4歳ってことか。ん?幼稚園で八方尾根か。
P7302473.jpg 
第一ケルンと書いてあるが、右写真を拡大して見ると「石神井ケルン」、今で言う第二ケルンか。


P7302482.jpg P7302476.jpg
黒菱小屋案内板に立つのは二つ下の弟。
右はロープウェイの下駅らしい。今のアダムか?

P7302470.jpg DSC08118_20150801230159ad5.jpg
定番、松本城。アングルは若干違うが変わっていない様子。


アルバム写真探しの目的はこれ。
2014-09白馬に登った際、昔を思い出して宿泊先に選んだのがこの宿。

50数年前、当時小学生だったおかみさんも、微かな記憶があるとのことでした。

P7302481.jpg KIMG0031_20150801230202f8c.jpg
左、1963年(昭和38年)、当時4歳。 右2014年(平成26年)、51年の歳月。
左の写真、前左は私、右は弟。後左は母。右は当時のおかみさんとtakakoさん。
右の写真、左からnaoさん、今のおかみ(takakoさん)、おばあちゃん(当時のおかみさん)。


おふくろと写真見てたら、行ってみたいねぇ、と。
連れて行ってあげたいものです、親父の写真でも持って。





にほんブログ村




山、じゃなくて海へ

季節の花を見に行こうと向かった先がこれ。

P4041169.jpg

あれれ、まいったな。
知らなかったよ。

公園はずれの登り口も横に張られたトラロープが三重。

こっそりまたいで。。。


沢沿いの道、バランス崩して右手をついたのが石の上。
と、思ったところが組み合わさった石の隙間。

いてぇ---!

手を引き抜いたら、これでした。
P4041167.jpg
指2本、皮ズル剥け。

こんな時にカットバン一式はクルマの中。

不法入山の罰当たり、止めとけ!ということか。

P4041168.jpg
今日は止めときましょ。
やる気が一気に萎む瞬間。


と、なったら計画変更は早い。

海へ!
ご飯食べに行きましょ。

高萩まで出て、R6を北上。

大津漁港直営 市場食堂
P4041172.jpg P4041173.jpg

P4041175.jpg P4041176.jpg
naoさん海鮮丼と、私はマグロ中落ち丼、鯛のかぶと煮をつけて。
たいへんおいしくいただきました。しかもリーズナブル。
大津漁港市場食堂


帰路は花園渓谷経由、栄蔵室の登り口をチェックしての山道。



栃木に入り、気になるカフェに寄り道。
奥久慈への往復でいつも通る道沿いに。
KIMG0363.jpg
普通の農家のうち。

KIMG0357.jpg
シフォンケーキとキャラメルプリン、やや苦めのコーヒーをチョイス。

KIMG0362.jpg

KIMG0358.jpg
席からは手入れされた、いやオーナーのご主人がゴム長で手入れ中の庭が一望。
いなかって、いいね。

カフェ 糸


イワウチワ、今年は逃したか。。。


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

にほんブログ村



房総、鴨川へ

6人そろって房総へ、2月28日から1泊で。

子供たち、3番目の長男もこの春に就職。
家族で動けるのも、これからは難しそうだし、
では、母を連れて出かけましょ、と。

P2280763.jpg
母・娘2号・naoさん・娘1号・息子

81歳になった母。
乗り換えの階段はしんどいというので、全行程クルマで。

向かうは房総半島、鴨川泊まり。

那須からnaoさんと息子と土浦まで。
手配してあったレンタカーに乗換え、6人で出発。

ちなみに娘2人は母の家(つまり私の実家)で下宿中。


鴨川シーワールド
1425223060782.jpg 1425223191142.jpg

P2280773.jpg P2280776.jpg

P2280790.jpg P2280800.jpg

P2280805.jpg 1425223061424.jpg

P2280809.jpg P2280814.jpg
ここは母のリクエスト。
自分もはじめて。
展示中心の水族館ではなく、ショー目当ての来場が多いよう。
2月とはいえ暖かな土曜日、子供連れで大賑わいでした。


泊まりは鴨川。
P2280823.jpg

1425223018593.jpg こんな形でそろって乾杯できるのは幸せなことです。

P2280824.jpg P2280825.jpg

P2280835.jpg P2280837.jpg

P2280832.jpg P2280838.jpg



P3010840.jpg

P3010846.jpg P3010848.jpg


翌日は勝浦の水中公園水中展望塔。
小雨交じりの風のある日だったので、展望塔へたどり着くまでが大変。
なんせ海、外洋ですからね。

展望塔についても海中までが螺旋階段。
年寄りの身にはきつかったか。

P3010849.jpg P3010851.jpg

P3010858.jpg P3010860.jpg

P3010862.jpg でもまあ最後にはこんな笑顔で。


帰りは弟宅にに寄り道。
成田の近くに居を構えて18年ほどか。
竣工時とその後3回ほど訪れただけの久しぶり。


往復運転は長丁場の故、子供たち3人も変わってくれ楽もできました。
成長したもんです。
娘ふたりはすでに社会の波に揉まれ中。
最後の息子も4月からは社会人。
巣立ってくれてありがとう。

母も、孫ふたりと同居で結構刺激を受けてるよう。
幸い大きな病気もなく健康体ですが、歳も歳なんでちょっとした事にも気を付けてと。
でもね、みんなで一緒に行けてうれしいですね。ありがとう。










次のページ

FC2Ad

まとめ