FC2ブログ

いなかの240

北関東のいなか住まい、山歩き大好き! ボルボ240からは降りましたがブログ名はそのまま使用中!

【那須岳】 2019-06-04

【那須岳】 2019-06-04

峠の茶屋P--朝日岳--隠居倉--三斗小屋--峰の茶屋--P

天候が芳しくないですが、外へ出てみて那須岳なら何とかなりそうだと、急ぎ山支度。
山の方を見てから決める、そんなことができる田舎です。


峠の茶屋Pから峰の茶屋跡へ
P6044726.jpg

P6044727.jpg

P6044729.jpg

イワカガミ濃色と白色
P6044735.jpg

P6044739.jpg

まずは朝日岳へ
P6044741.jpg

P6044743.jpg

P6044744.jpg

P6044748.jpg

熊見曽根から隠居倉へ
P6044749.jpg

P6044751.jpg

P6044753.jpg

P6044755.jpg

P6044759.jpg

P6044761.jpg

P6044766.jpg

P6044775.jpg

P6044772.jpg

源泉を経て三斗小屋へ
P6044778.jpg

P6044782.jpg

缶飲料が冷やしてありますが、横目で。
今日は我慢、下山までには抜けないんでね。

代わりに普通の水で喉を潤して
P6044786.jpg

P6044788.jpg

P6044789.jpg
避難小屋ではソロ男子が休憩中。
朝日岳~三本槍~大峠~三斗小屋と回ってきたとか。なかなかのロングコース。

峰の茶屋まで登り返し、下山
P6044790.jpg

P6044793.jpg

P6044794.jpg

P6044797.jpg





















スポンサーサイト



【会津駒ヶ岳】 2019-05-28

【会津駒ヶ岳】 2019-05-28

滝沢口--会津駒ヶ岳(往復)


P5284703.jpg

いつ頃から使ってるかはっきりした記憶はないが、そろそろくたびれてきた駒の手ぬぐい。
そろそろ取り換えるかと、手ぬぐいを買いに駒の小屋へ。


この時期には階段下の路肩駐車場まで乗り入れが可能。
P5284642.jpg

あたりはオオカメノキやタムシバが満開。
P5284644.jpg

P5284646.jpg

水場下あたりから残雪出現。
P5284652.jpg

樹相がオオシラビソに変わり始めたころ、頭に同じ手ぬぐいを巻いたお方が。
おお、なんと小屋の三橋さん。
「手ぬぐい会に来たんですけど。ボロボロなんで。」
  「いやあ、今日は整備作業があるんで小屋は休みですよ。トイレは使えるけど。」

あれれ、てぬぐいは買えない。。。

で、下ってく三橋さん。。。
P5284656.jpg

とり会えず登ります。
P5284657.jpg

P5284662.jpg

やはり休業。
P5284663.jpg

会津駒ヶ岳 2133m
P5284668.jpg

燧ケ岳
P5284670.jpg

至仏山、景鶴山
P5284671.jpg

越後三山
P5284679.jpg

会津朝日岳
P5284680.jpg

大杉林道、燧ケ岳
P5284681.jpg
残雪期のここも歩いてみたいものです。

小屋前で昼。
P5284682.jpg
空いてりゃビールがあったんだけどなあ。

残雪と新緑の中を下山。
P5284687.jpg

P5284696.jpg


手ぬぐい購入は出来ませんでしたが、まあまた来ればいいさ。





湯の花温泉に寄り道。
共同浴場4湯のうち、弘法の湯、石湯、湯端の湯は入ってるんで、今日は天神の湯。
P5284702.jpg

P5284700.jpg















【日留賀岳】 2019-05-25

【日留賀岳】 2019-05-25

塩原温泉の北側、男鹿山塊の一角をなす日留賀岳。

クマガイソウ見に行こか、とnaoさん誘い日留賀岳へ。
2011年05月に歩いてますが、久しぶりですし結構長いのは承知の上ですが、身体を絞るのもよろしいかと。
登山口の小山さん宅裏のクマガイソウも目的ですしね。


小山さん宅の駐車場にクルマを置かせてもらい、ごあいさつ。
P5254639.jpg

P5254564.jpg

植林地を過ぎるとしばらくは林道歩き
P5254567.jpg

塩原の温泉街も眼下に
P5254569.jpg

林道終点
P5254570.jpg

P5254571.jpg

P5254576.jpg

木々の間から日留賀岳
P5254579.jpg

木の鳥居を通過
P5254582.jpg

燃料(缶飲料ではない)補給中
P5254585.jpg

P5254586.jpg

P5254591.jpg

P5254596.jpg

P5254604.jpg

見えてきた目標、日留賀岳
P5254602.jpg

日留賀岳 1848m
P5254617.jpg

山頂からは全方向の展望。

高原山塊
P5254608.jpg

日光方面は女峰山、男体山、白根山
P5254609.jpg

会津駒
P5254610.jpg

飯豊連峰
P5254613.jpg

鹿又岳、男鹿山塊
P5254614.jpg


下山後は小山さん管理のクマガイソウを。

P5254631.jpg

P5254635.jpg

P5254636.jpg

小山さん宅からは高原山。
P5254640_20190610194320247.jpg














【西会津 鏡山】 2019-05-22

【西会津 鏡山】 2019-05-22

弥生口--鏡山(往復)

P5224519.jpg

飯豊連峰保展望台、飯豊の一部といっていいくらいの鏡山(実際そのまま進めば三国岳に到達)。
2017-05に行ってみたものの与平四郎口からの道で、沢が増水なんとも渡ることができず、引き返したことがありました。
今回、弥生口からのリトライ。


弥生口の駐車場
P5224485.jpg

とりあえずここに停めて歩き出すが、も少しクルマで行けんじゃねとなり、
引き返して荒れた林道を走り路肩に駐車です。

沢沿いの林道歩き
P5224487.jpg

道端にはシラネアオイ
P5224491.jpg

林道終点から沢沿いに尾根に取り付き
P5224493.jpg

P5224497.jpg

ほどなく与平四郎からの道に合流
P5224499.jpg

P5224502.jpg

尾根沿いは残雪と夏道が交互に
P5224503.jpg

P5224505.jpg

P5224512.jpg

鏡山 1339m
P5224513.jpg

山頂に登りきると目の前にどーんと飯豊連峰。
これは圧巻!
二王子岳や五頭山、鳥屋山など飯豊の展望台といわれる山から見ましたが、
ここは近いだけあってさすがにすごい。まんま目の前。

a href="https://blog-imgs-128.fc2.com/n/a/s/nasu240/P5224515.jpg" target="_blank">P5224515.jpg

P5224516.jpg

P5224517.jpg

P5224518.jpg

磐梯山
P5224524.jpg

吾妻連峰
P5224525.jpg

P5224531.jpg

景色は最高なんだが、なんせ虫が多くて名残惜しいが退散です。

P5224533.jpg

P5224534.jpg

P5224538.jpg

P5224540.jpg


帰途は山都経由で。

途中道沿いの飯豊展望台
P5224547.jpg
これくらいの残雪、バランスいいなあ。














【焼峰山】 2019-05-18

【焼峰山】 2019-05-18

滝谷口--焼峰山(途中まで)

大型連休に出かけた五頭山に続き、この地域の気になっていた焼峰山へ。
三川ICから新発田方面を目指し、滝谷森林公園の裏手が登山口Pへ入ります。

Pから少し戻った滝谷登山口
P5184435.jpg

P5184441.jpg

木々の間から焼峰山
P5184443.jpg

展望の良い尾根に出たところがうぐいす平
P5184445.jpg

こんなところもあって楽しく歩けます
P5184451.jpg

焼峰山と松の木尾根か?
P5184453.jpg

松の木尾根の向こうには蒜場山
P5184454.jpg

P5184457.jpg

P5184459.jpg


ここで異変が。。
naoさん、腹の具合が良くないらしい。
腹痛ではないが、どうも辛そう。
焼峰山までも少しのところで断念。下山します。


断念地点からの蒜場山
P5184461.jpg

爼倉山
P5184463.jpg


P5184465.jpg


P5184477.jpg

森林公園入口から加治川ダムまでは、車両通行止め
バリケードにはガードマンが張り付き
P5184478.jpg

正面が爼倉山、電柱左が蒜場山
P5184479.jpg

右の樹木間が焼峰山
P5184484.jpg


今回の焼峰山、隣の爼倉山、奥の蒜場山。
とても気になってます。
また行きます。
無題















次のページ